[日用品] Bose QuietComfort 35 II 限定カラー ミッドナイトブルーが40%オフの24,420円。そこで俺とお前とBOSEを語ろうか。

[日用品] Bose QuietComfort 35 II 限定カラー ミッドナイトブルーが40%オフの24,420円。そこで俺とお前とBOSEを語ろうか。

シェアする

スポンサーリンク

Chromebookに関してはBlack FridayやCyber Monday、更にAmazonのPrime Dayなどの情報を追っては時々文章にしていますが、基本的にそれ以外はこうした大型セールの時にはほとんど取り上げておりません。一番の理由は商品数が膨大な中から探すのが面倒だからです。一つ一つチェックしていく時間のほうが勿体ない気がして、また普段チェックしてないようなモノなら、安くなったから買ったとしても、結局良かったのか分かりにくいからです。余計なモノ買っちゃいますしね。

ということで今回もブログの文章としてはスルーのつもりだったのですが、個人的に普段から気にはなっていてカートやほしい物リストに入れていたものが意外と今回対象になっていたので、折角なのでご紹介したいと思います。だって、私自身が一応前から気になっていたものだから。それが、BOSEの製品です。私、BOSE好きなんですよ。

ということで、私は欲しいと思ってはいても、あなたが欲しいとは限りませんが、何故欲しいかも含めて書いてみたいと思いますので、もし欲しくなったら検討してみてください。

Bose QuietComfort 35 wireless headphones II 限定カラー ローズゴールド→ミッドナイトブルー

追記:2019年12月7日 22:00 更新

私も購入したローズゴールドですが、流石にこの価格だと反応も良かったのか、既にAmazon販売分は「在庫切れ」になっています。そのため追記時点ではこの価格で購入が出来ません。ただ、その代わりに新たに限定カラーのミッドナイトブルーが急遽同じ24,420円に変更になりました。

この色も魅力的ですよね。私のような人間が外で気軽に使うにはこちらのほうが使い勝手は良いかもしれません。ただ、既に購入後ですし、ローズゴールド自体好きですので、このまま楽しみに待ちたいと思います(今日不在で受け取れませんでした)。

通常の2色+Amazon限定色は若干の値下げ(16%オフの35,000円強)に留まっているのですが、今回この後発の限定カラー、ローズゴールドだけ極端に安くなっています。BOSEのこのモデルはこの1年、「値付け間違えたんじゃない?」と思ってしまうほど、ポイント還元が妙に高い時間が時折あったり、値段が下がったり、と見ていて面白いモデルです。

ちなみに私、このQuiet Comfort 35 IIは過去に3回買って、結局手放して、を繰り返しています(いずれもシルバー)。私自身が元々ヘッドフォンと相性悪いんです。少し耳に着けていると、耳の奥の方に圧迫感を感じて辛くなってきてしまう(気持ち悪くなってくる)んです。なので、気に入ってはいても長時間の常用が出来ないので、何かのきっかけがあると手放しては、でも意外と個人的には好きで、また機会があると買い直すという、どうしようもない無駄遣いです。ちなみにこの限定色が出た直前に私、3回目のシルバー買い直した(その後手放す)ばかりでして、ちょっと後悔しました。40過ぎのおっさんがカフェで使うには少し心理的抵抗感がある色ではあるのですが、それを抜きにしてもキレイな色だなぁ、と思いまして。それが今回16,280円 (40%)オフですよ。多分買うと思います。

で、多分、と書いたのは、実は既に後継とは少し違うかもしれませんが、最近同社がNOISE CANCELLING HEADPHONES 700を発売しまして、これの限定色ソープストーンが個人的に結構惹かれているんです。ちなみにこちらも既にラックスシルバーを1度購入した挙げ句、手放してます。もうどうしようもないくらいBOSEのノイズキャンセリング馬鹿なんですが、何度繰り返しても駄目みたいです。

こちらのローズゴールドも含めて、QuietComfort 35 IIは今回の「【5%OFF】動画視聴でクーポンゲット。」の対象モデルのようです。

リンク中の動画を最後まで見ると出てくるクーポンコードを決済画面で入力すると更に5%オフになります。ローズゴールドだと23,199円に。購入時には忘れずにチェックしておきましょう。

Bose Wave SoundTouch music system IV

3色とも値段が下がっています。本格オーディオマニアには色々と思うところもあるかもしれませんが、個人的に「細けえことは良いんだよ」的に音楽を楽しみたい人には最適だと思っているのがBOSEです。特にこのWave SoundTouch music system IVの前身であるWAVE MUSIC SYSTEMは10年以上続いた名作です。何が名作ってコンセント挿してCD入れれば音楽が聴ける。ラジオもAMとFM簡単に聴けるよ。というシンプルさ。余計な配線も、操作方法を覚える必要も、イコライザーだなんだといった「細けえこと」を一切考えずに、買ったその日に箱から出してすぐBOSEサウンドが聴ける、というシンプルさが素晴らしいのだと思います。

ただ、これ日本の狭いアパート、マンションなどでは受けが悪い(あまり大したこと無いと誤解されやすい)のですが、元々バカでかいアメリカの平屋の一軒家想定した作りですよ。ボリュームかなり上げた時に本領発揮するんです。小さい音でもそれなりには聴こえますが感動はない。けれど、これを隣近所気にせずそれなりの大音量で聴いたとき、別の音の世界が広がります。

で、そんなBOSEの名作も時代の流れとともにCDとラジオだけじゃ続かなくなっちゃったんでしょうね。ネットワークオーディオに対応し始めました。で、それをSoundTouchシリーズとして出したんですが、以前からのMUSIC SYSTEMが好きな方のために、本体そのまま上に乗っけちゃったのがこのBose Wave SoundTouch music system IVです。

ということで、ここまでスラスラと書いてきたので間違い勘違いあるかもしれませんが、それだけスムースに書けるのは、私、このWAVE MUSIC SYSTEM自体、複数世代で5回〜6回買い直してるんです(またか)。BOSEの製品って信者的な人気がありまして、結構中古でもそこまで損しない価格で売れるんです。別に資産として確保しておく訳ではないのですが、意外と使ってみて気に入らなければ手放しちゃう、とか、しばらく持っておいて、少し手持ちが厳しい時に一時的に手放す(私はこちら)ことがしやすいのも魅力です。最近は分かりませんが。

ということで、ネットワークオーディオにも対応した今回のモデル、当然私も欲しいと思っていて、いつか買おうとずっとカートに入れていたので価格下がってたこと気づきました。

BOSE HOME SPEAKER 500 スマートスピーカー

こちらも2色とも対象。前述のBose Wave SoundTouch music system IVみたいにCDだラジオだといった余計なモノは要らんから、ネットワークオーディオ、スマートスピーカー的に使えるBOSEもんがないか、という人にはこちら。

ちなみにこれは私買ったことありませんが、同じくカートにずっと入れっぱなしにしていました。というのは、最近PCデスクの上に置く、ちょっと音の良いスマートスピーカー、いや、違うな、ネットワークオーディオがほしいな、と思っていたんです。要はBluetoothスピーカーがほしかったんですが、どうせなら1万円程度のではなくて、ちょっと音楽も楽しめます的なBOSEもんが欲しかったんですね。ただ、なかなか購入に至れないのがBOSEでもありまして。そんな中でちょっとこれ、PCデスクの片隅に設置したい。それがカートに入れっぱなしの理由です。

Bluetoothスピーカーって選択肢が価格含めて幅広いので悩ましいんですよね。1万円以内のモノは数年前に提供レビューで散々試したんですが、あれから進化してるでしょうし、実際普通にBluetooth接続でサラリと聴くなら1〜2万円台で充分満足すると思うんです。私の場合。ただ、BOSEは先程も触れましたが、大音量にした時に少し夢があるので、そういう意味でも惹かれてしまいます。PC用スピーカーもこの後触れるBOSE製愛用してますし。

こちらのHOME SPEAKERは、取り上げた500と300が今回の「【5%OFF】動画視聴でクーポンゲット。」の対象モデルのようです。

リンク中の動画を最後まで見ると出てくるクーポンコードを決済画面で入力すると更に5%オフになります。購入時には忘れずにチェックしておきましょう。

Bose Companion 2 Series III multimedia speaker system

私が今PCデスクで使ってるのは後述の別BOSEなんですが、ちょっとDell Latitude 5400 Chromebook EnterpriseをPCデスク上でドッキングモード的に使うとき用のスピーカーが欲しいと思っていまして。で、後述のスピーカーと全く同じスピーカーをそのために買うのもなぁ、と。実際かなり気に入っているんですが、なんか無駄感ありません?元々PCデスクにWindows PCと共用だからってキーボード2段重ねしてる時点で無駄感ある気もしますが。

で、価格的にも1万円強、色も黒ですし、Bluetoothもちょっと‥かといって本体や液晶のスピーカーもなぁ、と思っていたところには価格的になかなか惹かれていたモデルだったのでカートに入れていたのですが、これも37%オフ。しかも一応BOSEです。ということでまた困った。

ちなみに「後述」言ってた今既に愛用中のスピーカーはこちら。

これ、良いですよ。それなりに高級感ありますし。価格も3倍しますが。コントロールポッド手元に寄せておけば微妙なボリューム調整できますし。惜しいのは入力端子が1つしかないので、工夫でもしないと1つのPCでしか使えないところです。これ、USB接続とか2系統入力とか出来てれば、私敢えて追加で今回スピーカー購入考えなくても良いんですけどね。そうなんです、ちょっとスピーカー購入検討中だったので、どちらもカート入ってたんです。

よくありがちな「サイバーマンデーオススメ」が「俺とお前とBOSE」になってしまったのが今回の5,000字。

ということで、よくありがちな「Amazonサイバーマンデーオススメまとめ!」的な記事のはずなのに気がつけば「俺とお前とBOSE」みたいな自分語りになっちゃいました。ただ、今回結構魅力的だと思いません?特にBose QuietComfort 35 wireless headphones II 限定カラー ローズゴールド。だって24,420円(16,280円 (40%)オフ)ですよ。既に3回買って3回手放して(ただしシルバー)、更に後継的な700のラックスシルバーも1回買って1回手放しているにも関わらず、今この文章書いてて既に落ち着かないんですから。この文章さっさと投稿しちゃって、注文しようかと思ってるくらいです。ローズゴールド良いじゃないですか。

ということで、今回も5,000字近い内容になりましたが、何かしらお楽しみ頂けたら嬉しいです。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の5冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

「100人いれば100通りのChromebookとの付き合い方がある。それぞれの365日がある。いろいろな人の、いろいろな形の、いろいろな365日を眺めてみたい。」

そんな想いから2018年後半から季刊ペースで出しているのがこちらです。この本は「実際にChromebookを使っている(もしくは興味を持っている)ユーザーたちで作り上げる会報誌」です。

毎回事前に寄稿者やアンケートの回答を募り、それらをまとめて作っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。

Bose QuietComfort 35 wireless headphones II 限定カラー ローズゴールド→ミッドナイトブルー

Bose Wave SoundTouch music system IV

BOSE HOME SPEAKER 500 スマートスピーカー

Bose Companion 2 Series III multimedia speaker system

よくありがちな「サイバーマンデーオススメ」が「俺とお前とBOSE」になってしまったのが今回の5,000字。

  • Bose QuietComfort 35 wireless headphones II 限定カラー ローズゴールド→ミッドナイトブルー
  • Bose Wave SoundTouch music system IV
  • BOSE HOME SPEAKER 500 スマートスピーカー
  • Bose Companion 2 Series III multimedia speaker system
  • よくありがちな「サイバーマンデーオススメ」が「俺とお前とBOSE」になってしまったのが今回の5,000字。