02.Style – Shoes | ページ 3 | おふぃすかぶ.jp

02.Style – Shoes一覧

[1374-201612] ブログ開設3年目の冬。私の革靴への想いと考え方を改めてまとめてみました。所詮靴と考える理由。

巷では大企業による「パクってきたつぎはぎ記事を大量に投入した」だけの情報サイトが問題になりましたが、こうしたネットでの情報というのはきちんと裏付けがとれているものでないと却って混乱を招くだけで信憑性に...

[1308-201607] 高級靴として知られた近江八幡の伝統「八幡靴」をふるさと納税で。リバーフィールドのオーダーメイドシューズ。

前回、ふるさと納税で宮城興業の和創良靴がオーダーできる、という話を書いたところ、思った以上に反響がありました。 また、何名かの方から「リバーフィールドもふるさと納税でオーダー出来ますよ」と教えて頂き...

[1291-201607] 突然の雷雨。雨上がりの道を歩いて革底が大分傷んだので、久しぶりに革底のメンテナンスをしてみました。

昨日は久しぶりの突然の雷雨でした。ここ数日梅雨時ではあるものの35度超えの日もあったり、と暑い日が続いていたので油断していた方もいるのではないか、と思います。私も昨日に限ってしっかりお気に入りの革靴と...

[1255-201605] 質の良い革を求めようとするあまり、革靴好きの私たちは大切なことを忘れてしまっているのではないか。

先日たまたま見つけた記述だったのですが、少々気になったので書いてみたいと思います。尚、特定の誰かやサイトを批判したい訳ではありません。あくまできっかけであり、私の考え方を改めてまとめておくのに良い機会...

[1217-201604] 革靴に関する大半の情報は「趣味」でなければ不要です。「靴磨き」も要りませんが、毎日の洗顔同様、靴は綺麗にしておきましょう。

当ブログは主に革靴の「お手入れ」と「選び方」をメインに書いています。今まで、元靴屋の店員の視点から、店頭で気がついた「店員や靴好きにとっては当たり前だけれど、一般的にはあまり知られていないこと」をいろ...

[革靴] ネットで革靴のお手入れ方法を調べていて陥りがちなパターンについて考えてみます。ブラシだけで充分です。

「靴磨き」というと、複雑で面倒で、気が向いた時に行う特別なもの、と考えている方が多いな、と思います。だから雑誌やメディアでたびたび「特集」が組まれ、様々なモノがオススメされるのでしょう。けれど、実際に必要なことは実はたった1つです。次に挙げる「一般的な」お手入れに3分を割り振るとしたら、あなたならどうしますか?

[1191-201603] 必要充分を目指すビジネスパーソンにとっての一つの目安「国産2万円前後」を真っ当な作りで実現する、東立製靴のショーンハイトを改めてご紹介。

半世紀以上に渡り、日本人の足もとを陰で支え続けてきたメーカーの一つが東立製靴です。 メーカーの靴を作り続け、ほとんど表に出ることはなかったという点では、長らく丸善の靴を作り続け、昨年惜しまれつつ...

[1178-201602] 千葉刑務所謹製 ハンドソーン・ウェルテッド製法 紳士靴。その先に勝手にこの靴を作られた受刑者の姿を感じる。自己満足だとは分かりながら。

一昨年秋の府中刑務所文化祭の時から折に触れ取り上げていた千葉刑務所謹製靴。オーダーはしていたものの事情があって受け取りが遅れていたのですが、昨日ようやく受け取りましたのでご報告します。 新聞などで取...

[革靴] 「今まで適当に選んでいたけど、そろそろ足に合った革靴が欲しい」と思った時に読んで欲しい、フィッティングのポイント。

多くの方は「革靴は固い」「革靴は痛い」と思われているのではないでしょうか。そして、何となく靴屋さんに行って、今の足のサイズを測ることもせず、適当に「足に合いそう」な靴を選んでいたのではないかと思います。足に合った靴を選ぶ方法は実はシンプルです。そこに難しい知識や経験は一切要りません。大切なことはたった一つです。