[革靴] フィッティングには足へのフィットと心へのフィットの2種類がある。だから心が動いたのなら、まずは勇気を出して話しかけてみよう。

[革靴] フィッティングには足へのフィットと心へのフィットの2種類がある。だから心が動いたのなら、まずは勇気を出して話しかけてみよう。

シェアする

スポンサーリンク

今朝眺めていて、「とても良い言葉だなぁ」と思ったツイートだったので、拝借して、少し書いてみたいと思います。以前からブログでも何度か取り上げさせていただき、また実際に靴を作っていただいたこともある、ZinRyu / 靴師2.0(@Zin_Ryu)さんのこちらのツイートから。

フィッティングには2種類ある。足へのフィッティングと心へのフィッティング。

私がこのブログで靴について書き始めて間もなく5年になります。基本的に伝えたいことは変わらないのですが、以前から読まれている方には、何となく雰囲気が変わってきていることにお気づきかもしれません。

私は20代の頃から革靴好きでした(本当に革靴が好きだったのか、というと自分でも悩む部分はあるのですが)。また、一時期は革靴のお店で働いていました。そして今でも革靴は好きです。そうした中で、5年前、靴について情報を発信し始めた頃は「サイズの合わない靴」「まったくお手入れされていない靴」に対して少し攻撃的だったかもしれません。店頭で働いていた頃からまだそれほど年月が経っておらず、当時店頭で感じていたもどかしさや切なさがまだ生々しく残っていたこともあり、その辺りとにかく伝えたい、知ってほしい、という気持ちが強かったのだと思います。

得てしてなにかに興味を持ち始め、知識も増え始めてきた頃、というのはこういう傾向が出やすいと思っています。また、靴屋としての経験も浅い内はこういうもどかしさがとにかく前面に出やすい。その辺りある程度ゆったり構えている先輩の態度にちょっとイラッとしてしまったり。頭でっかちになってしまうだけでなく、ちょっと言葉の端々が攻撃的になってしまうんですね。こういうときには「足へのフィッティング」を極端に重視してしまう傾向があります(フィッティングに限らず、ですが)。

今も問い合わせフォームからいろいろなご質問をいただくのですが(全てにお返事できておらず申し訳ありません)、この場合も2種類の傾向があって、最近靴に興味を持ち始めたばかりの方は、こうした「足へのフィッティング」やその他「〇〇でなければならないのか」「〇〇は駄目なのか」という不安を抱きやすいのかな、と感じます。

でも、どんなに足へフィットした靴でも、その人にとっては最良の靴とならない場合がある。

店頭でも多くのお客さんはひとまず前提として明らかに足の大きさに合っていないと思われる靴を履かれている、選ぼうとされる傾向があるため、どうしても「足へのフィッティング」ばかりを考えてしまいます。この人の足の形から考えると‥この人の歩き方を考えると‥いや、この木型のほうが足に合うと思うのに‥。

もちろん足にフィットすることは大切です。そのための知識や技術論は確かに必要ですし、それはいくらでも突き詰めていけるし、一つの答えがあるわけでもありません。ZinRyu / 靴師2.0(@Zin_Ryu)さんには失礼に当たるかもしれませんが、昨年彼に作っていただいた私の木型から作られた靴も、あくまであの時点でのZin_Ryuさんのたどり着いた答えの中から生み出された一つの答えであって、それが今年も、来年も、まして一生モノとしてずっと変わらないわけではないと思っているのです。

もちろん彼の知識と経験から導き出された解は決していい加減なものではなく、だからこそ決してすぐに色褪せるものでもありませんし、実際私はその後も彼の靴をかなりの頻度で履き込むほどに愛用しているのですが、そんな靴も私の足が変われば、靴の状態が変わればフィット感も変わりますし、また今年や来年に改めて木型から作っていただいたら、全く別のアプローチの木型が生まれることも十分にあると思っています。そして、それだから良いのだと思っています。

そして、先程の私が店頭でお客さんのために「この靴のほうがフィットする」と思っておすすめした靴であったとしても、それが必ずしもその方にフィットするとは限りませんし、長持ちもしなければ、ほとんど履かれることもないかもしれません。

何故なら人間は心で動く生き物でもあるからです。

足に合う合わないではなく、とにかく欲しい、履きたい、と思える靴がある。それは理屈じゃない。

先日私は久しぶりにREGALの定番靴の一つである、2235NAを買い直しました。

この文章のあとも時折出してきては履いていて、今も気に入っています。正直未だに外踝が当たって痛いときもありますし、私の足の形からすれば決して相性が良いとは言えない靴でもあります。

でも、この靴は私にとって、時折無性に履きたくなる靴であり、また手放したとしても結局は気になって買い直してしまう靴でもあります。それはおそらく、今までの私にとって、心がとてもフィットしている靴だからだと思うのです。

意外とこの足にはそこまで合ってはいないけれど、心にフィットしている靴が、自分にとって履く頻度がとても高く、また気がついたら履きよい靴になっていることがあります。それくらい心というものが及ぼす影響は大きい。

心がフィットしている靴は、なんとか履きたいと思うので、細かい部分なんて気にならなかったり、なったとしてもどうすれば履けるようになるのか真剣に考えたりします。また良く履くので、気がついたら身体も歩き方も靴に寄り添い始めて、一番自然に履ける靴になっていることもあります。

心ってそれくらい不思議。

だから最近はそうした質問に関しては「自分が履きたいと思える靴なのであれば、履いたほうが良いと思うよ」と答えています。

何故なら以前も書きましたが、履きたい、という想いは、きっと様々なハードルを乗り越えてくれるからです。

心がフィットする靴だからこそ、足にもフィットすることは大切だと思います。

「足がフィットすること」「心がフィットすること」この2つはどちらも大切だと思っています。どちらが大切、ということではありません。そして、人によって、またその靴によって、どちらが先に来るかは変わってきます。

靴のフィッティングはとても大切です。何故なら人は歩く生き物だからです。一歩一歩の歩みは小さくても、積み重なれば大きなものになる。それは身体への影響も同じです。合わない靴を適当に履いて歩き続ければ、歳を重ねていくにつれ、後悔してもしきれない影響を身体に及ぼすこともあるからです。

だから、無理のない範囲では拘ってほしい。幾ら心がフィットする、履きたい靴だから、といっても、出来る限りサイズに関しては自分に合うものを履いてほしい。いや、フィットするのであれば、するからこそ、そこには拘ってほしいと思っています。

ただ、こだわりすぎる必要もありません。それは必要であればプロの力を頼れば良い。頼りっぱなしは良くないけれど、この部分は幾ら拘っても答えの出ない部分でもあるからです。フィッティングにこだわりすぎてしまって、気にしすぎてしまって、せっかく履きたいと思える靴があるのに一歩が踏み出せない方もたくさん目にしてきました。

靴磨き同様、靴の選び方に関する大半の情報は「趣味」でなければ不要です。

このブログも含めて、最近はネットで少し調べればだいぶ多くの靴に関する情報が見つかるようになりました。以前は「心のフィッティング」を重視した靴自慢、靴紹介のものが多かった気がしますが、最近は若い方を中心に、靴の選び方や磨き方、フィッティングの方法など、様々な情報が発信され、やり取りされるようになりました。またたくさんのイベントやミーティングも行われているようで、そうした意味ではネットが生んだこうした素晴らしい繋がりはぜひこれからも続いていってほしいな、と思っています。

私は以前から、靴磨きに関しては一貫してこんな内容のことを発信してきています。

この気持ちは今も変わりません。とともに、今回更に加えるのであれば、

靴磨き同様、靴の選び方に関する大半の情報は「趣味」でなければ不要です。

もちろん趣味の世界はとても奥深く楽しい世界です。ただ、時として身動きを取れなくさせてしまうことがあります。

足に合った靴を選んでほしい、という気持ちは今も変わりません。そしてそうした情報を私はこれからも変わらず発信していきますし、頂いた質問にはなるべくしっかりお返事したいと思っています。

ただ、もし今、心にフィットする靴に出逢えたのであれば、それはなにかの縁。足に合う木型か、とか世間の評価はどうか、とか一生モノか、なんて周りの情報に振り回されずに、とりあえず手にしてみてください。頑張ってお金を出して買って、思う存分に履いてください。

その上で、その気持ちを持続させるためにいろいろな情報に接するのは良いと思っています。買ったあとで雑誌やメディアで「名靴」だの「ベストバイ」だの「至高の一足」だのといった情報に触れられれば、気分も良いと思うからです。気分てとても大切。そして持続させるためにはあらゆる手を使いましょう。

そのときに私のブログなり情報が役に立つのであれば嬉しいし、そうなれるような発信をしていきたいと思っています。また冒頭で触れたZinRyu / 靴師2.0(@Zin_Ryu)さんのように、日々非常に精力的に、かつ素晴らしい情報を発信されている方がいらっしゃいます。

ただ、所詮靴なんです。たかが靴なんです。されど靴でもある。

「たかが○○に過ぎないんです。」

もちろんお財布の事情はあるだろうし、ネットの情報眺めて悩んでいる時間も楽しいと思います。私も好きです。今も色々眺めては次に買うモデル想像しては楽しんでます。でもね、悩む(心が動いている)んだったら、買えるんだったらさっさと買っちゃった方が良いと思うんです。

だって、人との出逢いと同じで、遠巻きに眺めていても、人からの噂を幾ら集めても、その人のことなんて分からないからです。勇気を出して一歩踏み出して「こんにちは」「はじめまして」と声かけて、時にはお金や時間がかかるかもしれないけど、付き合っていく中で、良さも悪さも、自分に合うか合わないかも分かります。でも眺めていてもそもそも自分の想像の範囲内以上のことにはならないんです。

遠巻きに眺めながら、他人の噂話や情報ばかりを仕入れていても、何も分からないんです。それよりも勇気を出してまずは「こんにちは」「はじめまして」と声をかけてみる。心が動いたのであれば、フィットしたのであれば、それが始まり。

新しい世界に足を踏み入れるときも、また踏み入れた後で知識や経験が増えてきたあとも、この「はじめまして」のときの気持ちを大切にしていきたいな、と私自身も思っています。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フィッティングには2種類ある。足へのフィッティングと心へのフィッティング。

でも、どんなに足へフィットした靴でも、その人にとっては最良の靴とならない場合がある。

足に合う合わないではなく、とにかく欲しい、履きたい、と思える靴がある。それは理屈じゃない。

心がフィットする靴だからこそ、足にもフィットすることは大切だと思います。

靴磨き同様、靴の選び方に関する大半の情報は「趣味」でなければ不要です。

  • フィッティングには2種類ある。足へのフィッティングと心へのフィッティング。
  • でも、どんなに足へフィットした靴でも、その人にとっては最良の靴とならない場合がある。
  • 足に合う合わないではなく、とにかく欲しい、履きたい、と思える靴がある。それは理屈じゃない。
  • 心がフィットする靴だからこそ、足にもフィットすることは大切だと思います。
  • 靴磨き同様、靴の選び方に関する大半の情報は「趣味」でなければ不要です。