[かぶ] 2019年を振り返り、今年おふぃすかぶが印象に残った国内のChromebookを挙げてみます。

[かぶ] 2019年を振り返り、今年おふぃすかぶが印象に残った国内のChromebookを挙げてみます。

シェアする

スポンサーリンク

気がつけば2019年もあと数日で終わりです。この時期になると各方面で今年の振り返りとまとめが行われます。私は毎年面倒なので全くやらないのですが(昨年もたしかやってない)、今年は少し書いてみようかな、と思います。

当初は2019年のChromebookベストバイ的なことを考えていたのですが、正直好きなもん買えば良いと思いますし、そもそも一般の感覚だと1年に5台も10台もChromebook買わないと思いますので、買っちゃうような人間の考えるベストバイなんて参考にならんだろ、と書く前に自分自身に突っ込んでしまったのが原因です(それでも他人のベストバイを見るのはとても好きです)。

でも素直じゃないのも私でして、それなら、という言い訳として、私自身が今年印象に残った(印象的だった)Chromebookについてまとめてみたいと思います。

ASUS Chromebook C223NA – このモデルが今年前半まで担った基準機(ベンチマーク)としての役割は大きい。

実際の発売は2018年なのです。ただ、ちょうど昨年末にこんな文章書いてるんですよ。

あら懐かしい。その後ASUS Store Akasakaではしばらくお店入ってすぐ左に曲がって一直線にChromebookコーナーに向かい「しーにーにーさんください」と言うお客さんが増えたとか増えなかったとか。

現時点でもこのモデルが基準機(ベンチマーク)か、と言われると、個人的には耐衝撃・耐水性が加わりますがN4000を載せたASUS C204MAになるかな、と思っています。

ただ、C223NAが国内で果たした役割というのは今年に入っても大きかったと思っています。たしかに完璧ではない。むしろ惜しい部分も多々あります。ただ、このモデルを基準として自分に必要なもの、不要なものを選り分けていくと、自分がChromebookでしたいこと、やろうと思っていることが分かりやすくなります。そしてそれに合うモデルも。

基準機となるモデルは色々言われやすい部分もありますが、それでも多くの人にとっては買う買わないは別としても非常に意味がある存在だと思います。私的には2018年後半から2019年前半の基準機はこのASUS C223NAだった、と。

ちょうど国内ChromebookのベンチマークがこのC223NAから次の世代へと移り始めた頃、国内では大きな動きが起こり始めます。それがAmazonとビックカメラというネット、店舗両面での大型店での本格展開の開始とHP、Lenovoの2大メーカーの個人向け市場への本格参入です。

Lenovo Chromebook S330 – 国内個人向け市場の相場と印象を大きく変えた破壊者。

今年後半になり、国内Chromebook市場の流れは大きく変化していきます。それは主に個人向け市場において、でした。文教法人市場は目に見えない変化はあったとは思いますが、私達には見えにくいので(実際には大分普及が進み始めているようですね)。

Lenovo自体は国内Chromebook市場への参入は2018年。300e/500eを主に教育市場向けに発表しました。そうしたこともあって、一応本家オンラインショップでも一時購入は出来たものの、品切れも多く基本的にはなかなか入手がしづらい状況でした。

それが今年後半になって、オンラインショップの巨人Amazonが国内でもChromebookにも力を入れ始めたことで少し流れが変わります。LenovoのモデルがAmazonでも出始めた。Amazon限定モデル、という形が生まれたんです。その象徴的だったモデルがこのS330です。

最終的に12月の時点でHD液晶モデルとはいえ16,000円台にまでなりましたからね。従来の「日本は選択肢が無くて、ぼったくり」の印象をしっかりぶち壊してくれました。この年後半以降の怒涛の価格攻勢と、前述の300e/500eの昨年のモデルの本家オンラインショップでの売りつくしは今までの国内では見られなかった光景でした。

それまでの国内の個人向けのChromebook市場というのは、「ぼったくり」だったわけではなくて、元々個人向けとして正式に展開していたメーカー自体がASUS JAPANのみで、しかも同社は自社公式オンラインショップと実店舗での専売という形をとっていたので、一般に目に触れる機会が少なかっただけなんですね。

Amazonで見て「ぼったくり」だ「高い」だ言ってたモノの大半は日本で正式に販売されているモデルではなく、セラーが海外から仕入れてきて自分の利益分を上乗せさせて更にそこから1.5〜2倍くらいにして販売していた並行輸入品(ただし保証等はセラーによる)という名の商品でした。同時に、元々個人向けを想定して展開していなかったため、過去の型落ちモデルがそのまま価格を下げずに売られていた、と。

要はAmazonだけ見てても、家電量販店見に行っても、そもそもメーカーもお店も誰も個人向けなんて考えてなかっただけ、という話です。

それがこのS330をはじめとするAmazon限定モデルの展開によって状況が一変します。前述の並行輸入品セラーの相場が一気に崩れます。比較的「まぁ利益も考えたら仕方ないかな」的なまっとうな価格に近づいてきました(それでもこれら並行輸入モデルをオススメするかというと別ですが)。

と同時に今まで国内ユーザーが米国Amazonを眺めながら思っていたような状況が日本国内でも起こり始めます。型落ちモデルも含めてラインナップが充実し始め、と同時に発売時期やモデルに合わせて、このS330のような実売2万円以下の実用的なモデルも普通に出てくるようになりました。米Amazon化現象です。実際に今年後半に入って、これらのセールで「ちょっと試してみようかな」と初めてChromebookを購入された方も多いのではないか、と思います。

とここまで状況が揃ってきて、HPも個人市場向けにフォーカスして魅力的なモデルを続々と日本でも展開させ始めます。それに呼応するかのように、家電量販店ビックカメラでもChromebookコーナーの展開が始まりました。

HP Chromebook x360 12b – 家電量販店でも手に取れる、完全に個人向けに焦点を合わせた戦略的モデル。

以前から空気だけは漂わせながらもなかなか国内では展開してこなかったHP。それが今年に入り突然、(昨年発売のモデルとはいえ)教育市場向けのモデルと言うよりもむしろ個人や職場での使用を想定したモデルを発売し始めました。ハイスペックのx360 14x2です。特にx360 14は今年の中盤以降結構戦略的な価格設定で何度か本家サイトで販売したこともあり、実際に購入された方も多いと思います。

そこに後半に10月になって投入されたのが、12インチ、3:2液晶を搭載した戦略的なモデル、x360 12bです。

これ、単純なモデル自体の魅力だけでなく、同社の最新のモデルを世界に先駆けて販売したことにあると思います。今年の前半まで、国内Chromebook市場はあくまで文教法人のみの展開といっても良い状況でした。まぁ世界的に見てもその傾向が非常に強いのですが、まとまった数字が出せていない日本では、とりあえず文教法人である程度の成果を出さないことには、とても更に2桁も3桁も違う個人向け市場なんて考えている余裕なんてありませんでした。まずは文教法人。

なので日本展開で選ぶモデルもあくまで11.6インチと小さく、耐衝撃と耐水性に優れ、タッチスクリーン対応で、場合によってコンバーチブル(時々クラムシェル)というパターンを各社横並びで出してきました。そのお零れを個人ユーザーは頂いていたような感じです。まぁ、お零れ自体日本は元々数出せないので、国内ユーザーは海外の市場のお零れに与っていたようなものです。

それがHPが出てきた。HPももちろん文教法人向けモデルを長く出し続けてきたメーカーですが、こと日本に関しては、というか米国以外の国では世界展開モデルに選んだのはx360 14やx2、そしてここで取り上げたような、その派生とも言えるx360 12b、そして先日出たばかりのx360 14bのような個人にも刺さるようなモデルでした(インドなどでも同様の戦略が見えるようです)。

ということで、HPは完全に今国内では個人ユーザーにターゲットを絞っている。これはリスキーではあるけれど、ある意味ではやり方によっては強い。レッドオーシャンどころか、競合がほとんどいないからです。

HP Directplusの本家サイトから楽天市場、Amazonその他の店舗、更に一部モデルはビックカメラ等でも展開。個人が入手しやすい形で、また他OSのPC同様、積極的にセールを行っています。

Lenovoはまだ国内においては今のところあくまで文教法人向けという方針は崩していません。個人にも手が出せるようにAmazon限定モデル等は出していますが、それでも基本戦略は文教法人、特に文教、教育現場です。そこが両メーカーの違いなのですが、HPがこうして出てくることで来年以降、この状況が大きく変わってくるかもしれません。それが非常に楽しみです。そんな期待を感じさせてくれた最も印象的なモデルがこの12bでした。

Dell Latitude 5300 2-in-1/5400 Chromebook Enterprise – 教育市場に続き法人、Enterpriseで先陣をきったDellの2020年に期待。

2019年も個人ユーザーとは比較的無縁な立ち位置にいたのがDell。ただ、今年になって出てきたわけではなく、実は国内におけるChromebookの展開の当初から、地道に絶やすことなくコンスタントにモデルを供給してきたメーカーでもあります。意外と知られてないけど。国内はAcer、ASUSだけでなくDellも陰で頑張ってたんだよ。

そんなDell、今年前半までは教育市場向けのモデルを地道に出し続けてきましたが、そんな流れに新たに加わったのが今年後半のEnterpriseへの本腰を入れた進出です。元々力を入れていなかったわけではなく、Dellといえば企業では評価の高かったメーカーでもあるので、その中で今回Chrome Enterpriseモデルとして新たに気合入れてきた、という感じですね。

正直個人ユーザーとは縁がなさそうな気がしますし、実際入手すること自体難しいですし、入手したとしても私達は企業で使われているような管理コンソール等は一切使わないので、正直本領を発揮しようがない宝の持ち腐れ状態になってしまうのですが、それでも私は今回Latitude 5400を入手して日々使っていく中で、言いようのない喜びを感じています。

これ、モンスターだよ。これをフルに活かし切るような何かをしたい。と同時に感じたのが「どのOSが優れてるか」「〇〇では〇〇が出来ない」みたいなくだらない比較してるくらいだったら、とにかく好きなPC使えば良いんだよ、ということです。自分の好きなPC使って仕事すりゃ良い。そんなOSフリーな環境の可能性を最も感じさせてくれたのが、Chromebookでも現行では過剰とも言えるハイスペック、機能を選択できるこのLatitudeだったことが小さな驚きでした。

今年様々なイベントに参加してメーカーの方々とも色々な話をしていく中で感じた可能性。それらも含めて来年のDellはもっと面白くなる。今年Latitudeを買ったばかりなのに‥と悔しくなるような何かをきっと考えている。そんなまだ言葉にはならない静かなワクワクを感じさせてくれたモデルでした。

Acer Chromebook 715 – 指紋認証モデルは見送られたものの、初のテンキー搭載。「初」の多くはAcerから始まる。

今年は特に後半に入ってLenovoやHPの躍進が目立ったため、若干存在感が薄かったAcer。海外でも非常に高いシェアを誇るChromebook界の雄でもあるだけに、日本においては比較的静かに教育市場に向けて地味に展開し続けていることに物足りなさを感じている方もいるかもしれません。

今年はAmazon限定モデルとして、昨年大変話題になったSpin 13が発売されたことが話題になりましたが、価格的にも10万円前後ということもあって、激しく動いた、という様子はないようです。ただ、個人的に今年のAcerで実は注目していたのは、このSpin 13ではなく、ほぼ同時にAmazon限定として発売された15.6インチモデル、Chromebook 715でした。

Chromebookとしては初のテンキー搭載モデルであるとともに、海外での発表時点ではGoogle Pixel Slateに続く指紋認証モデルとしても話題になりました。

結果として今回国内販売モデルでは見送られたようですが、海外では実際に指紋認証付の715が一部で発売されている様子。このように、結構今までのChromebookの流れを見ていくと、「初物」を出してくるのはこのメーカーが結構多いんですね。

国内初のLTE対応モデルであるC732L初のタブレット型Chrome OS端末であるTab 10初のテンキー搭載モデルである今回の715。更にこの後国内では初のAMD CPU(APU)搭載Chromebookの発売も控えています。

そしてこうして振り返ってみると前述のように「比較的静かに教育市場に向けて地味に展開し続けている」ように見えて、意外とこうした初物は結構普通に国内でも販売しているんです。ただ、あまりにリリース含め地味すぎて(だってどこで売ってるのか分かりづらいし)話題になりにくいのですが、Acerを見ていくと今のChromebookの流れの1つを掴むことが出来ます。

ということで、今年気になったChromebookの1つとして、比較的私とは何故か縁があまりないAcerですが、この715を挙げておきたいと思います。

NECも教育市場に参入した2020年。国内展開6メーカーとなるこれからの一年、国内個人ユーザーにとってはどんな年になるのか。

11月5日にNECが国内Chromebook市場への参入を発表したことで、国内で展開するメーカーが6社となりました。

政府の方針もあってこれからの一年は教育現場に何が導入されるのかといった点でもChromebookにとっても大きな年になると思われます。と同時に、個人ユーザーにとってもこれからの一年は今年後半同様に、いや、それ以上に面白くも目が離せない年になるのではないか、と思っています。というか、願いたい。

まだまだ個人ユーザー自体多いわけではありませんし、一般の方以上にもしかしたらPCに詳しいか、PCを仕事で使っている人の間のほうがChromebookに対する誤解が残っていたり、情報が数年前のままでアップデートされていないような気もしています。何となく以前のイメージのままで、興味も沸かないから頭で考えたイメージで適当に判断してしまっているような反応を未だに多く目にします。もしかしたら、一般層よりもそうした方々の頑なな心理的ガードのほうが手強いかもしれません。

正直、私は誰もがChromebookを使えば良い、などとは思っていませんし、合わない人、合わない仕事の人も多いと思っています。だから、文中で触れたように好きなPCを使えば良いんです。何ならスマホやタブレットでも良い。ただ、興味だけは失わないで欲しい。人は興味関心を失って、既に自分の中にある古い知識だけで批評するようになった途端に老い始めるからです。

今年は私にとっては新しいことに色々取り組めた一年、とは行きませんでした。ただ、継続してきたことで、興味を持ち続けてきたことで、一昨年、昨年と続いてきた人との繋がりの一つ一つの点が少しずつ線や面になって、メーカーやユーザーの垣根を超えて色々なことに可能性が広がり始めているのを感じています。

来年も引き続き、今までと変わらぬおふぃすかぶとして。またそんなおふぃすかぶとして更に新しいことに世界を広げていきたいと思っています。

もしその過程で何か心に触れるものがあったら、是非一緒に楽しんでもらえたら嬉しいな、と願っています。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の5冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

「100人いれば100通りのChromebookとの付き合い方がある。それぞれの365日がある。いろいろな人の、いろいろな形の、いろいろな365日を眺めてみたい。」

そんな想いから2018年後半から季刊ペースで出しているのがこちらです。この本は「実際にChromebookを使っている(もしくは興味を持っている)ユーザーたちで作り上げる会報誌」です。

毎回事前に寄稿者やアンケートの回答を募り、それらをまとめて作っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。

ASUS Chromebook C223NA – このモデルが今年前半まで担った基準機(ベンチマーク)としての役割は大きい。

Lenovo Chromebook S330 – 国内個人向け市場の相場と印象を大きく変えた破壊者。

HP Chromebook x360 12b – 家電量販店でも手に取れる、完全に個人向けに焦点を合わせた戦略的モデル。

Dell Latitude 5300 2-in-1/5400 Chromebook Enterprise – 教育市場に続き法人、Enterpriseで先陣をきったDellの2020年に期待。

Acer Chromebook 715 – 指紋認証モデルは見送られたものの、初のテンキー搭載。「初」の多くはAcerから始まる。

NECも教育市場に参入した2020年。国内展開6メーカーとなるこれからの一年、国内個人ユーザーにとってはどんな年になるのか。

  • ASUS Chromebook C223NA – このモデルが今年前半まで担った基準機(ベンチマーク)としての役割は大きい。
  • Lenovo Chromebook S330 – 国内個人向け市場の相場と印象を大きく変えた破壊者。
  • HP Chromebook x360 12b – 家電量販店でも手に取れる、完全に個人向けに焦点を合わせた戦略的モデル。
  • Dell Latitude 5300 2-in-1/5400 Chromebook Enterprise – 教育市場に続き法人、Enterpriseで先陣をきったDellの2020年に期待。
  • Acer Chromebook 715 – 指紋認証モデルは見送られたものの、初のテンキー搭載。「初」の多くはAcerから始まる。
  • NECも教育市場に参入した2020年。国内展開6メーカーとなるこれからの一年、国内個人ユーザーにとってはどんな年になるのか。