GASTON LUGA | おふぃすかぶ.jp

GASTON LUGA一覧

[革小物] 旅財布として、普段使いとして。気がつけば私の準メイン財布となった、ガストン・ルーガ「BÖRS (ボーシュ)」をレビュー。 [PR]

当ブログではお馴染みの北欧スウェーデンのバックパックブランド、Gaston Luga(ガストンルーガ)。今回新作のコンパクトなお財布「BÖRS(ボーシュ)」を提供していただきましたのでご紹介します。バックパックブランドということもあり、こうした小物はどうしても「おまけ」的な印象を持たれがちだと思うのですが、このサイズと容量のバランスは私にとって旅財布として、また普段使いとして準メインで毎日愛用してしまう魅力を持っています。

[鞄] 今日はどんな表情のあなたに出逢えるのだろう。ガストン・ルーガ「PÄRLAN(パーラン)」をレビュー。 [PR]

当ブログではお馴染みの北欧スウェーデンのバックパックブランド、Gaston Luga(ガストンルーガ)。今回新作の「PÄRLAN(パーラン)」を提供していただきましたのでご紹介します。0.6kg、8.6Lというコンパクトさも魅力ですが、個人的に嬉しかったのが従来なかなか配されることのなかったフロントポケットが2つ付いている点。でありながら、決して同社らしさを失わない、旅に、日常に気軽に背負って使える、豊かな表情を持ったバックパックです。

[鞄] 「あ、私これ気に入った。」そんな瞬間が訪れたのであれば、それも大切な出逢い。ガストンルーガ、CLÄSSIC(クラシック)の新色「グレー&ブラウン」をレビュー。 [PR]

今回はレビューのために良い写真を、という当初の目的を忘れて、周りから見れば、ホームでも道端でもひたすら隣の女性(妻)の写真を撮りまくってる不審者(不惑のオッサン)の話です。違う。スウェーデンの首都ストックホルムで北欧の感性によって作り出されたオールラウンドバックパック、「Gaston Luga(ガストンルーガ)」。今回は定番モデル「Clässic(クラシック)」から新色グレー&ブラウンをレビューしたいと思います。また妻(きみ)に恋してる。多分そんな文章です。

[鞄] 襟元を後ろから見たとき、改めて妻を美しいと思った。ガストンルーガ、CLÄSSY(クレッシー)をレビュー。 [PR]

スウェーデンの首都ストックホルムで北欧の感性によって作り出されたオールラウンドバックパック「Gaston Luga(ガストンルーガ)」。今回は女性的なフォルムが人気の「CLÄSSY(クレッシー)」をレビュー。タイトルが怪しいですが、何故私がこのモデルに惹かれたのか、今回は男性目線で細部をじっくり見ていきたいと思います。

[鞄] ストックホルム発のバックパック、ガストンルーガ。人気のクラシックを、既に愛用中のプローペルと合わせてレビュー。 [PR]

スウェーデンの首都ストックホルムで北欧の感性によって作り出されたオールラウンドバックパック「Gaston Luga(ガストンルーガ)」。中でも人気の「Clässic(クラシック) 」を、既に愛用中の「Pråper(プローペル)」と合わせてレビュー。単なるデザインの違いだけでなく、使い勝手も大きく異なります。