09.Windows | ページ 2 | おふぃすかぶ.jp

09.Windows一覧

[日用品] やっぱりPCの自作って楽しいよ。Ryzen 5 2600とNZXT H400i、VEGA 56で全体のバランスを意識した長く使えるPCを組んでみました。

今回メインPCの総入れ替え、たまたま出くわした幾つかのセールにより、PCを一台組みました。組むにあたってなるべく意識したのは、どこか肩に力入ってたり鼻息荒くなったりせず、一点豪華主義にも陥らず、なるべく全体のバランスが取れた一台にしよう、ということでした。やろうと思えば自作PCって幾らでも拘りや想い、好みを詰め込めるんです。その分価格は跳ね上がりますが。それは確かに楽しいのだけれど、どこか自分の用途や器から溢れてしまった無駄に力の入ったモノになってしまうことも多々あるな、と思ったのが理由です。

[日用品] AMD Ryzen™ 5 2400GとInWin Chopinで作るミニデスクトップWindows PC。

「AMD Ryzen™ 5 2400G」とmini-ITX用コンパクトスリムケース「InWin Chopin」の組み合わせが頭に浮かんだ時、私は既にパーツの選定を始めていました。私は日々の8割以上の用途はChromebookで十分なのですが、時々限られた用途でWindowsが必要なときがあります。そんな時に、場所を取らず、過剰になり過ぎず、存在感を主張しないコンパクトなPCは、気持ちも軽くさせてくれます。今回は組み合わせたパーツも合わせてご紹介します。

[かぶ] Microsoft Surface Go 8GB/128GB版が米B&HでPre Order受付中(日本直送可)。

発表直後から価格や入手方法等、日本国内でも話題となっているMicrosoft Surface Go。先日米Amazonが「日本直送可」で一時的にPre Orderの受付をしていたのですが、一日弱で「Currently unavailable.」となってしまいました。もちろん基本的に日本で買うのが一番なのですが、多くの方に前回の文章を御覧頂いたこともありますので、その他の方法を今回ご紹介したいと思います。Chromebookを個人輸入される方には比較的お馴染みのお店の一つ、米B&Hです。現時点(2018年7月16日)で直送可、Pre Order受付中のようです。

[かぶ] 米Amazonで8GB版Surface Goが$549で日本直送可。合わせて関税その他税金や総費用の見方についても触れてみました。

国内でもMicrosoft Surface Goの予約受付が始まりましたが、Officeが不要な方の中には「Officeが付かない海外版が欲しい」という方もいらっしゃると思います。そんな中、発表当初は「日本直送不可」だった米Amazonが突然8GB版のみですが「直送可」になりました。今回は一般に誤解されがちな海外からの購入における「関税(パソコンは無税)」やその他の税金、更に米Amazonにおける総費用の見方について書いてみたいと思います。