[かぶ] ASUS VivoBook E203NA-464P+BluetoothスピーカーでSpotifyやAmazon Music、Google Play Musicを楽しむ。

[かぶ] ASUS VivoBook E203NA-464P+BluetoothスピーカーでSpotifyやAmazon Music、Google Play Musicを楽しむ。

スポンサーリンク

前回のASUS VivoBook E203NA-464Pのレビューの途中で、こんなことを書きました。

ASUS VivoBook E203NA-464Pのレビュー4回目です。誤解を生んでしまうかもしれませんが、あくまで私の用途においてのこのモデルの立ち位置です。私はWindowsとChromeOSのど...

例えばSpotify(UWPアプリもあり)やGoogle Playミュージック、Amazonプライムミュージックなどを自宅でも流しっぱなしにする音楽PCという役割も良さそうです。

ちょっと拘ったスピーカーやヘッドフォン、外部モニターなどと繋いでネット配信の音楽や映像、映画などを楽しむ場合にも、例えばBluetoothスピーカーであれば本体の場所を選びませんし、ACアダプターなしでもほぼ不自由はしないと思います。

書いた後で、これそれ程ストレージ容量も圧迫しないし、処理速度的にも問題なく、活用の幅も広がって面白いので試してみようかな、と思いまして、早速上記3つの音楽配信サービス(Spotify、Amazon Music、Google Play Music)を使ってみました。

各種音楽配信サービスをブラウザーに依存せずデスクトップアプリとして使ってみる。

可能な限り、ブラウザーに依存せず独立して動いてくれるソフトとして無いか探してみました。
なお、液晶には先日挙げた「反射防止保護フィルム」を貼ってあります。

各音楽配信サービスは通常はブラウザー上からでも利用することが可能です。ただ、ブラウザーに依存してしまうと、常にブラウザーを表示させておかなければなりませんし、例えばGoogle Playミュージックであれば、Chromeを入れてGoogleアカウントでログインする必要があります。私の場合にはE203NAはなるべく自分自身のアカウントと深く紐付け(Googleドライブやフォト、ハングアウトなど)させたくないので、なるべく避けたいな、と思ったのです。そこで、それぞれの独立したソフトが無いか探してみました。

またBluetoothスピーカーに関しては以前に幾つもの商品を製品提供レビューという形で頂いていたので、その中から私が特に音が気に入っている(相性が良い)Anypro社のQ1というスピーカーを選びました。

気がつけば我が家には普段からよく使うワイヤレススピーカーが3台あります。それ以外にも10台近く。これ、ちょっとおかしい。余程のオーディオマニアかガジェット好きでもなければこんなことしません。そして、も...

Anypro社が競合他社の製品を徹底的に研究して、ワイヤレススピーカーの第一弾として自信を持って出したというQ1。一時期Amazonから在庫切れになっていましたが、最近になってまた復活したようです。

Spotify

お馴染みSpotify。私はPremiumではなくFreeなので時々広告が入りますが、時々利用していました。こちらはUWPアプリとして存在しているのは知っていましたが、UWPアプリは便利な反面、Microsoftアカウントと紐付けされるので、E203NAをMicrosoftアカウントで使っていない私の場合はちょっと面倒です。

ところが、探すまでもなく上記TOPページの「ダウンロード」から普通にWindows版を入手することが出来ました。

ローカルファイルの表示の設定なども出来て意外と便利です。

先ほどから流しっぱなしにしていますが、使い勝手も悪くありませんし、思わずPremiumにしてしまいたくなってしまいました。

Amazon Music

Amazonはプライム会員でもあるので、Primeミュージックとして聴き放題の範囲が広くなるので、出来れば入れておきたいところ。こちらも探したところ、Amazon自体がWindows版を提供していました。

こちらも動作は全く問題なし。ただ、カスタマーQ&Aにも書いてあったのですが、「「C:\Users」にあるアカウントごとに生成されるフォルダ名が日本語だと動作しません。」ということで、アカウント作成時に日本語(漢字や平仮名等)で作られた方はちょっと面倒です。

Amazonミュージック。Primeミュージックだけでなく普通に曲の購入も可能です。

先ほどのSpotifyでもそうなのですが、独立したソフトだと設定等もしやすいので助かります。

Google Play Music

こちらはChrome依存で厳しいかな、と思っていたのですが、公式ではありませんがGoogle Play Music用のソフトが作られていました。それがGoogle Play Music Desktop Playerです。

Windowsだけでなく、MacOSやLinuxなどマルチプラットフォーム対応なのもありがたいですね。

Google Play Musicはわが家では家族共有で有料で利用していますが、無料でも自分の所有する曲を50,000曲までクラウドにアップロードして保存し、スマホやPCから聴くことが出来るのが素晴らしいところ。私も実際に活用しています。

今回のE203NAのように本体ストレージ事態が64GBしかないようなモデルでも(ダウンロードして保存しても良いですが)ストリーミングで聴くことも出来ます。

こちらもChromeを起動しなくて良い点(Chrome拡張等も同時に起動しないのでメモリ消費も少ない。)や、独自機能としてソフトの色も変えられます。

これもなかなか使い勝手が良いです。

軽い気持ちで試してみたはずが、かなり使い勝手も良くて気に入りました。

本体スピーカーでも悪くないのですが、ワイヤレススピーカーなどと合わせると更に満足感が上がります。

軽い気持ちで試してみたはずだったのですが、思っていた以上に使い勝手が良く、先ほどから流しっぱなしです。こうしたときに11.6インチというコンパクトさは場所もそこまで取らないのがありがたいです。更に、本体自体も約900gと軽いので移動させるのも楽ですし、Bluetoothスピーカーなど無線タイプであればどちらも持ち運びが苦になりません。

更に、E203NAは元々バッテリー駆動時間自体も長いので、数時間聴く程度であればACアダプターに繋ぐ必要もありません。

先ほどから流しっぱなしですが、急速にバッテリーが減る、といったこともなく、処理速度が遅くなるといったこともありません。これは良いなぁ。バッテリーを気にしなくて良いのがやはりありがたい。それとこういう使い方を気軽に出来るのが良いです。

写真では本体の右にスピーカーを配置していますが、よりしっかり聴きたい場合には本体の後ろに置いたほうが正面から音が聞こえてくるのでオススメです。あとは左右分かれたタイプなども良いですね。ちょっと欲も出てきそうな使い勝手の良さです。

上記BOSEのスピーカーなどだと流石に本体と価格がほぼ同じになってしまうので専用にするのは躊躇しますが、他のPCや機器との共有という形であれば、コンパクトで音も良く、持ち運びもしやすいので良さそうです。

他にも意外な使い方が出来そうなので、これからも色々試してみたいと思います。

ここ一週間、ASUSの新作WindowsラップトップPC、VivoBook E203NAを使いながら、周辺機器、アクセサリ類やソフトなどを色々試しつつ、使い勝手とともに自分の中での用途を考えてきました...

まだ発売から4日しか経っていないのに、価格.comでは既に最安価格が3万円台前半(33,800円)になっていて、少し切なくなりました。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。