[日用品] 昨年末の”俺とお前とBOSEを語ろうか”の続き。AmazonのBOSE製品まとめ買いキャンペーンが地味に熱いよ。

[日用品] 昨年末の”俺とお前とBOSEを語ろうか”の続き。AmazonのBOSE製品まとめ買いキャンペーンが地味に熱いよ。

シェアする

スポンサーリンク

私、このブログで時々BOSEについて語ることがあります。直近ではちょうど半年ほど前。

この時、ちょうどAmazonで結構美味しいセールをやっていまして、私のようなBOSE結構好きな人間には「この機会活かさねば」的な状態でした。で、結局この時は「Bose QuietComfort 35 wireless headphones II 限定カラー ローズゴールド」を買いまして、その後他にも手を出そうかと思っている内に売り切れちゃったり値段が戻ってしまって買えませんでした。

でもBOSEって(Amazonに限らずだとは思うのですが)結構地味にキャンペーンやセールをやっていまして、特に前回触れたようなAmazonだと、欲しいモノ、気になるモノを幾つか予めショッピングカートに放り込んでおいてしばらく放置していると、突然大幅値下げされてたり、ポイントが20%とか30%付いてることがままあります。でも油断してると次見た時(15分後)には元に戻ってたり。なので、欲しいモノが大きく値が動いている時には迷わず逝っちゃった方が得策です。

そう考えると、このブログなどネットでセール情報見つけてから購入考えてると間に合わない(終わってる)ことも多い(けれど頻繁に復活する)ので、前述のように予め欲しいモノをカートに放り込んでマメに見とくのが一番です。結構地味にやってるよ。で、今回はその活用法的お話です。

で、今回の話。私、今月に入って地味に大きめな買い物2つしてます。まとめ買い使って。それがこの2点。

お前またノイズキャンセリングヘッドホン700買ったのかよ、しかもソープストーン。2度目だろ、というツッコミはなし。あと最近55インチの4K TVを入手したこともあって、ちょっと良い音で見たくなりまして、サウンドバーを狙ってたんですよ。で、上の2つは常々ショッピングカートに入れていた、ということです。ちなみに他にも入れているんですが、それはこの後触れます。

さて、この2つ。Amazonでは価格変動が結構激しいのであまりアテになりませんが、この文章作成時のそれぞれの価格は、

  • BOSE NOISE CANCELLING HEADPHONES 700:46,750円40,138円
  • BOSE SOUNDBAR 500:72,600円

です。700の横線で消されている価格は参考価格(通常価格)ですね。ちょうど今14%オフになってるみたいです。このくらいの値下げは最近されてるので、時々方々のブログでも話題になるかな。で、同様にSOUNDBAR 500も時々5万円台に短期的に下がることがあります。

ということで、今この2つをセットで買うと、合計112,738円になります。ところが、これらの商品、ただ今、キャンペーンやってるんですよ。

どういうことかというと、例えばNOISE CANCELLING HEADPHONES 700を見てみると、

この赤枠の部分ですね。BOSEの対象商品を2台以上まとめ買いすると更に10%、場合によっては加えて5%オフするよ、的なものです。ということで、先ほどのSOUNDBAR 500も見てみると、

はい、同様にやっとります。対象商品なんですね。ちなみに対象商品は前述のリンクをご覧頂くと分かるのですが、それよりもとりあえず自分の気になるBOSE製品のページに行ってみて、今回赤枠で囲ったようなモノが表示されていないか見るだけでもOKです。で、2台以上を組み合わせてみる。ちなみに前述の(私が既に購入済の)2台をまとめてカートに入れてみると・・

と思ったら、私、既にどちらも1台購入してたので、SOUNDBAR 500(購入可能数があるみたい)が買えませんでした。

ごめん、失敗。なので、ちょっと現時点での値下げ後の価格が出せないので、今回私が購入した
際の明細を挙げておきます。この時、SOUNDBAR 500も5万円台になっていたんです(ただ、これについてもちょっと後述、補足します)。

赤枠の部分見てもらうと分かるのですが、注文した5日前には2つの商品ともに更に価格が一時的に(BOSE製品は値段の変動が結構あるので)ここまで下がっていたので、小計が91,362円になっていました。

これでも充分に安いのですが、そこから更に前述のキャンペーンの10%と5%等が適用されてまして、12,946円が追加で値下げされています。私の場合、手元にあったAmazonポイントを端数分使ってしまったので画像では75,000円になっていますが、結果、78,416円で買ってるんですね。

ここで先ほどの文章作成時点でのそれぞれの価格を改めて挙げますが、

  • BOSE NOISE CANCELLING HEADPHONES 700:46,750円40,138円
  • BOSE SOUNDBAR 500:72,600円

以前から欲しかったBOSE SOUNDBAR 500(72,600円)を買ったら、プラス5,816円でNOISE CANCELLING HEADPHONES 700が付いてきた、というような感覚です(この辺は値動きも激しいですし、自分の中で好きなように解釈することをオススメします)。

さて、ここで少し先ほどまで「後述」と書いていた部分を回収していきたいと思います。とはいえ、AmazonのBOSE製品、常に安くなっている訳ではなく、それどころか在庫がない場合もあります。ただ、それでも現時点では欲しいモノが2つ以上あるのであれば、無理してでも対象商品を2つ以上セットで買った方がお得感が強いです。そして、ここは意外と見過ごされがちなのですが、Amazonにおいて、在庫切れには2種類があります。

「現在お取り扱いが出来ません」や「現在在庫切れです。」といった在庫切れと「一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。」という場合です。例えば今ならこの製品。

一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。
在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。

赤線は私が引いたのですが、この「一時的に在庫切れ」の状態だと、注文は一応出来るのです。そして、注文が出来る以上、1点に数えられるので合わせて購入したもう1つの商品と合わせてどちらも更に10%オフになるんですね。

しかもこの文章作成時点で39,800円に下がってます。正直悔しい。私が前述の2点をまとめ買いした時には、このHOME SPEAKER 500、「一時的に」ではなくて「在庫切れ」だったので合わせて注文出来なかったのです。

ちなみに、私が今回注文した2点のお届け予定日が違う(NOISE CANCELLING HEADPHONES 700のみ配達済)のは、注文時点で2点とも「一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。」の状態だったからなんです。

要は2点とも在庫なかったんです。でも価格が下がっていた。で、「一時的に」だった。なので、2点まとめて注文したら、数日であっさりと再入荷して、順次発送された、ということです。

ということで、例としてこのHOME SPEAKER 500と先ほどのNOISE CANCELING HEADPHONES 700の2点をまとめて購入した場合の価格を見てみます(文章作成時点)。

合計から今だと更に9,984円引かれて69,954円です。悔しいな、HOME SPEAKER 500欲しかったんだけどなぁ。この価格見ちゃうと単体では買いづらい。ちなみに参考価格(通常価格)をそれぞれ見てみると、

  • BOSE NOISE CANCELLING HEADPHONES 700:46,750円40,138円
  • BOSE HOME SPEAKER 500:51,700円39,800円

通常価格が計98,450円。それが文章作成時点の価格だと79,938円。そこから割引が入って、最終価格が69,954円です。この価格だと気になっている製品なのであれば、1点ずつ買うよりも、こうしたタイミングを見計らって購入してしまったほうが遙かにオススメです。

ちなみに、この割引、あくまでまとめ買いや2台目以降購入などが前提となるので、組み合わせによっては適用されませんし、また2点買ったけど後になって1点返品した、キャンセルした、といった場合には後日差額分が請求される可能性もあります。その点はご注意ください。

このキャンペーン、最初に気付いたのは先月下旬でした。で、その時点では4月30日迄のキャンペーンということで、私、ちょっと財政的に注文が厳しかったので注文出来なかったのですが、5月に入っても延長されているようで(一時期6月30日迄、という表記もありました)今のところまだまとめ買いが可能なようです。

その頃には今回挙げた3商品、それぞれ在庫ありでこのくらいの価格だったので、3点まとめて購入して17万円が11万円強になるし美味しいよなぁ・・と思っていたのですが、同じことを考えてた方が結構いたのか、4月末には在庫状況が結構厳しくなっていまして、5月以降は「3点まとめて♪」みたいなことが難しくなっています。ただ、今回触れたように、

気になるBOSE製品をとりあえずカートに入れておいて、それぞれの価格が安くなった&在庫がある(Amazon販売)タイミングを見計らって、2点以上まとめ買いが出来る時には迷わず注文

というのが良い方法かと思います。

私も今回BOSE HOME SPEAKER 500がまだ買えていないので、他の何かと組み合わせて買えたらいいな、と考えています。(それでも現状の4万切りは充分に安いんですけどね。)

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の5冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

「100人いれば100通りのChromebookとの付き合い方がある。それぞれの365日がある。いろいろな人の、いろいろな形の、いろいろな365日を眺めてみたい。」

そんな想いから2018年後半から季刊ペースで出しているのがこちらです。この本は「実際にChromebookを使っている(もしくは興味を持っている)ユーザーたちで作り上げる会報誌」です。

毎回事前に寄稿者やアンケートの回答を募り、それらをまとめて作っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。