[革靴] 廃業から一年四ヶ月。丸善マナスルシューズMG605(茶革プレーントゥ)がやってきた。

[革靴] 廃業から一年四ヶ月。丸善マナスルシューズMG605(茶革プレーントゥ)がやってきた。

シェアする

スポンサーリンク

2015年5月20日、90年以上続いた浅草の靴メーカー、三交製靴が廃業しました。長く丸善のマナスルシューズを作り続けてきた知る人ぞ知る靴メーカー。私自身靴好きだなんだと偉そうに書いていながらも、その存在を知ったのは2013年後半でした。

この出逢いに舞い上がってしまい、このブログでも熱く暑く書き続けてきました。三交製靴の松田さんからは「ブログを見て来た、という方も結構いらっしゃるんですよ。ありがとうございます。」と最後の最後までお礼を言われてしまったのだけれど、未だに心に引っかかってしまって離れない想いがあります。

丸善での販売を終え一度は畳みながらも、細々とながら一部の根強い愛用者のために「自分たちに出来る限りの」生産と修理が出来れば・・と思っていたところに、私のような靴好きが群がってしまって、その平和な日常を乱してしまったのではないか。なんて書くと「自惚れるな。それ程の力はお前にはない」と突っ込まれそうだけれど、あの突然の廃業までの1年あまりを思うと、そんな思いに襲われてしまうことが未だにあります。最後キチンとお礼が言えなかったから。別れはそれくらい突然でした。

さて。そんな廃業から1年4ヶ月。この間も変わらず手元の6足を履き続け、SNSではこの三交製靴をきっかけに縁が出来た方々とこの靴の話を時折楽しんでいます。贅沢にも6足あることで毎日のように履き込んでも(vibram fivefingersと併用)今も良い状態のまま、特に主張することもなく足もとを支えてくれています。

最後の一足に添えられていた手紙に書かれていた一言、

この先も少しでも長く鈴木様の足もとを守る靴となれれば大変嬉しく思います。

が本当にその通り、これからも長く私の足もとを守っていってくれそうです。ってやはり感傷的になるな、三交製靴の話になると。

6足もありながら、それでも「オーダーしておけば良かった」と心残りだった一足。

廃業前に最後に何を注文しようかと考えた時に、旧MG73、牛革一文字親子穴タイプラギッドシューズを選択したことは今でも満足していますし、本当に良かったと思っているのですが、その時にもう一足追加しておけば良かった、と、この一年時折思い出してはちょっと心残りに思っていました。

それが、茶革の靴が無かったことです。ツヤありの茶(ガラス仕上げ)のものは3足目の時点で「のせモカ茶」として注文していたのですが、ツヤ革ではないタイプはラインナップにあることは分かっていながら後回しにしてしまっていたのです。

茶革、プレーントゥはこのブログでもお馴染みさくらい伸(saku03_)さんが愛用されていて、時折写真付きでツイートされているのですが、それを見る度に「やっぱり茶プレーンは良いなぁ」と最近スーツを全く着なくなってしまっただけにその汎用性の高さに無い物ねだり。

オークションなどで時折丸善時代のデッドストックが出品されるのですが、ほとんどが24センチということもあり、流石にマイサイズ(三交製靴では26センチ2E)は今からは難しいかなぁ、と思っていたところ、久しぶりに別件でオークションを久しぶりに利用したついでに何気なく検索して見つけてしまいました。

丸善マナスルシューズ MG605。牛革プレーントゥ、サイズ26センチ、茶。

maruzen-mg605-01

三交製靴銘ではなく、丸善時代、まだマナスルシューズと恐らく呼ばれていた頃のモデル。タグ、値札付き、試着のみの美品。マイサイズ26センチ。久しぶりに本気になりました。

maruzen-mg605-13

そうかぁ、最後は24,000円が16,800円になっていたんですね。品番MG605。もう何種類あるのかサッパリ分かりませんが、まだまだどこかにこうした一足が眠っていそうです。

maruzen-mg605-14

「登山靴のあの確かな履きごこちと頑丈さを、ビジネスシューズにも。」というユニークな発想から生まれた「マナスルシューズ」。晴れの日はもちろん、雨の日、雪の日と、ビジネスマンの足もとに、変わらぬ履きごこちと軽快なフットワークをお約束します。

今も時折、丸善時代に愛用されていた方からその廃業と今では手に入れられない(そして純正での修理も出来ない)ことを惜しまれるメッセージを頂くことがあります。当時を知らない私には丸善マナスルシューズというのが果たしてどういった靴だったのか、24,000円という価格はやはりそう気軽には手を出せない高級靴だったのか。丸善という名前はやはり大きなものだったのか。色々と想像を巡らせてくれます。

登山靴のあの確かな履きごこちと頑丈さを、ビジネスシューズにも。

maruzen-mg605-02

ごくごく一般的な、特に主張することもないプレーントゥ。日本で昔から愛されてきた靴といえば、やはりストレートチップよりもプレーントゥ、そしてウィングチップだと思います。個人的にはストレートチップがやはり好きですが。

maruzen-mg605-10

この飾り穴もその辺りの好みが反映されているのかな、とも思います。「登山靴のあの確かな履きごこちと頑丈さを、ビジネスシューズにも。」という発想からしても結構しっくりくるイメージ。

maruzen-mg605-05

革はある程度の時が経ったことで思っていた以上に表面が乾燥していて、クリームを乗せたらどんどん吸い込む。デリケートクリームだったのですが、見事に色が変わっていき、表情も蘇ってきました。

maruzen-mg605-03

ちなみに今回載せる写真は全てお手入れ後のものですが、届いた時には表面は少し元気がない感じでした。

maruzen-mg605-08

中敷きの“Maruzen”ロゴが手元の2足の丸善時代のモノと若干異なります。手元の2足は雪底用のモデルの在庫処分品でしたが、作られた時期が違うのか、こちらが標準だったのか。そんなことをいちいち考えるのもまた楽しくもあります。

maruzen-mg605-04

踵周りも手元の2足の丸善マナスルシューズ時代のプレーントゥと同じ。こうして眺めてみると、手元のマナスルシューズは全てプレーントゥだなぁ、と気付きました。

手持ちのベルトからこの靴に合いそうな一本を選んでみた。

なんて書くとベルト色々持っているような雰囲気ですがそんなこともなく。

maruzen-mg605-11

色合いと雰囲気を考えながら数少ない手持ちのベルトを見繕ってみたところ、ちょうど半年前に買ったUNIQLOのイタリアンサドルレザーベルトが合いそうかな、と思いました。

[kanren postid=”13980″]

最近は普段使いのベルトはほとんどUNIQLOになっていますが、このベルトは結構気に入っています。

maruzen-mg605-12

サドルレザーということを考えても、この表情のプレーントゥとの相性も良いかな、と勝手に思っています。

この先も少しでも長く私の足もとを守る靴となれるように。

maruzen-mg605-06

過保護にするつもりはないけれど、普段のお手入れは他の靴同様にしていきたいと思っています。

革自体が非常に柔らかいので、下手にクリームを入れ続けるとあっという間に柔らかくなりすぎてしまいそうな様子。ただ、ここ最近の雨でも気にせず履いていますが、勿論撥水スプレーはしているとはいえシミ一つなく染みこむこともなく、安心して足もとを任せられる一足になっています。今回の帰省にも履いていきました。

靴としてはやはり安心感のあるいつも通りの三交製靴のフィット感。はき始めは底の固さ(固くて辛いのではなく、あ、こんなにしっかりしてるんだ、という安心感。)がありながらも、あっという間に馴染んでいくところは相性も良かったんだろうな、と嬉しくもあります。

人にはそれぞれの「私にとっての三交製靴」のような、安心出来る靴が必ずある。

maruzen-mg605-09

人にはそれぞれの「私にとっての三交製靴」のような、安心出来る靴が必ずあると思っています。それは理屈でも何でもなく、たまたま偶然の出逢いであったり、特に意識していなかったのだけれど、振り返ってみるとこの靴ばかり履いているなぁ、という「気負わない」存在。私にとってはそれがたまたま三交製靴ラギッドシューズであり、丸善マナスルシュースでした。

それは高いお金を出さなければ手に入れられない、といったものでもなく、身近にあると思っています。何も「一生モノ」や「運命の人」を探し続ける必要なんて無く、気がつくか気がつかないか、だけ。

だから、これからも手元にある一足一足を普段から丁寧にお手入れしていきたいな、と思っています。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

シェアする

フォローする

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の4冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

「100人いれば100通りのChromebookとの付き合い方がある。それぞれの365日がある。いろいろな人の、いろいろな形の、いろいろな365日を眺めてみたい。」

そんな想いから2018年後半から季刊ペースで出しているのがこちらです。この本は「実際にChromebookを使っている(もしくは興味を持っている)ユーザーたちで作り上げる会報誌」です。

毎回事前に寄稿者やアンケートの回答を募り、それらをまとめて作っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。

6足もありながら、それでも「オーダーしておけば良かった」と心残りだった一足。

丸善マナスルシューズ MG605。牛革プレーントゥ、サイズ26センチ、茶。

登山靴のあの確かな履きごこちと頑丈さを、ビジネスシューズにも。

手持ちのベルトからこの靴に合いそうな一本を選んでみた。

この先も少しでも長く私の足もとを守る靴となれるように。

人にはそれぞれの「私にとっての三交製靴」のような、安心出来る靴が必ずある。

  • 6足もありながら、それでも「オーダーしておけば良かった」と心残りだった一足。
  • 丸善マナスルシューズ MG605。牛革プレーントゥ、サイズ26センチ、茶。
  • 登山靴のあの確かな履きごこちと頑丈さを、ビジネスシューズにも。
  • 手持ちのベルトからこの靴に合いそうな一本を選んでみた。
  • この先も少しでも長く私の足もとを守る靴となれるように。
  • 人にはそれぞれの「私にとっての三交製靴」のような、安心出来る靴が必ずある。