[かぶ] HPが熱いけれど困ります。発売直後のHP Chromebook x360 14bが週末限定で税込39,600円(12月24日まで延長)。

[かぶ] HPが熱いけれど困ります。発売直後のHP Chromebook x360 14bが週末限定で税込39,600円(12月24日まで延長)。

シェアする

追記:2019年12月23日 14:30 更新

こちらの文章で紹介した週末限定特価ですが、急遽明日24日まで延長となったようです。

昨夜まで悩んで結局購入に至らなかった方(で悔い改めている方)、明日まで継続して販売中ですので、この機会に改めてご検討ください。

ここ最近、HPが飛ばしています。なんか年内で力尽きて2020年には撤退とかならないか不安になるくらいです。あと、思わず手を出したらその後の週末セールで更に安くなっていたり。HPはChromebookに関しては今年2019年から国内参入したので、まだいまいち動きが読めないところがあります。

先日、HP Chromebookの国内展開モデルについてまとめました。

2019年に入り、国内Chromebook市場、特に個人ユーザー向けで大きな存在感を発揮してきたのがHPです。他メーカーが基本的には教育現場向けのモデルを想定して国内展開してきている中で、HPはかなり個人ユーザーの心にストレートに刺さるようなモデルを選び、更に世界に先駆けて発売開始したりしています。そうしたこともあり、キャンペーンの有無やポイント還元などにより取り扱い店舗によって実売価格に差が出やすくなっています。現時点での納期と合わせてまとめてみました。

12月16日時点と書いておいて正解でした。だって4日後である今日の時点で、今週末、更に動きがあったからです。発売されたばかりの新作モデル、HP Chromebook x360 14bが週末限定セールiconの対象になっていまして、通常価格76,780円から37,180円オフの税込39,600円です。

先日の発表と同時に注文した方(それでもその時点でも既に21,780円オフの税込み55,000円だった訳ですが)にとっては腹立たしい週末限定セールですが、Lenovoと2社揃って体力勝負、消耗戦に出ているんじゃないか、既存の国内展開メーカー(ASUSやAcer)から一気にシェアを奪いに来ているのではないか、という気もしますが、よく考えてみたらAcer、ASUS JAPANは元々メインはあくまで文教法人市場、HPはほぼ個人市場なので、もしかしたらそこまで食い合うわけではないのかもしれません。

2019年上陸後は、従来展開してきた他メーカーとは違った戦略、主に個人向け市場を中心に精力的に海外の魅力的なモデルを時には海外とほぼ同時か先行に近い形で日本で発売してくれているHP。年末になり新たに同社の14インチの新作Chromebook、x360 14bを発表、現在同社公式オンラインサイトでキャンペーン価格で販売中です。

ちなみに今回の週末限定セールではもう1モデル、デタッチャブルタイプのHP Chromebook x2も対象となっています。

こちらもここ最近の実売価格(税込71,500円/84,920円)と比べても2万円弱安くなっています。x2もこれくらいの価格になるとかなり強くなってくる(競争力を持ってくる)気がするんだよなぁ。

ということで、年末になって、まだまだ隠し玉を用意していたHP、来年もこの調子で国内Chromebook市場をかき乱して欲しいと思います。あまり振り回されると結構厳しいけど。

2019年に入り、国内Chromebook市場、特に個人ユーザー向けで大きな存在感を発揮してきたのがHPです。他メーカーが基本的には教育現場向けのモデルを想定して国内展開してきている中で、HPはかなり個人ユーザーの心にストレートに刺さるようなモデルを選び、更に世界に先駆けて発売開始したりしています。そうしたこともあり、キャンペーンの有無やポイント還元などにより取り扱い店舗によって実売価格に差が出やすくなっています。現時点での納期と合わせてまとめてみました。
スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

購読を解除されたい場合も上の「購読する」から解除が可能になりました。