03.Chromebook | おふぃすかぶ.jp

03.Chromebook一覧

[かぶ] G SuiteアカウントでもChromebookでPINでのログインやスリープモードからの指紋認証での復帰が可能に。

最近はChromebookでも指紋認証に対応したモデルが少しずつ出てくるようになりました。ただ、残念なことに、今までG Suiteアカウントでは「PINでのログイン」や「スリープモードからの指紋認証での復帰」に対応していませんでした。ところが今回貴重な情報を頂きまして、いつの間にかこれらが管理コンソールから許可(設定)出来るようになっていました。ということで、その手順をご紹介します。

[かぶ] ChromebookとCrostini(Linux環境)と私(1)僕は改めてUdemyでPythonを学ぼうと思った。

Chromebookを使い始めて5年になりますが、今まで特別な使い方はしてはいませんでした。普通にブログ更新とTwitterとGmailとあとGoogle関連アプリを使う程度です。そんな私が以前から興味があったこと。それがCrostini(Linux仮想マシン)を入れてLinuxアプリケーションを試してみることです。今回、オンライン学習サイトのUdemyのキャンペーンに合わせてPythonに取り組んでみたいと思います。

[かぶ] Dellドッキングステーション – WD19 180Wレビュー。Dell Latitude 5400 Chromebookでも電源が連動、Dell製PCを使うなら非常にオススメのUSB-Cドック。

普段から自宅でも出先でも愛用しているChromebook。以前から何度か触れているように、自宅ではUSB-Cドッキングステーションに繋いで、外部液晶モニターやキーボード、マウスとともに使っています。今回、愛用しているDellのChromebookに合わせて同社のドッキングステーションであるWD19 180Wを購入しましたので、レビューします。Chromebookでも電源が連動、Dell製ラップトップPCを使うのであれば非常にオススメのアイテムです。

[かぶ] 自宅でのPC作業の時間の長い私の机周りの環境。主に机や椅子などを中心に改めて紹介します。

ここ最近の状況で自宅で仕事をされている方も増えていることと思います。元々PCが好きだったり、PC環境がある方であればそこまで不便はないと思うのですが、普段自宅では時折テーブルでノートPCを触る程度、という方だと戸惑われているかもしれませんね。今回は昨年12月に続いて、自宅でのPC作業の時間の長い私の机周りの環境をご紹介したいと思います。前回はアクセサリー類が中心でしたので、今回はその他、机や椅子などを中心にまとめました。

[かぶ] Lenovoのキーボード付き10.1インチ端末、10e Chromebook Tabletが発売。現在最短1-2週間程度で出荷予定。

Lenovoが今年初めのCESで発表した10.1インチのキーボード付きタブレット端末、Duet Chromebook。実際の発売に関してはまだまだ読めない状況が続きますが、そうした中、CPU等は違うものの、耐衝撃性なども考慮に入れた教育市場向けモデルである10e Chromebook Tabletが国内で突然の発売開始です。現在「最短 1-2 週間程度(ご決済日起算)で出荷予定」。非常に気になるモデルが出てきました。

[かぶ] 売り切れや入荷待ちが続く中、現在「在庫あり」で買えるChromebookの国内販売現行モデルのオススメ3選を挙げるよ(2020年3月版)。

ここ最近のGoogleの精力的なプロモーションの影響もあってか、国内市場においても「Chromebookが買えない」という状況が一部で起きているようです。とは言え、すべてのモデルが買えない訳ではなく、発信力とインパクトのある一部のモデルが元々の在庫薄の状況と重なって入荷待ちとなっているだけで、実はそれ以外にも魅力的なモデルが「在庫あり」で展開されています。そこで今回は2020年3月時点で実際に「買える」国内現行モデルのオススメを3モデルご紹介します。

[かぶ] Amazon新生活セールでChromebook 3モデルが対象に。個人的なオススメはEMR対応のASUS C213NA-BW0045。

2020年3月27日〜30日までAmazonで開催中の新生活セール。今回Chromebookは3モデルが対象となっています。2万円〜3万円台と比較的入手しやすい価格帯が魅力ですが、この3モデル、似ているようでいて、それぞれに結構しっかりとした違いがある組み合わせになっています。そこでそれぞれのモデルの特長に触れつつ、なぜその中からC213NA-BW0045をオススメするのか書いてみたいと思います。

[かぶ雑感] 世の中には、私たちの知らない「ハイエンドなChromebookが求められる世界」があり、そんな世界に可能性を感じているメーカーがある(2020.3.24)

昨年後半辺りから国内でもChromebookが話題になってきていますが、同時にEnterprise向けのハイスペックなモデルも発表されています。そして、このEnterprise向けのハイエンドモデルの展開は今年に入り、更に広がっていきそうな気配があります。ただ、私たち個人ユーザーの多くは「ハイエンドなChromebook」というのは意味や必要性が分からない、と感じているのではないか、と思います。この辺りについて少し触れてみたいと思います。

[かぶ雑感] Chromebookにおける言語切り替えは「Shift+」Ctrl+Spaceです(2020.3.23)。

Chromebookが話題になるにつれ、基本操作方法について取り上げる記事も増えてきました。それはとても良いことなのですが、眺めていて「?ちょっと違うけど大丈夫かな‥」と思うことも時々あります。特に多いのが日本語(言語)切り替え。一般的にどうもCtrl+Spaceだと思われがちなのですが、正しくは「Shift+」Ctrl+Spaceです。一見どちらでも良さそうに見えるかもしれませんが、使い勝手に結構影響する部分なので注意が必要です。

[かぶ雑感] 在宅ワークが注目されているこの時期。Chromebookにおけるインカメラ、ウェブカメラについて考えてみた(2020.3.22)。

ここ最近の世界の状況から、日本でも在宅ワークが注目されています。その際に意外と必要になってくるのがウェブカメラだった、という方もいるのではないでしょうか。ノートPCには基本的に液晶上に標準で付属しているため、あまりそのカメラ性能については意識されることがないような気がします。ただ、米国では今ウェブカメラの購入が増えているようです。そこで今回はChromebookにおけるカメラについて少し考えてみたいと思います。

[かぶ雑感] よく言われる「ミルスペック」「MIL-STD 810」と、教育市場向けモデルにおける耐久試験の話(2020.3.21)。

今、巷で少しだけ話題のGIGAスクール構想。教育現場へのPC導入において求められるスペックとしてよく挙げられるものの一つが「耐久性」です。一般的にPCにおいてはメーカー側も私たちユーザー側も「ミルスペック」「MIL-STD 810G準拠」といった言葉を使いますが、これ、どういうものかご存知ですか?そして、軍用規格に通っていれば、教育現場における耐久性については本当に安心なのでしょうか。今回はこのことについて考えてみたいと思います。

[かぶ] Chromebook用の郵便番号辞書(ユーザー辞書)を公開します(masa様作成)。

Chromebookはクラウドベースの利用に特化したPCでありながら、ユーザー登録辞書が同期されなかったり、日本語入力(変換)が弱かったり、と日本語ユーザーにとっては若干悩ましいのも事実です。ユーザーはそれぞれに自分の用途に合わせたユーザー辞書を作成して管理、使わなければなりません。今回、masa様から郵便局の郵便番号データを元にした郵便番号辞書ファイルを提供いただきましたので、ご紹介したいと思います。

[会報誌] 「Chromebookのある それぞれの365日」Day 4(2020年3月)本日発売しました。

「Chromebookユーザーが100人いれば100通りの使い方や付き合い方があると思っています。だから、そんな人それぞれの毎日を眺めてみたい。」そんな想いで一昨年の末に参加者を募って始めた会報誌。今回半年以上間が空いてしまいましたが、Day 4(第4号)を発売することが出来ました。今回は文章編14名、写真編13名、アンケート35名近くの方にご参加頂けました。ありがとうございます。Kindle書籍で320円、Unlimited対象です。

[かぶ雑感] 「子どもたちの個性に合わせた教育の実現」を目指すGIGAスクール構想と、格差を生まないように配慮する日本の義務教育の間で、日本のPC教育はどうなるのか(2020.3.10)。

文科省が打ち出したGIGAスクール構想。その目的には「子どもたちの個性に合わせた教育の実現」というものがあります。巷では学校におけるPC教育について、主にPCが得意(日常)な方々のイメージするようなより中身の濃い充実したプログラミング教育が求められているようですが、現場の状況は果たしてどうでしょうか。今回は「所得格差や教育格差を生まない、感じさせない」ことを重要と考える義務教育との間のジレンマについて書いてみたいと思います。

[かぶ] lenovo IdeaPad Duet Chromebookが米Amazonに登場。日本直送可で1〜3ヶ月で発送。(追記:既にCurrently unavailable.に。)

2020年のCESで発表された話題のChromebook、Lenovo IdeaPad Duet Chromebookが突然、米Amazonに登場です。現在日本直送可で発送まで1〜3ヶ月となっています。10.1" WUXGA (1920 x 1200)のスタンド付の本体(液晶)に別途キーボードが付属します。価格も$269.97と、個人的にはASUSの名モデルC101PAの後継的な立ち位置として期待しています。気になる方はお早めに。

[かぶ] HP Chromebook x360 12bが楽天スーパーセールで税込47,250円。更にエントリーでポイント10倍+SPU+αに。

ここ最近セールが少なくなっていたHPのChromebookですが、2020年3月4日20時から開催の楽天スーパーセールで同社のx360 12bが安くなっています(他にも対象モデルあり)。税込47,250円で、更にエントリー(+9倍)や買いまわり(最大+9倍)、SPUなどを合わせるとかなりのポイント還元になります。国内でも人気のモデルの一つです。購入を検討されていた方には良い機会かな、と思います。

[かぶ] Google Pixel Slateが再び値下げに。純正キーボードとPenがセットで499ドルから。日本直送は不可。

2019年後半から何度もキャンペーン等で大幅値下げの行われてきたGoogle Pixel Slate。今回改めて純正キーボードカバーとペンがセットになって大きく値下げされています。今まで購入を躊躇われていた方にとっても良い機会だと思うのですが、「折角だし安いから」という理由で買うと色々と中途半端感が残るモデルでもあります。そこで今回は購入の注意点とともに、このモデルについて改めて触れてみたいと思います。

[かぶ雑感] Chromebookを選ぶときは、一旦自分の中の「スペックの常識」を捨てて、「何をしたいのか」から入って欲しい(2020.3.3)。

Chromebookの購入を検討している人を眺めていると、時々他OSにおけるスペックと使い勝手の常識で考えている方を見かけます。それは仕方のないことなのですが、今回選ぼうとしているのは「全く別の仕組みを持った全く別のOSが入ったPC」です。どんなハイスペックのモデルを選んでも、用途によっては合わない可能性もあります。まずは「自分が何に使おうと思っているのか」を考えるところから入って欲しいな、と思っています。

[かぶ] 海外では知名度、評価も良好ながら国内では不遇のAcerのハイスペックChromebook、Spin 13(CP713-1WN)がAmazonタイムセールに登場。

2020年2月29日9:00〜3月2日23:59まで開催されるAmazonタイムセールでは、Chromebook3モデル4機種がセール対象になっています。注目は国内ではAmazon限定で販売されているAcerのハイスペックChromebook、Spin 13(CP713-1WN)です。元々海外価格と比べても大きな差がなかったところに、今回約2万円オフ、そこから更に5%オフのクーポンが適用されます。