[かぶ] どうも米AmazonのSamsung Chromebook Proの発送が一部混乱している気配があるので、未だ発送されず気になっている方は一度問い合わせてみましょう。

[かぶ] どうも米AmazonのSamsung Chromebook Proの発送が一部混乱している気配があるので、未だ発送されず気になっている方は一度問い合わせてみましょう。

スポンサーリンク

「IN STOCK」ということで、「One-Day Shipping (1 business day)」を選べば恐らく転送サービスを使っても週明けには手元に届くのではないか、と軽く考えていたSamsung Chromebook Pro。

あーあー、やっちゃったよ。最上位のCore m7版のHP Chromebook 13 G1にするつもりが、予想以上に早く米AmazonにてSamsung Chromebook Proが「In Stoc...

転送サービスのところに到着予定の16日になりましたが、一向に発送される気配がありません。「Not yet shipped」のままです。

まぁ天下のAmazon(しかもUS)のことですから、この辺り何かとんでもない方法であっという間にオレゴン州まで一瞬で届けてしまうのかもしれませんが、ここ最近私自身がAmazon(日米とも)と相性が良くないので気になっております。米Amazonに関しては既にご存じの方もいると思いますが、先日のZenBook 3の注文においては結局1ヶ月近くカスタマーサービス部門と何度もチャットやメールでやり取りした挙げ句、要領を得ないまま放置状態の末、一度も発送されることなく返金になったことがありました。

米AmazonにてZenBook 3(UX390UA)を注文したところ、「日本発送可」で「Amazon Global Priority Shippingが利用可能」と表示されているにも関わらず、1回目「DHLに受け渡し直後にAmazonに強制返送」、2回目「Amazonの倉庫から発送すらされないまま2週間放置」、3回目「DHLに配達のためのデータは送られた物の商品は結局送られず、ふたたび2週間放置」という状態に陥りました。

更にその間、メール、チャットで度々Amazonカスタマーセンターとやり取りするも「問題ない。数日以内に必ず届く。心配要らない」「もちろん日本には発送可能だ」あたりはまだマシなほうで(それでも「もしかして海外発送出来ない製品なのではないか」という質問に対しては調べもしなかった)、「いや、データには反映されていないが、実はあなたの国の最寄りの配達所に既に届いているんだ。だから明日には届くから安心してくれ」という、「工場が全焼した」「積み荷が海賊に襲われた」並の言い訳をしてきたときには、世界の超大国アメリカの偉大さを感じました。

挙げ句、「ごめん、日本には制限で送れないみたい。」と今更ながら連絡してきたときには流石だと思いましたが(その後も未だに製品ページには発送可能となっております)、更に「迷惑かけたから、全額キャッシュで返金(支払がVISAデビットだったので)するから、日本のAmazonで買ってよ」と言いながら、その翌日には何故か全額Amazonギフト券(アメリカの)で返ってきたときには、何かの呪いかと思いました。

うん、懐かしい。普通はこんなこと滅多にないのかもしれませんが、今となっては良い想い出です。実際手元のZenBook 3は結局米国在住の妹のところに一旦発送してもらった上で、妹に頼んで日本に送ってもらったという。最初からそうすれば良かったか。妹よ、本当にあの時はありがとう。

そんなこともあったので(更に最近日本のAmazonでも別件でちょっと2ヶ月以上ゴタゴタしていたので)これは早めに対策しておいた方が良いかな(あまり意味ないけど)と思いつつTwitterで呟いていたところ、たまたま私の呟きに反応して下さった方がいらっしゃいました。

私だけならまたAmazonとやり取りを楽しめば(楽しみたくないけど)いいかな、くらいに思っていたのですが、どうもこちらのイヤッホーラボIYHLab(@IYHLabInfo)さんのほうが状況が酷そうだったので、色々お話しさせて頂いたところ、早速チャットで問い合わせをされたそうです。

https://iyhlab.info/?p=476

詳細は上記をご覧頂きたいのですが、結果としてIYHLab(@IYHLabInfo)さんのほうは先ほど発送通知が届いたようで、16日には届くとのこと。良かったですね。他にも未だ発送される気配のない方は一度問い合わせてみるのも手だと思います。

ちなみに私もチャットで問い合わせてみたところ、

I have checked on your order and as I can see here on my end the item is temporarily out of stock and it will be back ordered on June 16. Once the item is back in stock, we will immediately deliver the items to you.

何か在庫ありだったのに、「temporarily out of stock」なので入荷次第すぐ発送するよ、ということになってしまいました。

現在Amazonの製品ページでは在庫切れに変わったようです。

えっ?それじゃ、私が$25追加した「One-Day Shipping (1 business day)」、何の意味もないじゃん、と思い、その件について確認したところ、「16日には発送するし、あなたも16日に受け取れるから安心して欲しい」と言ってくれました。16日発送は分かったけれど、16日到着はないだろ、と思って再確認したのですが、結構自信あるようです。広大なアメリカですが、たぶん大丈夫なんだと思います。

ということで、海外で同様にSamsung Chromebook Proを注文された方の中にも「在庫あるっていったのに未だに発送されていない」「発送されるまでにだいぶ時間がかかった」という方が出てきているようですので、結構在庫状況が混乱しているのかなぁ、と予想。

Pre-order開始とともに注文された方は日本でもそろそろ入手報告が出るかなぁ、と思っていたのですが、単に諸々の事情で発信されていないだけなのか、同様に「まだ届かない」のか。ただ、もし後者であれば、是非一度Amazonに確認してみると良いかな、と思います。

Amazonのフッター部分右下の「Help」から現れる上の「Browser Help Topics」の一番下、「Need More Help?」から「Contact Us」で注文した商品について問い合わせが出来ます。

追記:2017年6月17日 0:00 追加

予想通り、というか、入荷時期未定ということで、「分かり次第連絡するよ」ということになってしまいました。そのための「承認」を求めるメールが先ほど届きました。在庫状況グダグダですね。止めようかなぁ。他にそれより前に注文されて、既に発送されている日本の方もいるようなので、レビューはその方たちにお任せするとして、現時点ではキャンセルしてもいいかもしれないな、と思い始めています。

「入るのか入らないのか分からないけれど、とりあえずこれだけの金額(利用枠)を残しておかなければいけない。常に意識の片隅の留めておかなければいけない。」っていうのは意外とストレスなんですよね。

ということで、少々気分が下がっておりますが、ひとまず一晩考えたいと思います。はい。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。