Amazon | おふぃすかぶ.jp

Amazon一覧

[日用品] Bose SoundLink Color Bluetooth Speaker IIが6,600円。ほかBOSE製品のサイバーマンデーセールは限定カラーが安いかも。

2019年のAmazonのサイバーマンデーセールではBOSE製品の多くがセールになっていますが、その中でもQuietComfort 35 IIのように限定カラーのみが極端に安くなる、という状況が出ています。そこで探してみたところ、他にもSoundLink Color Bluetooth Speaker IIの6,600円(ミッドナイトブルーのみ)など、単色で安くなったり、といった商品がありましたので、改めて他の気になるセール品もまとめました。

[日用品] Bose QuietComfort 35 II 限定カラー ミッドナイトブルーが40%オフの24,420円。そこで俺とお前とBOSEを語ろうか。

Amazonの2019年のサイバーマンデーセール。基本的に私がこうしたセールのオススメを書くことは「Chromebook以外では」ほとんどないのですが、今回私がつかず離れずの関係を長らく続けている、でも要は好きなメーカーであるBOSEの製品がかなり魅力的な価格になっていましたので、ご紹介します。特に定番のQuiet Comfort 35 IIは限定色のミッドナイトブルーが40%オフの24,420円、更にそこから追加で5%オフになります。

[かぶ] Google Pixelbook Go、待望の“Not Pink”が米国Amazonに登場。現時点では“Currently unavailable.”

米国では発売以来高評価となっているGoogleの新作Chromebook、Pixelbook Go。発表時点では2色での展開とのことでしたが、現時点ではまだ“Just Black”のみ発売されていました。先日カナダのAmazonにもう1色の“Not Pink”の商品ページが出来ましたが、今回、米国Amazonでも同様に商品ページが出来たようです。現時点では“Currently unavailable.”ではありますが、これからの更新に期待です。

[かぶ] ASUSのNanoEdge採用14インチChromebook、C425がBlack Friday初日のDeal of the Day登場。日本直送可で$319.99に。

個人的には米Amazonの大型セールにはなくてはならない存在だと思っているのがASUSのChromebookです。昨年までは名モデル、Flip C302CAが度々登場し、国内でも多くの方が購入されました。今回は初日である29日に、国内で発売されているC434TAをクラムシェルに変えて非タッチ液晶に変えたようなモデルであるC425(日本未発売)がDeal of the Dayに登場です。$180オフの$319.99。非常に魅力的な価格で今年もBlack Fridayが始まりました。

[かぶ] 「はじめてのChromebook」のPDFファイルがAmazonのChromebook商品ページから閲覧とDLが可能に。

10月1日よりビックカメラ全国31店舗のChromebookコーナーで配布されている冊子「はじめてのChromebook Chromebookスタートガイド」。配布当初からネット上では「対象のビックカメラが近くにない」「友人や知人に気軽に薦められるようにネットからも見られれば」という声が上がっていました。そうした声を受けてか、今回GoogleはひとまずAmazonのChromebook各商品ページ上から閲覧、ダウンロードが出来るようにしたようです。今回の迅速な対応、好印象です。

[かぶ] 初のテンキー搭載、Pixel Slate以来の指紋認証モデル、Acer Chromebook 715がAmazon限定で10月17日より国内発売。(追記あり)

先日突然Amazon.co.jp限定ながらフラッグシップモデルであるSpin 13を国内に投入してきたエイサー。その際に同じ商品ページにあった15.6インチのモデルが気になった方もいらしたのではないかと思います。今回確認を取ったところ、なんと今年のnext@acerで発表された初のテンキー搭載、Pixel Slate以来の指紋認証モデルであるAcer Chromebook 715であることが分かりました。

[かぶ] AmazonがChromebookストアを開設。そこで購入する際に押さえておくと便利なポイントをまとめます。(2019年7月版)

今までは日本からChromebookを購入する場合には、非常に限られたモデルをメーカー直営サイト等から購入するか、海外からの個人輸入しかありませんでした。ところが2019年7月、日本のAmazonがprime dayに合わせてChromebookストアを開設しました。従来のセラーによる並行輸入品だけでなく、国内正規代理店品も含めて200以上の充実した品揃えになります。そこで、膨大な中から適したモデルを選ぶためのポイントをお伝えしたいと思います。

[日常] 間もなく90歳になる実家の祖母と、LAの叔父、ユタの妹夫婦を繋ぐコミュニケーションデバイスを探す中で見つけた一筋の光。Amazon Echo SpotとEcho Show。

私には間もなく90歳になる大切な祖母がいます。ボケてもいなければ毎日元気ですが、帰省の度に、少しずつ小さくなっていくのを感じています。そして今、私の家族は叔父がLAで、妹がユタで暮らしています。普段なかなか顔を見ることも出来ない家族を繋げるコミュニケーションデバイスはここ一二年、ずっと探し続けてきました。今回国内でも発売が決定したAmazon Echo Spot(そして未発売のShow)は、ようやく90歳の祖母でも「声で使える」難しくないデバイスとなるかもしれません。

[道具] 「だけ出来る」ことを突き詰めたときの美しさ。Kindle Oasisは、電子書籍を「デジタルデータ」ではなく「本」に近づけてくれる。

2017年、Kindle端末の最上位モデルOasisが新しくなりました。巷での一番の魅力と言われているのが「防水性能」ですが、Oasisの魅力はそれだけなのでしょうか。今回はKindle端末自体がもつ「だけ出来る」ことによる魅力と、そこから生まれるスマホやタブレット端末とは違う「読書体験」について書いてみたいと思います。