[かぶ] “実質”26,000円強で8月末発売予定のLenovo IdeaPad Slim350i Chromebookの特長と魅力、現時点での国内市場での立ち位置について考える。

[かぶ] “実質”26,000円強で8月末発売予定のLenovo IdeaPad Slim350i Chromebookの特長と魅力、現時点での国内市場での立ち位置について考える。

シェアする

スポンサーリンク

レノボ・ジャパンが8月28日に発売する新作モデル、Lenovo IdeaPad Slim 350i Chromebookが話題になっています。

Amazon.co.jpにおいて、文章作成時点(2020年7月29日)で税込33,000円(3,300ポイント還元)に10%オフクーポンが適用されて、税込29,700円+ポイント(3,300ポイント?2,970ポイント?)ということで実質26,000円強という価格設定になります。これはかなりインパクトがあります。

この価格設定は文章作成時点(2020年7月29日)でのAmazon.co.jpにおいてのものとなります。Lenovo IdeaPad Slim350i Chromebookの初期設定価格は税抜30,000円(税込33,000円)であり、今後クーポン及びポイント還元率は変わる可能性が充分にあります。

尚、今回の文章で触れている「価格」面での魅力は、今回のクーポン及びポイント還元を抜きにした初期設定価格の場合でも充分にあると思っています。その点ご了承の上、お読み頂けたら、と思います。

何故なら、旧モデルではなく、これから発売されるモデルが初値で3万円を切るからです。

まだ発売まで1ヶ月あるにも関わらず、既にランキングでも500位台と比較的上位に。ここ数日各方面のブログでも話題になっているので、既にご存じの方も多いでしょう。

今年、特にこの数ヶ月で国内Chromebook市場(主に個人向け市場)の勢力図が大きく塗り替えられた感じがしています。昨年までは個人向けにも積極的に幅広く展開していたASUS JAPANの独壇場だったところが、この数ヶ月でほぼHPとLenovoの二強になってしまいました(ASUSは今年はCESでのC436FA発表以降は不気味なくらい動きがない)。この2メーカーの強みは世界的にも大きなシェアを持つPCメーカーならではの、本家オンラインサイト主導の価格攻勢です。一気に相場が変わってくる。ある意味価格破壊といっても良い。それでいてモデル自体悪くない(むしろかなりニーズを掴んでいるから困る)ので悩ましいです。そして今回のChromebookにおいてはそこにAmazon.co.jpが絡んできているので、ますます悩ましくも面白い状況になってきています。

そこで今回は前半でここ最近の国内Chromebook市場の流れを振り返り、後半でこの話題のモデル、IdeaPad Slim350iについて考えてみたいと思います。

昨年までのASUS一強から、今年に入りHPとLenovoの二強へ。

現在、国内Chromebook市場には6メーカーが参入しています。エイサー、ASUS、DELL、Lenovo、HP、NECです。この内、個人向け市場に積極的に展開しているメーカーはASUS、HP。そこに今年に入ってLenovoが入ってきました。ということで、ここではこの3メーカーに絞って書いていきたいと思います。

昨年前半まではほぼASUS一強でした。HPはまだ参入しておらず、Lenovoは一昨年に参入はしたものの、昨年の時点ではあくまでほぼ教育市場のみでした。ASUSは2014年に国内に初めてChromebookが入ってきた時から継続して個人向けにもChromebookを展開し続けてきた貴重なメーカーです。一昨年から昨年にかけて、各液晶サイズ、更にハイスペックから普及価格帯、用途に合わせて抜けていた穴を埋めていくような形で着実にラインナップを広げていました。ほぼ隙のないラインナップは国内においてはほぼ盤石といっても良い状態でした。

ちなみにこちらが昨年2019年5月の時点での国内個人向け市場で展開されているモデルをまとめたものです。

こちらは12月、既にHPが突然参入を発表し、一気に攻勢に出始めていた時期ではありますが、それでもこちらの座談会で話したことは私の素直な印象であり、この時点でもASUSのモデルがしばらくは選択の際の基準になるだろうな、と思っていました。Lenovoは教育市場向けに注力していて個人向け市場に展開する気配はまったくありませんでしたし、その流れは今年も変わらないだろうな、と。

2020年に入り、コロナの影響が色々なところに出てきます。昨年後半、一気に人気が出たHPでしたが、諸々の影響もあって肝心のChromebookが何ヶ月も入荷待ち。更に世界的に新作Chromebookの出荷と発売の時期がまったく読めなくなりました。各社発表はするものの、いつ頃発売されるのか分からない状態。そんな中で一気に出てきたのがLenovoです。突然国内でも個人向け市場に3モデルを発表したのです。

まずは海外での発表時点から国内でも話題になっていたIdeaPad Duet Chromebookを発売。これは今も品薄が続いている人気のモデルです。そして「人気はあるのに何ヶ月も入荷待ち」の状態で失速したかに見えたHPもスタンダードな14インチモデル、Chromebook 14aを発売。こちらも今話題になっています。

この2つ、どちらも現時点で非常にオススメしやすいモデルなんですね。非常にバランスが良い。正直、2020年7月末の時点で私がChromebookで人にオススメするとすれば、この2台になります。特にHPの14aが現時点でのスタンダードモデルといっても良いと思っています。そしてある程度自分の中で「何をしたいのか、何を求めているのか」が分かっている方であれば、IdeaPad Duetは「まさにこれを待っていた」というタイプのモデルです。

従来であれば、この辺りのモデルはASUSが得意としてきました。HPの14aのようなモデルであれば、既に出ているC423NAがありますし、LenovoのDuet ChromebookもASUSには元々名モデルであるC101PAの流れがある。

ただ、今年ASUSはまだ動いていません。年初のCES2020で発表、既に発売されている人気のハイスペックモデル、C436FAはあるものの、それ以外は非常に静かです。また国内でもASUS JAPANは社長が交代したり、実店舗であるASUS Store Akasakaが来月で閉店。方針の転換があったのか、Windows PCも含めて少し動きが変わってきています。正直現時点では今後のChromebookの展開もまったく読めません。

そうした中で来月(8月)末に発売されるLenovoの新モデル、IdeaPad Slim350i Chromebook。Duet Chromebookに続く、2モデル目ですね。これが加わることで、ほぼ国内普及価格帯モデルに関しては(昨年までのASUS一強時と同じく)ほぼ穴が無くなります。ということで、ここからこのモデルについて書いてみたいと思います。

第一印象は「至って普通」だったSlim350iが一気に魅力を増した一番の理由はやはり「価格」。

正直なところ、ネット上での反応は良好でしたが、私個人の第一印象としては、そこまででもありませんでした。至って普通。敢えて言えば、この価格帯で手に入るようになったのはありがたい、というくらいです。

それは6月初めに上の文章で書いたとおりです。というのも、多少のスペックの違いはあれども、この位置づけのモデル、既に一年以上前にASUS JAPANが出してるんです。C204MAです。

ちょっとこの2つのモデルのスペックを並べてみます。

Lenovo IdeaPad Slim 350i Chromebook ASUS Chromebook C204MA
国内発売 2020年8月28日 2019年6月7日
CPU Intel Celeron N4020
(Gemini Lake Refresh)
Intel Celeron N4000
(Gemini Lake)
メモリ 4GB 4GB
ストレージ 32GB eMMC 32GB eMMC
液晶 / 解像度 11.6型HD TN ノングレア液晶(1,366 x 768)マルチタッチ非対応 11.6型HD TN ノングレア液晶(1,366 x 768)マルチタッチ対応
キーボード JIS配列 78キー JIS配列 78キー
インターフェース USB3.0 x2、USB Type-C™3.0 Gen1 x2
マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック x1
microSDメディアカードリーダー
USB3.0 x2、USB Type-C™3.1 Gen1 x2
マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック x1
microSDメディアカードリーダー
サイズ / 質量 約 286.7 × 205 × 18.1 mm
/ 約1.12kg
約 299 × 199 × 19.5 ~ 20.1mm
/ 約1.2kg
スタイラスペン 非対応 非対応
カラー オニキスブラック ダークグレー
ほか MIL-STD-810G準拠
価格(税抜) 30,000円 42,800円
自動更新ポリシー 2026年6月 *1 2026年6月
*1 IdeaPad Slim350iの自動更新ポリシーに関しては、日本版の自動更新ポリシーのページには記載がありませんでしたが、英語版のページに「Ideapad Slim 3 Chromebook」というモデルがありましたので、そちらを参考にしています。→ Auto Update policy – Chrome for business and education Help

一部で「今年からサポート期間が8年以上になった」と書かれていますが、現時点では今年発売以降の新しいハードウェアプラットフォームのモデルの一部が「発表もしくは発売から8年」になっただけです。(まして8年以上は言い過ぎ)

今回のモデルに関しては、発売してみないとなんとも言えませんが、場合によっては旧モデルのリフレッシュ版という扱いで通常の6年という場合もあります。現時点では推測に過ぎませんので、発売後の情報を待ちたいと思います。

CPUがGemini LakeのCeleron N4000からGemini Lake RefleshのCeleron N4020に僅かに上がってはいるものの、その他の部分ではほぼ違いがありません。ちなみに今人気のHP Chromebook 14aはC204MAと同じCeleron N4000です。

重さも80g程度軽いのですが、その代わりASUSのC204MAはMIL-STD-810G準拠です。液晶はどちらもTNノングレアですが、C204MAはタッチ対応。「クラムシェルにタッチなんて不要」という方も結構いると思うのですが、Chromebookの場合、Androidアプリの対応、非対応が結構タッチスクリーンの対応、非対応で左右されることもあるので、意外と大切だったりします。

で、気になっているのがSlim350iの液晶なんですね。TNノングレア液晶がどの程度の見やすさなのかが未知数なので。というのも、昨年Amazonで話題になった同社のS330は同じTNノングレア液晶ですが、結構「液晶が残念」という声を目にしたのです。ASUSのC204MAも液晶が素晴らしい、とは言いませんが、同社の同じ11.6インチスタンダードモデルであるC223NAに比べて後発モデルということもあって、かなり改善されています。なので、今回のLenovoのSlim350iに関しては、この点が気になってはいる点です。

ということで、全体の印象としては、昨年ASUSから発売されたC204MAからMIL-STD-810Gとタッチスクリーンを省いて、戦略的な価格(税抜3万円)にしたモデル(液晶は評価待ち)、というのが私の第一印象でした。それは今も変わらないのですが、とはいえ税抜3万円、そして今回でいえば実質26,000円強という価格設定はすべての理屈を抜きにしてくれます

前述のように2020年に入っても、国内に限らず海外も含めてChromebookの普及価格帯スタンダードモデルの基準はだいたいこの辺りのスペックになります。CPUがCeleron N4000、4GB RAMで32GB eMMCこれを基準にして、自分にとって必要な部分、不要な部分を足し引きしていくのが分かりやすい

自分にとってはやはりそれなりの液晶、サイズと解像度(FHD)が欲しければ14インチ、FHD、IPSのHP Chromebook 14aが基準になります。

反対に持ち運びを最優先したければ、Lenovo IdeaPad Duet Chromebookになる。

先ほど触れたように、この2モデルが私の中での2020年7月末時点でのスタンダードモデルだと思っているのですが、どちらも現在Amazon.co.jpでの価格が税込39,800円である、というところが面白いですね。実際スタンダードモデル(基準)を税込4万切りで買えるようになった、というのが今年の国内Chromebook市場の大きな変化だと思っています。

そして、以前から私のブログをお読みいただいている方だと記憶の片隅にあるかもしれませんが、私は2018年末~2019年初めにおける国内Chromebookの基準となるモデルとしてASUS C223NAを挙げてきました。

この時このモデルを「最良」と考えた理由も、今回ここで書いてきたような理由になります。ちなみに当時C223NAを最良とした、もう一つの大きな理由が「価格」です。税込37,800円(当時)。スペックを妥協すればその後も更に安いモデルはあったのですが、C223NAは当時の国内外の標準的なスペックを備えていて、の最新モデルとしてのこの価格だったのが大きかったのです。

ちなみにC223NAは発売当初はASUS Store限定モデルでしたが、先日より一般でも販売が開始され、価格も改定されました。

1kgを切る重さで税込31,320円(文章作成時点)ということで、今年に入って改めて話題になったモデルです。

そうした中で出てきたのが今回のLenovo IdeaPad Slim350i Chromebookです。

理屈を幾らこねくり回しても、やはり価格のインパクトには敵わないところがあります。実売価格26,000円強はそれだけで今まで以上により幅広い層にChromebookを試してもらう良い機会になると思っています。

型落ちではなく、「CPUがCeleron N4020、4GB RAMで32GB eMMC」というほぼ現行普及価格帯スタンダードなモデルをこの価格で試せる。ただ、液晶の質は恐らく「それなり」です。また、液晶サイズ11.6インチということで、解像度もHD(1,366×768)になります。

解像度がFHDでないことを馬鹿にされる方も結構いるのですが、液晶サイズ11.6インチでの実用的な解像度、と考えると、やはりこの辺りの解像度(HD、1,366×768)が一番なのではないか、と思っています。実際に今回10.1インチのLenovo IdeaPad Duet Chromebookは1,920×1,200での表示が可能ですが、私は1,350×844、もしくはその下まで下げて使っています。

もちろん高解像度液晶で拡大率を調整して使った方が綺麗に見える、という意見もあると思いますが、Chromebookにおける拡大率の調整って意外と手間(フォントの大きさのバランスなど)なんですよね。ましてMacBookと比べる方もいますが、そもそも土俵が違います。その辺りが気になる方は、Chromebookでもハイスペックモデルになると4K含めて高解像度なモデルもありますので、その辺りを選ばれることをオススメしたいと思います。

ただ、この価格帯のモデルでそこ(液晶)まで求めるのは酷。もし使っていて、より液晶サイズや解像度の大きいものが必要だと感じたら、次はその辺りを基準に加えて考えてみれば良いのかな、と思います(最初からFHD、IPSが必要であれば、もう1万円上げても10.1インチのLenovo IdeaPad Duet Chromebookか14インチのHP Chromebook 14aです)。

まとめると、現時点での国内のChromebookのスタンダード(基準は)税込4万円弱で販売されているHP Chromebook 14aだと思っています。次点が同価格のAmazon版Lenovo IdeaPad Duet Chromebook

そして、それらのモデルに近い使い勝手を(液晶等一部妥協出来るのであれば)より手頃な価格で試せる、裾野を広げる役割を持っているのが、今回発売されるLenovo IdeaPad Slim350i Chromebookです。

この3モデルを中心に国内市場はしばらくは廻っていくのかな、と感じています。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の5冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

「100人いれば100通りのChromebookとの付き合い方がある。それぞれの365日がある。いろいろな人の、いろいろな形の、いろいろな365日を眺めてみたい。」

そんな想いから2018年後半から季刊ペースで出しているのがこちらです。この本は「実際にChromebookを使っている(もしくは興味を持っている)ユーザーたちで作り上げる会報誌」です。

毎回事前に寄稿者やアンケートの回答を募り、それらをまとめて作っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。

昨年までのASUS一強から、今年に入りHPとLenovoの二強へ。

第一印象は「至って普通」だったSlim350iが一気に魅力を増した一番の理由はやはり「価格」。

  • 昨年までのASUS一強から、今年に入りHPとLenovoの二強へ。
  • 第一印象は「至って普通」だったSlim350iが一気に魅力を増した一番の理由はやはり「価格」。