[日用品] Gaston Luga (GL) x Glacial 限定コラボレーション ボトル&ボトルホルダーを購入。これ、普通に良いです。

[日用品] Gaston Luga (GL) x Glacial 限定コラボレーション ボトル&ボトルホルダーを購入。これ、普通に良いです。

シェアする

サステイナブル」って少し前から目にする言葉ではありますが、あなたはどんな印象持たれていますか?

最近はメーカーでも海洋プラスチック問題からプラスチックもリサイクルされた素材を採用することを謳ったり、といった動きも出てきていますが、なかなか一般的に周知されていない、広がらない印象があります。

古くは「エコバッグ(マイバッグ)」や「マイ箸」「マイボトル」などでしょうか。私もそうしたものには一通り興味を持ってきましたし、実際に持ち歩いたり、使ったりしていた時期もありました。

ただ、最近だと、何となくイメージが悪いというか・・

いや、別にそうしたものを持ち歩いていること自体が悪いのではなく、お馴染み「レジ袋有料化」に絡んだ、意味があるのか無いのか分からない施策に絡んで、更に大体話題になるのは過激な活動家の報道だったりするので、何となく怪しいというか、人によっては「あまり関わり合いになりたくない」と感じている方もいるんじゃないかな、と思うんです。

何となく、ただ「意識高い系」みたいな・・。

実際私も最近はこうしたワードに関しては、ちょっと一瞬腰が引けてしまう、というか、戸惑ってしまうところがあるのも確かです。考え方、方向性としては非常に大切なことなんですけどね。

世の中への広がり方が、少なくとも国内ではうまくなかった、賢くなかった、というか。

と、いきなりネガティブな出だしになってしまって、そうした問題に意識を持っている方は不快に思われたかもしれませんが、私自身は他人に強制するのでなければ、そうした考え方はどんどん広がっていって欲しいし、みんなが気負わない形で自然にそうした問題意識を持って、全体として地球環境が良い形になっていけば良いな、と素直に思っています。

Gaston Luga (GL) x Glacial 限定コラボレーション ボトル&ボトルホルダー

で、今回ご紹介するモノ。最近再び自分の中で再燃している、バッグメーカー(ブランド)の一つであるGaston Luga(ガストン・ルーガ)です。

先日、待望のクロスボディバッグが発売され、提供頂いたのですが、提供抜きにしても普通に追加で色違いで欲しい、と思うくらい個人的には気に入っています。

ストックホルムで誕生し、スカンジナビアのデザインとライフスタイルからインスピレーションを得た高品質なバックパックとアクセサリーを提案している、スウェーデンのブランド、Gaston Luga(ガストン・...

サイズ感が絶妙で、私が常日頃持ち歩きたいモノほぼ全てが、ジャストサイズで入ること、またサイズ自体コンパクトなので、そこまで重くはなりすぎない(入るモノが多くなれば、その分便利にはなりますが、この手のショルダーだとその分重くなって、歩いている内に肩が辛くなるので)点も好印象。おかげでここ最近小旅行から普段使いまで、ほぼ毎日愛用しています。

ただ、ここ最近猛暑になってきまして、そこで悩ましいのが飲み物の問題

このボディバッグ、当然のようにペットボトルなどは入らないんです。まぁ入れられないことはないのですが、かなり強引に突っ込む形になってしまう。また、突っ込んだとしても、重量バランスが悪くてそれはそれで使いづらい。

で、先日鎌倉に一泊で旅行してきたのですが、その際もペットボトルだけは手持ちでした。これが片手が塞がるので結構不便なのです。

と、私の中で別に狙っていたわけではないのですが、ニーズが高まってきたところに、ちょうど登録していたGaston Lugaのメルマガが届き、今回ご紹介する製品が限定販売、先行予約販売が行われる、とあったので、製品ページを見て即注文を決めました。で、本日午前中に届きました。

それが、同じくスウェーデンのウォーターボトルブランドであるGlacialとのコラボによる、ボトルとボトルホルダーのセットです。

調べてみるとGlacialは他のブランドともコラボを行っているようで、結構面白いデザインのボトル等も出ています。

またAmazonなどでも普通に買えて、だいたい価格は4〜5千円くらい。と考えると、今回のGaston Lugaとのコラボは、それにボトルホルダーがついて、Gaston Lugaのロゴが付いたボトルとセットで6,050円(税込)なので、全然アリなんですよ。

Glacialのボトルですが、デザインはGaston Lugaお馴染みのロゴになっているところがコラボ。

あ、ちなみに文末に今回も載せておきますが、以前提供レビューをさせて頂いた際に頂いた15%オフのクーポンコードが今回も使えますので、実質5千円強になります。

ちなみにクーポンコード使っても、私には一銭も報酬は入りませんので、アフィリエイト嫌いの方も安心して使って下さい。

今回のストラップ付きボトルホルダーで私が感じた2つの魅力。

で、今日の午前中に届いて早速持ち出してみたのですが、今回私が魅力を感じた点は

「メインのバッグとは別途持ち歩く形になるので、重さが分散して辛くない」

という部分でした。何だそりゃ、と思われるかもしれませんが、これ、結構大事。

メインのバッグとは別途肩に掛ける形になるので、自由な持ち歩き方が出来るのも魅力です。

冒頭でも触れましたが、大体皆さん、ドリンク持ち運ぶ際って、手持ちか、もしくは自分のメインのバッグの中に入れたり、リュックやショルダーのサイドポケットに挿したりすると思うんですね。

確かにこれ、楽と言えば楽なんですが、元々ペットボトルなりボトルって、普通に500gやそれ以上いくわけです。それがメインのバッグやリュックに重量として加わるわけです。これ、意外と堪えませんか?

先日AppleがM2 MacBook Airを出しました。

私はM1 Pro MacBook Proを使っているのですが、私のようなProを使っている人も意外と買い換えているようで、その理由が「数百グラム軽くなるだけで全然持ち歩きやすくなる」ということだそうで。

また日本の都心部だと車移動がメインではないので、より軽く、薄くが求められて、Windows PCだと600g、700gといった軽さが持てはやされたり、モバイル用途のコンパクトなモデルのニーズも高いですよね。それくらい人は100gでも軽くしたい、と考えているのに、同じバッグに500gのペットボトル入れたら本末転倒です。

でも、ボトルホルダーに入れて、別途持ったらどうでしょうか?いや、もちろんトータルの重さは同じなんですが(むしろボトルホルダー分の重さはありますが)重さ分散できると思いません?

結構この「重量を分散できる」って大きくて、状況に応じて掛ける方を左右変えたり、一時的にたすき掛けにしたり、手持ちにしたりするだけでも全然違うんです。

水分補給したい、と思った時に、すぐ手元に持ってきて取り出すことが出来るのは便利です。

あと、取り出すのも楽。水分補給したいときにいちいちバックやリュックを手前に持ってきて、中から取り出して水分補給して、また閉まって、ってちょっとしたことなんですが、意外と面倒で、それが無くなるだけでも「あぁ、こんなに楽なんだなぁ」と思いました。

と同時に、

「ボトルホルダー自体にショルダーストラップが付いている」

のも大きいな、と。

これ単独で肩掛けなりたすき掛けなりで持ち歩けるので、日によってバッグやリュックを変えても影響がありません。実際私はラップトップPCを持ち歩くときにはリュックがメインですが、それ以外や、旅行時の街散策の時などは先ほどのボディバッグを持ち歩くので、ボトルホルダーが別途、という形になってくれるとホント助かるんですね。

最近のGLの製品は金具の部分もしっかりロゴが入っていて、デザインに手を抜いていないのも好印象です。

ちなみに人によっては「大人にもなって、子どもの時みたいな肩掛け(たすき掛け)水筒かよw」って思うかもしれません。まぁ確かに水筒にショルダー付いてると、昔ながらの遠足の水筒思い出しちゃうんですが、実際どうでしょうか?そんな印象受けますか?

水筒、と言われれば普通に水筒なのですが、ボトルホルダーと考えても、結構デザインバランス良いと思います。

私、このデザイン、普通に単独で持ち歩いても全然アリだな、と思っていて、一瞬ボトルホルダーだと気付かないくらいでした。まぁよく見れば分かるんでしょうけど、そこまで自意識過剰でもなければ全然ファッションとしてもアリだな、と思います。この辺り、元々デザインが評価されてきたGaston Lugaならではですし、それ抜きにしても機能性としても十分だな、と思います。

ただ、一応メインのボトル入れる収納部分以外にも、前後にポケットが付いているのですが、この部分の用途が今のところ思いつきません。

あと、このGlacialのボトル、容量は400mlなのですが、一般販売は他の容量もありますし、炭酸飲料も対応していて、保冷(24時間)、保温(12時間)も出来るので、夏場も冬場も持ち歩きに良さそうです。

この辺りはまだ初日なので、これから使っていく中で、気になる部分があったら発信していきたいと思います。

今回は製品提供レビューではありませんが、以前頂いた、当ブログ限定の15%オフのクーポンコードも勿論使えます。

最後に。

手元に届いた初日にいきなりこんな感じの文章を公開している時点で「買ったとか言ってるけど、案件だろ」とか「実は提供受けてるんだろ」とか「アフィ乙」とか思われるかもしれませんが、そういう人は何言っても自分の都合の良いようにしか捉えないと思うのでスルーするとしても、一応理由があります。というのが、これ、限定販売っぽいんです。サイト見ると。

で、サイトで先行予約販売していて、そろそろ一般販売されるようなんですが、いつもの絡みでGaston Lugaの担当の方に「買おうと思ってます」と連絡したところ、「在庫が本当に僅かで、先行予約販売分で終了となる可能性も高いので、買われるのであればなるべくお早めにご注文ください。」と言われました。

で、実際製品ページを見ても、

本製品は国内倉庫の在庫がなくなり次第海外からの配送を予定しているため、配送までに通常よりお時間を頂く可能性がございます。

とあるので、全く無くなってしまう訳では無いとは思うのですが、到着まで時間がかかったり(私は注文翌日に発送、その次の日に届きましたが)する可能性もあるんじゃないかな、と思って、とりあえずファーストインプレッション的に文章にしました。

まぁコラボな時点で限定販売ではありますし、ずっと販売している訳では無いと思うので、煽りたいわけではないのですが、気になる方は購入検討してみて下さい。

で、先ほども触れましたが、今回は製品提供レビューでもプロモーションでも何でもなく、普通に自分で買ったんですが、以前頂いた15%オフのクーポンコードは現時点でも普通に使えますので、是非ご活用下さい。

クーポンコードは OKBU です。

アフィリエイト嫌いな方も、このコード、アフィリエイトでも何でもなく、このコード使って買っても私には何も報酬はありませんので、私(他人)に1円も得させたくない方も安心して使って下さいね。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

購読を解除されたい場合も上の「購読する」から解除が可能になりました。

Gaston Luga (GL) x Glacial 限定コラボレーション ボトル&ボトルホルダー

今回のストラップ付きボトルホルダーで私が感じた2つの魅力。

今回は製品提供レビューではありませんが、以前頂いた、当ブログ限定の15%オフのクーポンコードも勿論使えます。

  • Gaston Luga (GL) x Glacial 限定コラボレーション ボトル&ボトルホルダー
  • 今回のストラップ付きボトルホルダーで私が感じた2つの魅力。
  • 今回は製品提供レビューではありませんが、以前頂いた、当ブログ限定の15%オフのクーポンコードも勿論使えます。