[かぶ] Pråper(プローペル)はとても気に入っているけれど、ちょっとCLÄSSIC(クラッシック)が欲しいこの頃。

ブログコラボレーションだから、という理由ではなく単純に気に入っているGaston Luga(ガストン・ルーガ)いや、別にポーズでもなんでもなく、実際に毎日これ背負って動き回っています。

[1405-201702] Gaston Luga ”Pråper(プローペル)”レビュー。偶然出逢ったストックホルムのバックパックは思った以上に素敵でした。【PR】 | Life Style Image
人生細く長く生きても100年です。世界には73億人が住んでいます。それだけいれば、理想の人や理想の友人というのは確かにいるのかもしれません。けれど、すべての人と出逢い、関係を結ぶには人生はあまりに短い。そして、今も新しい命が生まれ、また多くの命が失われていきます。実際に出逢っても、その人が本当に理想なのかなんて、永遠にわかりません。 モノも同じだと思っています。理想の一足(革靴)、理想の万年筆、理想の○○。確かにそれらを探し求めるのは趣味としては終わりがない楽しい道ではあるのですが、私はそうした理想の何かを追い求めるよりも、既に目の前に当たり前のようにあって、日々気負わず使っているものこそが本当は理想(よく言われるような一生モノ)なのではないか、と思っています。人も、モノも、本当の幸せや理想は案外気づいていないけれど、身近にいてくれる人、モノなのではないか。 と同時に、そうした短い人生の中で、何の縁か出逢った人やモノというのも同じだと思っています。これだけ無数に存在する中で、偶然か必然か私の目の前に現れたのです。そういう縁はいい加減にはできません(言うのと実際は別問題でなかなか難しいのですが) GASTON LUGA – STOCKHOLM SWEDEN いきなり大きな話になりましたが、今回何をどう間違ったのか、このサイトに興味を持ってくださったメーカーの方がいらっしゃいまして、コラボレーションの提案を頂きました。まぁ俗に言う「製品提供レビュー」ではあるのですが、手当たり次第という感じもなく、日本上陸を控え、希求したいターゲットに向けた情報を発信しているということで、お話を頂けたようです。 スウェーデンの首都、ストックホルムで北欧の感性によって作り出されたオールラウンドバックパック。それが今回ご紹介する「ガストン・ルーガ」のバックパックです。 Gaston Luga Backpacks 見知らぬ遠い土地、また北欧というとそれだけでなんとなく弱くなってしまうのが愛すべき日本人ですが、提案を頂いてサイトを眺めてみたところ、悪くありません。むしろ最近私が悶々と悩んでいたNIZYU KANOのキャンバスリュックに近い。

ただ、色と形的に(もちろんバックパックということもあるのですが)どうしても服装が偏ってしまうのが残念。

時にはモノトーンまではいきませんが、手元の黒系の服(もちろんスーツではなく)や靴と合わせて使いたいのです。で、先日こんなことを書いたのですが、

なんか皆さん「CLÄSSIC(クラッシック) 」のブラックばかりじゃないですか。

ネイビー&ブラウンを選択された方を見つけましたが「CLÄSSIC(クラッシック)」です。

この人も「CLÄSSIC(クラッシック)」。ただ、その中では貴重なオリーブ&ブラウンです。

ほぼCLÄSSIC(クラッシック)のみ。Pråper(プローペル)、全くいない訳ではありませんが、そんなに魅力ないですか?でもなんかそこまでCLÄSSIC(クラッシック) が人気なら、私も自腹で買ってしまおうか、と少し思ってしまっています。

実際気になっておりまして、

実際なかなか良いんですよ、「CLÄSSIC(クラッシック) 」。って、なんかオリーブ&ブラウンばかりですが、

他のラインではあるものの、ブラックもやはり雰囲気があります。今既に「Pråper(プローペル)」でネイビー&ブラウンを持っているので、ここは少し黒一色でシンプルな感じが良いな、と。

ということで、試しに計算してみると、23,000円からTAX還元20%にディスカウントコード(lifestyleimage15)15%が引かれて、送料無料なので金額は15,640円。結構心動きます。

ただ、前回も触れたように他にコラボレーションされた方が「CLÄSSIC(クラッシック) 」のブラックが多いので、何となく負けた気がするので躊躇しております。(人間小さくてごめんなさい)

[かぶ] 愛用中のガストン・ルーガのPråper(プローペル)。けれど周りを見渡すとCLÄSSIC(クラッシック)のブラックばかりなのが寂しい。

2017.03.01

スポンサーリンク

スポンサーリンク