[日常] 間もなく90歳になる実家の祖母と、LAの叔父、ユタの妹夫婦を繋ぐコミュニケーションデバイスを探す中で見つけた一筋の光。Amazon Echo SpotとEcho Show。

[日常] 間もなく90歳になる実家の祖母と、LAの叔父、ユタの妹夫婦を繋ぐコミュニケーションデバイスを探す中で見つけた一筋の光。Amazon Echo SpotとEcho Show。

スポンサーリンク

ちょうどこの話題について書いたのがほぼ一年前。この時期になると特にそう思うのかもしれません。けれど、未だに見つけられずにいます。

それが、ビデオ通話「だけ」が「簡単に」出来る何かです。

昨日まで帰省しておりました。先月末に続いて半月ぶりの帰省です。普段は1~2ヶ月に1度なのですが、今回は少し頻繁です。 私の大好きな88歳の祖母については以前もこのブログで何度か取り上げました。そ...

この一年、色々な選択肢を考えてきました。アメリカで暮らす叔父や妹の家族の元に置くデバイスであれば、ある程度は本人たちでフォローできますし、なんなら私が一回設定に行っても良いのです。ただ、祖母が一人でストレスなく操作できるデバイスとなるとこれが難しい。

以前頂いたメールで「うちの祖母は88歳でパソコンを、90歳からiphone使うようになってそれなりに使いこなしております。88歳も決めつけたものではありませんよ?」という心強いメッセージを頂きました。

実際にこの1年、幾つかのデバイスを持っていったり、実際に祖母の様子を眺めていると、決してボケてはいないし、相変わらず元気で日中は出かけたきり2〜3時間帰ってこない(近所のお友達のところで話してる)ことには変わりはないものの、やはりここ数年、日を重ねる度に徐々に小さくなっていくのを感じています。

既にこのブログでは何度も触れているユタ州で暮らす妹。とてもありがたい(素晴らしい)ことに、この度第三子を妊娠しまして、この夏に出産予定です。ちょうど昨年はこの時期に既に第二子を出産していまして、私の母が2度目の渡米をしていた最中でした(今回も母は8月から9月にかけて再び渡米します)。

叔父は最近意識的に日本での仕事を増やして度々帰国しては祖母に会うようになりましたが、間もなく出産を控える妹と娘達(祖母にとってはひ孫)は流石にここしばらくは帰ってくることは難しいでしょう。叔父が帰国してきて、また渡米する日、玄関の前でとても寂しそうな目をする祖母をこの一年何度も目にしてきました。嫌な話(あってほしくはないのですが)ですが、次に会えるかどうかは分からないからです。これが最後になってしまうかもしれない。

であれば、せめて(実際に話す、帰ってくる機会は増やしたとしても)実際の距離があまりに離れている日本とアメリカ。せめて普段から顔を見て気軽に話せるコミュニケーションデバイスを、というのは、家族の中で最もこの方面に知識がある私としては、悔いの残らないように必ず、かつ早急に実現したい切実な願いでもあります。

そんな中、完全に盲点だったんですね。私、目にはしているはずだったのですが、今日まで気づきませんでした。

Amazonが国内でも画面付きスマートスピーカーEcho Spotを発売することを発表しました。

もっとつながる

Echo SpotまたはAlexaアプリを使っている家族や友達と、手軽にビデオ通話を楽しめます。離れて暮らすおじいちゃんやおばあちゃんとも手軽にビデオ通話をしたり、Alexaアプリを使って外出先から部屋の様子を確認することもできます。(Echo Spotのカメラは固定です)

「アレクサ、お母さんに連絡して」のように話しかけるだけで、簡単に使えます。家の外からも、スマートフォンのAlexaアプリを使用すれば、ご自宅のEcho端末を通して、家の家族と会話をしたりメッセージをやり取りすることもできます。本機能は今後対応予定です。

製品パッケージに表示・記載された音声、メッセージ、呼びかけ機能は現在日本では提供しておりませんが、今後対応予定です。

ちょっと画面のサイズが小さいのが気になるところですが、一番ありがたいのは声で操作出来ること。祖母の話し相手になってくれるかどうかは分かりませんが、たとえ厳しかったとしても叔父や妹、私に「連絡して」と話しかけるだけで私たちに繋がります。これって普段はあまり気にしたこともなかったのですが、とても素晴らしいことだと思うのです。

ちなみに海外では既に昨年、7インチの液晶を搭載したEcho Showも発売済みです。

こちらの記事によると、Echo Showも既に昨年末の時点で技適取得済みとのこと。もし普通に日本でも動いてくれるのであれば、直送は不可ですが転送でも何でも使ってこちらを取り寄せる、というのも手です(叔父と妹には各自これを買ってもらう)。

Amazon Echo Spotは現在国内でも予約受付中で、6月24日までであれば「【6/24 23:59まで】 Echo Spotを2台まとめ買いすると、2台目が半額(7,490円OFF)に」とのこと。また、米AmazonのEcho Showも「Buy 2, Save $150. Discount reflected in Cart.」ということで、完全に2台以上で使うことを想定しています。

どちらを買うべきか。果たしてEcho Showは日本と米国でも臨んでいる役目を果たしてくれるのか。それともまずは24日まで(発売自体は7月26日)2台目が安いEcho Spotを買って、ひとまず環境の構築を急ぐべきか。

先程米国の妹にはGoogleハングアウトで相談のメッセージを送ったばかりです。ここ数日中に決めたいな、と考えています。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。