[日用品] GASTON LUGAの小物(GLポーチ&BÖRS)は地味に使い勝手も良好です。[PR]

[日用品] GASTON LUGAの小物(GLポーチ&BÖRS)は地味に使い勝手も良好です。[PR]

シェアする

スポンサーリンク

先日、ストックホルム発のバックパックメーカー、「GASTON LUGA(ガストンルーガ)」の新作撥水バックパックである「SPLÄSH 13″」をレビューしました。

同社の製品は最近は直営オンラインサイト以外でも(ネット以外でも取扱店でも)購入が出来るようになりましたが、直営オンラインサイトでは結構頻繁に特典キャンペーン等を行っています。時期によって変わるのですが、例えばこの文章の作成時点(2021年1月20日)では、「購入時にお好きな小物を2つ選べるお正月特典」が行われています。

こちらの特典は21日までのようですので、同社の製品(と小物類)に興味のある方はこの機会に検討をオススメします。

で、この小物類(ファッション小物)、単体で購入すると定価的にはちょっと気持ちのハードルが高めの設定になっています。(結構バックパックと合わせて購入するとプレゼントだったり、50%オフになったりするので、それ前提の価格設定なのかもしれないですね)。

今回も、前回のレビュー同様、GASTON LUGAより製品の提供を受けてのレビューとなります。一般的には「PR記事」と呼ばれるものですね。既にその時点で生理的に受け付けない方もいらっしゃるかと思います。

個人的には提供であろうと自腹であろうと、基本的にレビューに関してはそこまで熱量は変わらず書いているつもりです。むしろ自腹のときのほうが(書かなくても誰にも迷惑をかけない分)気軽な中身のない文章でも書ける気安さもあるので、楽なんですけどね。良い部分を褒めるだけ、好きだという気持ちを前面に出すだけでも「自腹」というだけで許されてしまうような空気もありますし。

とはいえ、受け取り方は様々だと思いますので、予めその点はご了承いただけたら、と思っています。

ファスナー付きのお財布である「BÖRS(ボーシュ)」は既に2年近く、サブのお財布として愛用中。

ということで、単体で購入するには悩ましいのですが、意外と使い勝手が良かったりします。例えばファスナー付きのお財布である「BÖRS(ボーシュ)」は、私は2年ほど前にコラボさせていただいた際に提供いただいていたのですが、バックパック以上に私の用途にハマりまして、その後今日に至るまでサブのお財布としてよく持ち歩いています。

私、長い間長札入れを使っていまして、となると小銭入れを別途持ち歩く必要があるのですが、それ以外にも(最近は体調面で色々不調も出てきていることから)病院に受診する機会も多く、診察券等も幾つか別途持ち歩く必要があるんです。そういうときにこちらのお財布、カードもそれなりに入って、小銭も入れられ(入れようと思えば二つ折りにしたお札も)、外側にもカードポケットが両側に2つずつ付いている、ということで、むしろ身軽に出かけたい時にはこちらがメインになることも多々ありました。

最近は長札入れではないのですが、だいぶキャッシュレス化が進んだこともあり、お札や小銭を普段ほとんど持ち歩かないことも多くなったのですが、それだけに前述の診察券や時々発生する小銭のお釣り等を一時的に入れておくお財布としても重宝しています。

先日レビューした撥水バックパック「SPLÄSH 13″」が黒なので、それに合わせて黒がほしいな、と思っていたところでした。

今回、撥水バックパック「SPLÄSH 13″」をレビューしたのですが、こちらの前面のポケットにこのお財布がジャストで入れられるんですよ。尻ポケットも出来るコンパクトさも魅力ではあるのですが、それでも鞄のポケットに入れておきたい時もあります。となると欲が出てきまして、折角なら色を合わせたいな、と。

ということで、今回ちょうど「購入時にお好きな小物を2つ選べるお正月特典」中だったこともあり、担当の方に相談したところ、ありがたいことにこちらの黒を提供頂きました。嬉しい。これ、単純に提供だから嬉しい、というのではなく、ここまでつらつらと書いてきたように、毎日使っているモノでもあるだけに、黒、茶両方を使い分けられる、というのは大変ありがたいです。

本革ではなくPUレザー(ポリウレタンを使ったフェイクレザー)なので、経年変化はほとんどありませんが、2年使ったBrownは少しクタッと柔らかくなっています。

ということで、早速入れ替え。

尚、普段使っていなかったので忘れていたのですが、ストラップが付属していまして、こちらを取り付けることで、鞄に繋げたり、ループ状にして手首に通したり、といった使い方も出来ます。(久しぶりにやってみたら、案外便利だった)

ということで、こちらの黒、既にこの財布の魅力については書いてしまった後なので、付け足すことがほとんどないのですが、個人的なオススメとしては、中には2つ折りのお札と小銭若干、あと人によってカード等を。外側にSuicaやEdyなど、普段良く使う、状況によってはタッチ決済したいモノを入れておくと使いやすいと思います。

あとは私の場合、結構dポイントカードを提示することが多いので、これも合わせて入れてます。

ということで、もし同社のバックパックを購入する際に、何かしら小物のキャンペーンを行っていた場合には、まず選択肢に入れて欲しいのが、こちらのBÖRS (ボーシュ)です。

GL ポーチ(トイレタリーバッグ)は本来の用途とはズレる?けど、ヘッドホンやカメラを入れるのにピッタリでした。

今回、もう1点選んだのが、「GL ポーチ(トイレタリーバッグ)」です。

製品ページの写真を見る限りでは、結構しっかりした(固さのある)、型崩れのしにくそうな人工皮革(ビーガンレザー)のポーチかな、と思っていたのですが、実際に届いてみたら、薄くてシボ感のある、クタッと柔らかい雰囲気のポーチでした。

中にはポケットが一つあります。あまり詰め込むと形が崩れ(見た目的に)そうな気もするので、程々が良いかも。

届くまでは、私の中では撥水バックパック「SPLÄSH 13″」を持ち出す際の、常備薬や諸々を入れておくポーチとして色を合わせて使おうかな、と思っていたのですが、思ったよりも(普段使っているレザーポーチよりも)物が入りそうなこと、でいて柔らかいのでちょっと用途的に合わなそうな気がして、少し悩んだのですが、そこでふと最近ちょっと悩んでいたモノを入れたらピッタリでした。それが、ワイヤレスヘッドホンである、ゼンハイザーの「MOMENTUM Wireless M3AEBTXL (Sandy White)」です。

これ、巷の評判通り、音も素晴らしいですし、大変気に入っているのですが、結構悩ましい欠点がありまして。それが、持ち運ぶとき、こうなるんです。

一般的なヘッドホンのように、いやー部分が90°回転するわけではないので、厚みが出てしまうのです。

しかも、このヘッドホン、電源ボタンがなく、開くと電源ON、上記のように閉じるとOFFになるので、何かケースなどに入れて持ち運ばないと、鞄の中等でなにかの拍子に開いてしまうと勝手に電源が入ってしまう、という‥。更にこの曲る部分が手強くて‥

油断して開くと時々この部分に手や指を挟んでしまい、激痛&血豆が出来ます。なので、鞄の中から無造作に取り出そうとして、その拍子に開いてしまい、手でも挟もうものならひどい状況に。いや、これ、なんで巷のガジェット系YouTuberの皆さん、触れないんでしょうか(絶賛しまくってるけど)。

ということで、個人的に持ち運びに躊躇する、けれど音は非常に良いので使いたい、というジレンマに悩まされているモノなのですが、最近はそれでも気をつけながら、そのまま(裸のまま)鞄に入れていました。それが、今回、このポーチに何気なく入れてみたところ、

キレイに収まってしまいました(反対に一般的なヘッドホンだと折りたたまれないので入れられない)

キレイに収まってしまいました。一般的な収納方法のヘッドホンだとむしろ入らない。厚みは出るけどそれなりにコンパクトになるこのヘッドホンならでは、でした。で、ポーチ自体は柔らかいので、鞄の中に入れてもそれほど嵩張らず、スペースを圧迫しませんでした。ということで、これは予想外だったけど嬉しい

それまでは、これ買って入れてたんですが、

固いのは耐衝撃的には良いのですが、かなりの面積(容積?)取るので、とてもじゃないけど普段から持ち歩く気にならなかったんです。

なので今回のポーチの場合、耐衝撃性はありませんが、それでも擦り傷等は防げそうですし、個人的に予想外に便利でした。

で、調子に乗りまして、同様にどう持ち歩こうか少し悩んでいたカメラ(FUJIFILM X-S10)とレンズ(XF35mmF1.4 R)を試しに入れてみたところ、

カメラ(FUJIFILM X-S10)とレンズ(XF35mmF1.4 R)を入れたところ、キツくなく入りました。
ただ、耐衝撃性はないので、何かしらクッションは必要ですね。

もちろん前述のように耐衝撃性はまったくないので、あくまで小キズ保護と、気軽に取り出して撮影しないこと前提の持ち運び用にはなってしまいますが、これも案外あり。

ある程度中に余裕はあるので、理想としては衝撃を防ぐためにクッション材や何かしらに包んで入れたほうが良いかもしれませんね。中に一応ポケットもあるので、そこに予備のバッテリーや充電器等を入れても良いかもしれません。

繰り返しますが、耐衝撃性はまったくないので、その点は注意が必要です。ただ、そのまま裸で鞄に放り込むよりはキズ等の心配は減るかな、と思っています。

ということで、大きさ的(29 x 15 x 5cm)にはシンプルな分、意外と応用が効く、使い勝手の良いポーチだと思いました。

バックパック購入時には検討する価値のある、意外と使い勝手の良いアクセサリーです。

ということで、今回はGASTON LUGA(ガストンルーガ)の小物類(ファッション小物)を2つ、レビューしました。

単体で買うとなると1つ5千円程度しますし、それだったら自分の用途や好みに合わせて幅広い選択肢の中からお気に入りのモノを選ぶのも良いのかな、と思うのですが、もし同社のバックパックを購入するのであれば、今回の「購入時にお好きな小物を2つ選べるお正月特典」や「購入時に追加で購入する小物は50%OFF」といったキャンペーンも結構行われていますので、そのときに色を合わせて、好みに合えば、合わせて購入を検討してみる価値はあるんじゃないかな、と思います。

実際私は「BÖRS(ボーシュ)」はこの2年近く、かなり愛用してきましたし、今回色違いで黒も手元に来たことで、使い分けも出来そうです。そして、「GL ポーチ(トイレタリーバッグ)」も思わぬ掘り出し物的好印象で、これから使用頻度が増えそうです(とりあえず普段はこれでヘッドホンが持ち歩きやすくなりました)。

バックパック自体も個人的には結構使いやすくて重宝していますし、今回のレビューが+αの検討の材料になればいいな、と思っています。

商品提供レビュー、コラボ企画ということで。

前回及び今回のレビューで興味を持たれた方のために、当ブログ用の15%OFF割引コードを用意して頂きました。「officekabu20」です。こちらを注文画面の、

右下の「クーポンコードを利用する」の部分に入力していただくことで、15%OFFになりますので、合わせてご活用ください。ちなみに送料・30日返品無料となっています。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の5冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

「100人いれば100通りのChromebookとの付き合い方がある。それぞれの365日がある。いろいろな人の、いろいろな形の、いろいろな365日を眺めてみたい。」

そんな想いから2018年後半から季刊ペースで出しているのがこちらです。この本は「実際にChromebookを使っている(もしくは興味を持っている)ユーザーたちで作り上げる会報誌」です。

毎回事前に寄稿者やアンケートの回答を募り、それらをまとめて作っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。

ファスナー付きのお財布である「BÖRS(ボーシュ)」は既に2年近く、サブのお財布として愛用中。

GL ポーチ(トイレタリーバッグ)は本来の用途とはズレる?けど、ヘッドホンやカメラを入れるのにピッタリでした。

バックパック購入時には検討する価値のある、意外と使い勝手の良いアクセサリーです。

商品提供レビュー、コラボ企画ということで。

  • ファスナー付きのお財布である「BÖRS(ボーシュ)」は既に2年近く、サブのお財布として愛用中。
  • GL ポーチ(トイレタリーバッグ)は本来の用途とはズレる?けど、ヘッドホンやカメラを入れるのにピッタリでした。
  • バックパック購入時には検討する価値のある、意外と使い勝手の良いアクセサリーです。
  • 商品提供レビュー、コラボ企画ということで。