[日用品] ThinkPad X1 ワイヤレスタッチマウス購入。コンパクトで薄くて軽く持ち運びは苦にならないが、慣れるまでが大変か。

[日用品] ThinkPad X1 ワイヤレスタッチマウス購入。コンパクトで薄くて軽く持ち運びは苦にならないが、慣れるまでが大変か。

シェアする

スポンサーリンク

最近使用頻度の高いLenovo ThinkPad X280。今まで食わず嫌いだったトラックポイントもある程度慣れてきまして「これはこれで案外良いかも」と思い始めているのですが、細かい操作が必要な時にはやはりマウスを使いたくなってしまいます。そんな時に今まで使っていたのがLogicoolのMX Masterです。同社のVertical共々大変気に入っているマウスです。

ただ、使い勝手が良い分欠点もありまして、それが大きくて嵩張るということ。

普段持ち歩いているケースだと、ちょうどギリギリ入る感じなんですね。そして、私自身入出力デバイスに関してはBluetoothをあまり信用していなくて、専用ドングルのあるLogicoolはその点でも助かるのですが、もう一つの悩みがドングルが別途若干邪魔なこと。

PC本体に挿しっぱなしにすれば良いだけのことなのですが、鞄に気軽に放り込むことも多いX280。挿さったままだと若干気を使ってしまうのです。ということで、コンパクトで、ドングルが収納も出来て何となく気分が上がるモノ、となると、ここはやはりLenovo純正商品です。

ということで前置きが長くなりましたが、今回同社のThinkPad X1 ワイヤレスタッチマウスを購入しました。

本日到着しまして、早速半日使ってみての印象は、長所と短所をそれぞれ上げると、長所は

  • X1 Carbonとはいえ、同じThinkPadロゴ入り、色も雰囲気も揃って気分は上がります。
  • 非常に薄くて軽くてコンパクト。冒頭のケースからLogicoolのマウスを取り出さなくても追加でも楽に入ります(充電ケーブルも一緒に)。
  • ドングルが収納できて、Bluetoothとドングルの両方が使えるのは○。また充電しながらも使えるのはありがたいです。
  • トラックパッドとタッチボタンでプレゼンテーションにも使えるというのは嬉しいかも。まだ機会はないけど使ってみたいと思います。

結構良い感じなんです。この後写真も交えながら書いていきますが、軽すぎ、小さすぎ、薄すぎでLogicoolのマウス入れたまま、このマウスも一緒に持ち歩こうかと思っているくらいです(慣れもあるので)。またやはりThinkPadロゴと一体感は素敵です。これだけのために持っていたいくらいです。

ただ、使用初日の印象としては短所も大きく、

  • 握るというより軽く上から摘まむ感じで持たないと、持った瞬間に誤クリックしてしまうことも。
  • 細かい操作をするには慣れるまでは結構神経を使うくらいにクリックの反応が良すぎる
  • 中央の赤いバーでのスクロールが反応がいまいちでちょっと常用には指が疲れそう。

と主に、というよりも大切な操作性の部分で現時点ではなかなかこれ一つにするのは難しいな、と感じます。この感覚に慣れれば、ほんと先ほどの長所が活きてくるので、これだけで充分、ポケットにも入る薄さと軽さ(58.5g)とコンパクトさは素晴らしいんですが。ということで、ちょっと見ていきたいと思います。

非常にコンパクト。細かいところに凝ってます。

58.5gという軽さと薄さとコンパクトさ。この中に機能を詰め込む、ということで、デザイン的には結構細部でコダワリが見られます。例えば前述のドングルの収納。

底面部分が上にスライドするんです。

中に充電用のmicro USB端子(左)、ドングルの収納部分(中央。磁石で付きます。)、Bluetoothとドングルの切り替えスイッチ(右)があります。充電に関しては付属のL字型のUSBケーブルを使うと、繋いで充電したまま使うことが出来ます。これはよく考えられているな、と思います。

ただ、ケーブルが右側から伸びてしまうので、例えばPC本体に繋いで充電しながら使うにはちょっとケーブルが邪魔です。また、元々コンパクトなので、充電しながらはありがたいのですが、普段から充電しながら使うかは別。ちなみにUSBで繋ぎますが、USBマウスとして使える訳ではありません

ちなみにスライドさせた状態で各種認証マーク等々が出てくるのは面白いかな、と。左上の4つの○はバッテリー残量を表示しています。

また電源スイッチ部分はレーザーセンサー部分と一体になっています。

オフの時には隠れていて、

オンになるとセンサー部分が出てくる仕組み。こうした細かい部分、個人的には結構好きです。

雰囲気も良いですし、繰り返しますが、これで操作感さえ慣れることが出来るのであれば、何も言うことはありません。

クリックすると本体上面が動くのではなく、底面が動く。

ちょっと文章だと分かりにくいので、あとで動画でも上げようと思うのですが、クリック感が特殊です。クリックすると表面(上面)が沈む、というよりも底面がカチカチっと一気に沈むんです。ちょうど一般的なマウスの上下を逆にしたような感じです。しかも薄いので、前述の欠点でも挙げましたが、

握るというより軽く上から摘まむ感じで持たないと、持った瞬間に誤クリック

してしまうんです。これが結構手強い。

実際レビューなどを眺めていてもこの誤クリック、反応が無意味に良すぎる割に思った反応をしてくれないことにストレスを感じる(肩が凝った、ストレスが溜まった、疲れた)という感想を持たれている方が結構いました。そのこと自体は購入前に予めレビュー等を読んでいて「慣れれば」という記述もあったので、ある程度は覚悟した上だったのですが、普段冒頭のようなMX MasterやMX Verticalのようなしっかり握る、包み込む形でマウスを使っている人には、この種の薄型の、指を添える、ちょっと摘まむような持ち方はやはり手強いな、と思いました。(私自身も薄型のマウスとしてMicrosoftのDesigner Bluetooth® Mouseも持ってますし、その摘まむ感じの使い勝手はある程度は慣れているつもりでいたのですが、今回のLenovoのマウス、そのDesigner Bluetooth Mouseを上下逆に置いて使っているような感覚です。なので、

マウスを置いた状態で上の部分の左右を指で掴んだまま左右に揺らすとカチカチカチとそれだけで反応する

んですね。

ちょっと触れた時に力が加わっただけでカチッと反応してしまいます。優しく触れましょう。ということで、右と左が一体型(底面なので)なので、右クリックしたつもりが左クリックしてたり、その逆も起こります。これは優しい力加減に慣れてくると少し変わってくるのかな。もしくはドライバーやソフト等の設定で調整?この辺り、まだ初日なので、もう少し使って改善されれば追記したいと思います。

もう少し普通に作ってくれれば私の中でお気に入りになり得た、現時点では非常に惜しいマウス。

きっと何か、想定している使い方があると思うんです。トラックポイントを今も残してくれているLenovoだからこそ、ThinkPadにおけるマウスというのは先ほど少し触れたような「プレゼンテーションの時に胸ポケットからさり気なく出して」みたいな時のみを考えているのかもしれませんが、でも他にも普通のマウス販売してるしな、となると、このマウスがそういう特殊な使い方用のマウスだってことなのでしょうか。

まだ購入初日なので、結論を出すには早すぎると思っています。なので、もう少し色々とやることが詰まっていなくて、心に余裕があるときに、広い心でじっくり改めて使ってみたいと思います。単に食わず嫌い(慣れず嫌い)なだけかもしれませんので。大きさも色合いも雰囲気も最高なんだけどなぁ。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

シェアする

フォローする

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の4冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

「100人いれば100通りのChromebookとの付き合い方がある。それぞれの365日がある。いろいろな人の、いろいろな形の、いろいろな365日を眺めてみたい。」

そんな想いから2018年後半から季刊ペースで出しているのがこちらです。この本は「実際にChromebookを使っている(もしくは興味を持っている)ユーザーたちで作り上げる会報誌」です。

毎回事前に寄稿者やアンケートの回答を募り、それらをまとめて作っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。

非常にコンパクト。細かいところに凝ってます。

クリックすると本体上面が動くのではなく、底面が動く。

もう少し普通に作ってくれれば私の中でお気に入りになり得た、現時点では非常に惜しいマウス。

  • 非常にコンパクト。細かいところに凝ってます。
  • クリックすると本体上面が動くのではなく、底面が動く。
  • もう少し普通に作ってくれれば私の中でお気に入りになり得た、現時点では非常に惜しいマウス。