03.Chromebook | ページ 6 | おふぃすかぶ.jp

03.Chromebook一覧

[かぶ] トークセッション終了、伝えたかったこと、考えていたことをまとめます(第2回 関西 教育ITソリューションEXPO EDIX)。

第2回 関西 教育ITソリューションEXPO EDIXの3日目(最終日)、ASUS JAPAN株式会社からのお誘いで参加させて頂いた「ガチユーザー目線でみる Chromebook」、無事終えることが出来ました。当日は30分という短い時間にも関わらず、遠方からも足を運んでいただき、また多くの方に足を止めて聞いて頂き、感謝しています。当日のトークで伝えたかったこと、また考えていたことをこちらで改めてまとめてみたいと思います。

[かぶ] トークセッション前日、心配症の私は大阪に前日入りして会場に足を運んだ(第2回 関西 教育ITソリューションEXPO EDIX)。

只今大阪に来ております。「第2回 関西 教育ITソリューションEXPO (EDIX)」の最終日、9日にGoogleのブースにて30分ほどトークセッションに出させて頂くことになりまして、日帰りで来れば良いものを様々な理由から前日入りしております。要は心配だったんですね。こういうの慣れてないので。そんな中、2日目の会場を廻りながら、Chromebook関連の情報を幾つか集めてきましたので、ご報告したいと思います。

[かぶ] Google Pixel Slateが待望の米Amazon登場。Google StoreとともにPre Order開始。但し日本には直送不可。

先日のGoogleのイベントでPixel 3スマートフォンと同時に発表されたものの、その後なかなか発売が始まらなかったChrome OS端末の新モデル、Google Pixel Slateが海外Google Store、米Amazon等で待望のPre Order開始です。残念ながら日本直送は不可ですが、転送サービスは利用可能だと思われますので、気になる方は早めに押さえておきましょう。

[日用品] Chromebookが肌に合う人にとってはきっとGoogle Pixel 3 / Pixel 3 XLはとても心地良く、また「静かにドキドキする」端末だと思う。

Googleの出すスマートフォン、Pixelシリーズは、一部の方にとっては全く響かない、至って普通の面白みのないデバイスだと思います。ただ、実際使ってみると面白い。そして使いやすい。更に、とても気分が楽なのです。その理由を考えた時、思い至ったのが同じGoogleが出すデバイスであるChromebookであり、また激しい興奮や刺激は確かにないかもしれないけれど、じんわりと感じられる心地よさとそこかしこに未来の可能性を感じられる端末です。

[かぶ] Google Pixel 3、Pixel 3 XLが日本でも発売。Pixelbookと合わせて使いたいSmartLock for ChromebookとInstant Tethering(インスタントテザリング)の話。

Googleのスマートフォン、Pixel 3、Pixel 3 XLが日本でも発売されました。Chromebook好きとしても単なるAndroidスマートフォンとは違った魅力や思い入れを感じる方も多いのではないか、と思います。Pixelスマホの強みとして、「本家Googleが出している」だけあって、恐らくChromebookとも相性が良い、ということが挙げられます。特にPixelbookを使われている方は、SmartLock for Chromebookだけでなく、Instant Tetheringも試してみてほしいと思っています。

[かぶ] 関西EDIX 2018(11/9)でASUS JAPAN x HelenTech x おふぃすかぶによる3者トークセッション(Chromebook)決定です。

2018年11月7日〜9日までインテックス大阪にて開催される「教育ITソリューションEXPO EDIX」において、ASUS JAPANの鈴木さんとHelenTech.netのへれんさん、私の3人によるトークセッション(9日13:40〜)をさせて頂けることになりました。当日は「ガチユーザー目線でみるChromebook(なぜChromebookを利用しないんですか?)」といったテーマで30分という限られた時間ではありますが、その魅力についてお話出来たら、と思っています。

[かぶ] Acer Chromebook Spin 13 (CP713-1WN-53NF)が米Amazonに登場。$899.99で現在一時的に品切れながら、日本直送可で注文可能。

ここ数日、Chromebookの新モデル関連が大きく動いています。先日Acer USの商品リストに掲載されたかと思ったら、本日TigerDirect BUSINESSに最上位モデルが登場した、Acer Chromebook Spin(CP713)。ただ、日本直送可の店舗の情報が未だない状況でした。そこに来て本日、米Amazonにて8GB RAMモデルのCP713-1WN-53NF($899.99)が日本直送可で注文が可能(一時的に品切れ中)になりました。そろそろ一斉に販売が始まるのかもしれませんね。

[かぶ] Google Pixel Slateが米B&Hで“Coming Soon”。但し現時点で米国内発送のみ。

10月に入りChromebookの新モデルが各メーカーから発表、発売されています。その中でこの秋一番の注目モデルでもあるGoogleのPixel Slate。本家Google StoreではWaitlistへの登録は出来るものの、未だ予約すら出来ず、身動きが取れない状況です。また取扱店舗もなかなか表れず、元々販売がない日本のユーザーにとっては落ち着かない状況が続いています。そうした中、日本へも多くの商品を直送してくれる米老舗B&HのサイトにPixel Slateの商品ページが出来ました。ただ、残念ながら“Shipping Restriction: Ships to USA only”ということで日本への直送は不可のようです。

[かぶ] “Verizon will be the only provider supporting Samsung’s new Chromebook Plus V2 LTE”の記事の意味するところを妄想してみる。

間もなく発売されるSamsungのLTEモデル、Chromebook Plus V2 LTEですが、幾つかの理由からLTE通信に関しては米Verizon専用モデルになるのではないか、と考えています。過去にもGoogle Chromebook Pixel 2013 LTEが「ほぼVerizon」専用モデルだったことや、現行の日本におけるAcer C721が「ほぼdocomo mopera」専用モデルであることともその理由の一つです。それはOSによるものなのか、もしくはコスト的な問題なのか。ひとまず発売、レビューを待ちたいところです。

[かぶ] 待望のAcer Chromebook Spin 13(CP713)最上位モデルが遂に「あの」TigerDirect BUSINESSで「Temporarily out of stock.」

先日、米Acerサイトの商品リストにようやく登場したChromebook Spin 13(CP713)。未だ取り扱い店一覧は更新されておらず、どこも載っておりませんが、そうした中僕たち私たちのTigerDirect BUSINESSに「Temporarily out of stock.」ながら掲載が始まりました。TigerDirect(虎さん)は色々気難しくもありますが、決して嫌な人ではなく、むしろ意外と良い人です。間もなく他店舗でも取り扱いが始まるきっかけになるかもしれません。興味のある方はご検討下さい。

[かぶ] ASUS Chromebook 12 C223NAの新色、赤が米Amazonに登場。日本直送可で$229.99。

日本でも発売され、静かな人気となっているASUSのChromebook 12 C223NA。日本では本体色はスタンダードなシルバーのみですが、米国ではASUS STORE USAにおいて赤と青の展開があることは、以前ご紹介させて頂きました。転送サービスが必要なため、若干入手のハードルが高かったのですが、この度米Amazonでも日本直送可で赤(C223NA-DH02-RD)の取扱が始まりました。価格は$229.99。人とは違った色が欲しい方にもオススメの一台です。

[かぶ] Always Connected. Samsung Chromebook Plus V2にLTEモデルが登場。11月2日より発売。

多くの世界的なPCメーカーが参入している中で、Chromebookにおいてほぼ唯一、しっかりしたイメージ動画を作っているのがSamsungです。そのため、私の中では毎回、新モデルを非常に楽しみにしているメーカーの一つです。今回も現行では2モデルめ(もう一つはAcer C732)となるLTEモデル、Samsung Chromebook Plus V2 (LTE)を2018年11月2日に発売する、と発表しました。このモデルの特徴と魅力について改めて書いてみたいと思います。

[かぶ] Acer Chromebook Spin 13(CP713)がAcerのサイトに登場。13(CB713)は英仏Amazonで取扱開始。

2018年5月24日に発表されて以来、日本でも多くのユーザーに「Spin 13はまだか」「Spin 13待ち」と言わせ続けたChromebook、Spin 13(CP713)が米国Acerサイトにも掲載されました。間もなく販売が開始されるのではないか、と思われます。また、ほぼ同時に発表されたスタンダードなハイスペックモデル、13(CB713)は米国より先に英仏それぞれのAmazonで(最下位モデルながら)既に取扱が開始されているようです。

[かぶ] 14インチのスタンダードChromebook、ASUS Chromebook C423NAが米Amazonに登場。現時点ではHDモデルのみ(直送不可、一時的に在庫切れ)。

GoogleのPixel Slateをはじめ、海外では続々とハイスペック、多機能、刺激的なモデルが発表されています。ただ、実際にアンケートを取ってみると意外と「普及価格帯のシンプルモデル」の購入を検討されている方が多いことにも気付かされます。今回、14インチのシンプルスタンダードモデルとして話題のASUS Chromebook C423NAが今月5日の突然の公式ページ登場に続いて、米Amazonに商品ページが登場しました。現時点では在庫切れ状態ですが、近々入荷が期待できそうです。

[かぶ] 私一人の力は僅かでも、想いを口に出せばきっとたくさんの方が支えてくれる。会報誌「Chromebook それぞれの365日(仮題)」始動します。

以前より温めていた「ユーザーが自由に寄稿、投稿出来る会報誌のようなもの」。今回温かい言葉をたくさん頂きましたので、早速始動します。「Chromebook それぞれの365日」は昔からあるようなお馴染みのサークルや趣味の集まりの中で作られるような会報誌、メンバーの投稿型の冊子をイメージしています。是非多くの方にお気軽にご参加頂けたら、と願っています。

[かぶ] Do more of everything. ASUS C223NAに続いてシンプルな14インチ、Chromebook C423NAを公開。

文章作成時点では発売時期は分かりませんが、ASUSが先日発売されたC223NAに続いて、14インチのシンプルなクラムシェルタイプのChromebook、C423の投入を考えているようです。ASUSのUSサイトに商品ページが出来ましたので、ご報告です。他メーカーが続々と多機能、高性能のモデルを発表していく中で、堅実にこうしたスタンダードなモデルのニーズに応えていく動きを見せるASUS。今後の展開に期待です。

[かぶ] “Chromebookとのそれぞれの365日”的な定期的な会報誌みたいなの、出せたら楽しいなぁ、とふと思った。

私と同じような熱量だけの長ったらしい文章でも良い。Chromebookは脇役のエッセイでも良い。テクニカルな話でも良い。何かの体験記でも良い。活用法でも良い。何買おうか悩んでいる過程をひたすら綴ったものでも良い。そして、文章じゃなくても良い。写真でも、イラストでも良いと思うんです。好きな人が好きなことを語る、綴る。そんなサロン的な会報誌。定期的に出せたら良いな、という妄想です。お時間あったらちょっと聞いて下さい。

[かぶ] ASUS Chromebook 12 C223NAがASUS Shopで税込37,800円で予約受付中。

2018年10月5日に国内でも発売されることが決まったASUSの新作Chromebook、C223NA。当初は「文教法人向けから」受注開始とのことでしたが、法人向けのASUS JAPANの公式オンラインショッピングサイト、ASUS Shop for Businessに続いて、個人向けのASUS Shop Onlineでも予約受付を開始しました。設定価格は税込37,800円(税抜35,000円)です。

[かぶ] I am glad to see you again in Japan. ASUS Chromebook 12 C223NAが日本でも発売決定。ASUS Shop Onlineでも税込37,800円で予約受付中。

1kgを切る軽さと手頃な価格、そしてシンプルなクラムシェルタイプの「従来からのChromebookらしさ」をしっかり持ちながらも、スペックとしては2018年時点での普及価格帯モデルとして必要十分なものを備えている、ASUSの新作Chromebook、12 C223NA。日本での発売が望まれていましたが、本日2018年10月4日、ASUS JAPANが明日5日より国内でも法人および教育機関からの受注を開始する、と発表しました。価格はオープン価格です。