[かぶ] ここ最近は確かに賑やかに見えるけれど、冷静に振り返ってみると、Chromebook自体はここ数年それ程変わってないよね。

[かぶ] ここ最近は確かに賑やかに見えるけれど、冷静に振り返ってみると、Chromebook自体はここ数年それ程変わってないよね。

スポンサーリンク

私は今まで、Life Style Imageでは100、このおふぃすかぶ.jpでは150以上、Chromebookについて書いてきましたが、使い始めてまだ3年弱ですし、積極的に発信するようになったのはここ1年程度です。

情報を追い続けてアンテナを張っていればそれなりに日々情報は入ってきますし、蓄積もされてきます。そんな半分「趣味」ともなっている人間にとっては毎日が刺激的な情報に満ちていて、それなりにChromebook周辺も賑やかに進歩しているように思ってしまいます。

けれど、ふと冷静に考えてみると、この一年間、特に積極的に情報を追わなくてもChromebook周辺はさほど変化はないんですね。水を差しているように思われるかもしれませんが、個人的にはもちろん今も今後も刺激的で可能性も感じていることに変わりはありません。

ただ、実際私が「特に何も意識せずに普通に使っていた2年弱」と「積極的に追い続けてきたこの1年」、急に色々と進歩のスピードが上がった訳ではありません。(もちろんGoogleサービスなど周辺の環境は常に変わり続けてはいますが)もちろん停滞している訳ではありませんが、このあたりは他のOSと同様に、ゆったりとした時間が流れていると思っています。

例えば新作モデルの出るペース。ここ最近はSamsung Chromebook Plus/Proの話題盛んで魅力的なモデルが続々と出ているように感じられます。ただ、私が以前からよくスペックやモデルの詳細を確認するのに大変お世話になっているZipso.net — Tech. Guides & Tipsのこちらのページを眺めてみると、

https://zipso.net/chromebook-specs-comparison-table/

特別昨年から今年にかけて多くのモデルが出たわけでもありません。(2015年あたりが最も賑やかです)賑やかだったのは単に1年あまりの間に10台近く購入していた2016〜2017年の私の精神状態だったようです。

実際細かい部分では仕上げやスペックの底上げは多少はあるものの、私が昨年書いたこちらの文章で挙げた$180が一つの基準というもの。

ここ最近、Chromebookについて書いてきていますが、それでは2016年10月の時点でそれぞれの用途に合わせると、どんなモデルが良いのでしょうか。今回は「人それぞれ」と簡単に片付けず、主観を交えて...

だいぶ取り巻く状況が変わってきたように思っていたのですが、冷静に考えてみると今回のMicrosoftのChromebook対抗モデルと考えられているモデルも$189〜ですし、スペック的に新しい部分はそれほどありません。

昨夜のMicrosoftの発表会では簡単に触れるに留まっていたChromebook対抗のWindows 10 S搭載モデル。189ドル、OEMメーカーとしては「Acer、ASUS、Dell、HP、Sa...

昨年から今年にかけて大変話題になったSamsung Chromebook Plus

確かに非常に面白いモデルですが、これが発売されて間もなく半年になります。今回Proが発売されますが、特にここ最近Chromebookで注目されているGoogle Playストア対応と対応モデル、対応具合に関しては、厳しい言い方をすれば、この半年どころかこの一年、ほとんど変化はありません。また、今回のProはPlusから4ヶ月弱遅れての登場となりますが、よほどのサプライズを用意しているのでない限り、実質違いは本体色とCPU(OP1とCore m3)のみです。

今日突然入ってきたSamsung Chromebook Proの5月28日リリース予定の情報。実は今日から数日間帰省しておりまして、前回の文章は家を出る前に急いで仕上げたものでした。 Sams...

スペックを単純に比較するのであれば、Plusと同時期に発売されたASUSのC302CAと大して変わりはありません。

発売が遅れていたSamsung Chromebook Proが米AmazonでようやくPre-orderになりました。 最短で到着するAmazonGlobal Priority ...

それでも凄いことなんですけどね。これだけ話題になるのは。少なくとも私自身は3年程前から使い続けてきていますが、日本においては当時は普通に各メーカーが日本モデルを発売している状況だったにも関わらず、大して話題にならなかったのです。それが今は少しChromebookと検索すればそれなりに話題になっている状況です。

なぜこんなネガティブなことを書いているかというと、今回はうまく波に乗って欲しいなぁ、と思っているからです。米国市場でのシェアは急激に大きくなりましたが、日本はまだまだこれからです。そして少しずつ期待値も高まり始めている。更にMicrosoftも市場においてはChromebook対抗を打ち出してきた。面白いじゃないですか

だからこのちょっとした(まだ僅かですが)加熱し始めているChromebookを取り巻く状況が変な方向で転んでしまうのが、Chromebook好きとしては不安だし、そうなってしまうと寂しいな、と思ってしまうのです。

だからこそ、なんかChromebookで十分、もう○○は要らない、みたいな不毛な争いなんてしてないで、またChromeOSに何から何まで期待する(あれも出来るこれも出来る)のではなく、期待だけが膨らみすぎずに冷静な目で立ち位置を定めて、これから先の可能性に向けて着実に歩んでいって欲しいなぁ、と思っています。

Chromebook自体は2年以上使ってきて、その魅力についても既にある程度自分の中ではイメージが出来てきていたつもりでした。ところがここ最近の魅力的な新作の発表と、また毎日情報を追い続けるようになっ...
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。