[かぶ] ここ最近は確かに賑やかに見えるけれど、冷静に振り返ってみると、Chromebook自体はここ数年それ程変わってないよね。

私は今まで、Life Style Imageでは100、このおふぃすかぶ.jpでは150以上、Chromebookについて書いてきましたが、使い始めてまだ3年弱ですし、積極的に発信するようになったのはここ1年程度です。

情報を追い続けてアンテナを張っていればそれなりに日々情報は入ってきますし、蓄積もされてきます。そんな半分「趣味」ともなっている人間にとっては毎日が刺激的な情報に満ちていて、それなりにChromebook周辺も賑やかに進歩しているように思ってしまいます。

けれど、ふと冷静に考えてみると、この一年間、特に積極的に情報を追わなくてもChromebook周辺はさほど変化はないんですね。水を差しているように思われるかもしれませんが、個人的にはもちろん今も今後も刺激的で可能性も感じていることに変わりはありません。

ただ、実際私が「特に何も意識せずに普通に使っていた2年弱」と「積極的に追い続けてきたこの1年」、急に色々と進歩のスピードが上がった訳ではありません。(もちろんGoogleサービスなど周辺の環境は常に変わり続けてはいますが)もちろん停滞している訳ではありませんが、このあたりは他のOSと同様に、ゆったりとした時間が流れていると思っています。

例えば新作モデルの出るペース。ここ最近はSamsung Chromebook Plus/Proの話題盛んで魅力的なモデルが続々と出ているように感じられます。ただ、私が以前からよくスペックやモデルの詳細を確認するのに大変お世話になっているZipso.net — Tech. Guides & Tipsのこちらのページを眺めてみると、

Chromebook specs & performance comparison chart (2017)
Thinking of buying a new Chromebook but not sure which one to choose?
Use our comprehensive specs comparison table and buying guide to quickly see the differences between each model, and find the best Chromebook for your needs.
When Chromebooks first appeared in the summer of 2011, it looked like

特別昨年から今年にかけて多くのモデルが出たわけでもありません。(2015年あたりが最も賑やかです)賑やかだったのは単に1年あまりの間に10台近く購入していた2016〜2017年の私の精神状態だったようです。

実際細かい部分では仕上げやスペックの底上げは多少はあるものの、私が昨年書いたこちらの文章で挙げた$180が一つの基準というもの。

[かぶ] 執筆ならポメラ、ブロガーならMacBookです。でも何となくChromebookが気になっちゃったあなたへ、現行モデルは$180前後をベースで考えましょう。
ここ最近、Chromebookについて書いてきていますが、それでは2016年10月の時点でそれぞれの用途に合わせると、どんなモデルが良いのでしょうか。今回は「人それぞれ」と簡単に片付けず、主観を交えて現在のChromebookの中から考えてみたいと思います。 まずはこんな用途を考えているあなたにオススメのモデルから取り上げます。 私は執筆メインに使いたい。余計な邪魔や誘惑の入らない、文章入力に特化したモデルが欲しい。 @AshRose_919 @N_19970610 いや純粋にね、Chromebookっていうキモいノートパソコンがあって3万円ぐらいで買えるから物書き専用にしよっかなっていう— のこのこ㌠ (@nokonokodx) 2016年10月10日 ポメラ買いましょう。 ちょうど今月末には待望の新モデルDM200も出ることですし、私自身もかなり心動かされています。先ほどのツイートの埋め込みに他意はありません。「キモいノートパソコン」がツボにハマっただけです。 5年ぶりの新ポメラ DM200は価格に見合った性能か?実機をチェック – Engadget Japanese 若者よ、今こそ「ポメラ」を使え!–最新デジタルメモ「ポメラDM200」の魅力 - えんウチ こんなのポメラじゃない。こんなのキングジムじゃない。というわがままな方は、今回の新製品発表で今までのフラッグシップ機DM100の価格がかなり大きく変動しておりますので、タイミングを見計らってこちらを入手するのも手です。 Chromebookは思想的に何となく方向性が似ているような気がするのですが、文章入力、と考えるのであればポメラです。それか無難にWindowsなりMacなりが良いと思います。何よりChromebookはダメではないけれど日本語入力はツメが甘い。単語辞書登録も同期してくれませんしね。これなら普通にATOKとか使ったほうが今までの辞書使えます。また今回のポメラはパワーアップしたATOK入ってますし。 そして、それらとは単純に価格では比較できるものではない、唯一無二の魅力を持っているのがポメラです。これはもうスペック比較で分かるものでもなく、また単なる感傷的な部分でもなく、けれどメンタル面ではかなり大きい重要な部分をポメラはしっかり握っています。

だいぶ取り巻く状況が変わってきたように思っていたのですが、冷静に考えてみると今回のMicrosoftのChromebook対抗モデルと考えられているモデルも$189〜ですし、スペック的に新しい部分はそれほどありません。

[かぶ] Chromebook対抗となる$189〜のWindows 10 S搭載モデルを眺めてみた。

2017.05.03

昨年から今年にかけて大変話題になったSamsung Chromebook Plus

確かに非常に面白いモデルですが、これが発売されて間もなく半年になります。今回Proが発売されますが、特にここ最近Chromebookで注目されているGoogle Playストア対応と対応モデル、対応具合に関しては、厳しい言い方をすれば、この半年どころかこの一年、ほとんど変化はありません。また、今回のProはPlusから4ヶ月弱遅れての登場となりますが、よほどのサプライズを用意しているのでない限り、実質違いは本体色とCPU(OP1とCore m3)のみです。

[かぶ] Samsung Chromebook Proにはですね、もっとこう、パーッと明るくなるような打ち上げ花火を上げて欲しいんです。

2017.05.15

スペックを単純に比較するのであれば、Plusと同時期に発売されたASUSのC302CAと大して変わりはありません。

[かぶ] Samsung Chromebook Pro 5月28日発売予定ということで、競合となるASUS C302CAと比較してみる。

2017.05.15

それでも凄いことなんですけどね。これだけ話題になるのは。少なくとも私自身は3年程前から使い続けてきていますが、日本においては当時は普通に各メーカーが日本モデルを発売している状況だったにも関わらず、大して話題にならなかったのです。それが今は少しChromebookと検索すればそれなりに話題になっている状況です。

なぜこんなネガティブなことを書いているかというと、今回はうまく波に乗って欲しいなぁ、と思っているからです。米国市場でのシェアは急激に大きくなりましたが、日本はまだまだこれからです。そして少しずつ期待値も高まり始めている。更にMicrosoftも市場においてはChromebook対抗を打ち出してきた。面白いじゃないですか

だからこのちょっとした(まだ僅かですが)加熱し始めているChromebookを取り巻く状況が変な方向で転んでしまうのが、Chromebook好きとしては不安だし、そうなってしまうと寂しいな、と思ってしまうのです。

だからこそ、なんかChromebookで十分、もう○○は要らない、みたいな不毛な争いなんてしてないで、またChromeOSに何から何まで期待する(あれも出来るこれも出来る)のではなく、期待だけが膨らみすぎずに冷静な目で立ち位置を定めて、これから先の可能性に向けて着実に歩んでいって欲しいなぁ、と思っています。

[1420-201703] 私は何故ここまでChromebookにハマるのか。ChromeOSにPCの未来を感じ、ワクワクする理由。 | Life Style Image
既におふぃすかぶ.jpで最近になって複数回に渡って取り上げ、またこちらでも久しぶりに少しまとめたChromebook。 Chromebookが日本でも少し話題になり始める中で、「速くて軽い」イメージの影に隠れがちな、選ぶ際のポイントを改めて考えてみます。 | Life Style Image Chromebook自体は2年以上使ってきて、その魅力についても既にある程度自分の中ではイメージが出来てきていたつもりでした。ところがここ最近の魅力的な新作の発表と、また毎日情報を追い続けるようになったことで、ある程度自分の中に情報と知識が蓄積されてきたことで、かえって本来の魅力を見失う、見にくくさせてしまっていたのかな、と今更ながら感じています。 ChromeOSとはGoogleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまで仮の入れ物の内の一つです。 | Life Style Image ChromeOSは他OSを排除するものではなく、新たなスタイルを加えてくれるものの一つ。対応端末はそれを自然にしてくれるツールに過ぎません。 | Life Style Image 今も前述のような捉え方は大きくは変わっていませんが、ここ最近、改めて振り返る中で、またChromebookの中ではハイスペックなモデルを数多く使う中で、私の中でもChromeOSというものについての認識が少しずつ変化してきています。また「思想」とかそういうことを書くと「宗教だ」などと思われるかもしれませんが、私が何故このサイト(Life Style Image)においてここまで繰り返し取り上げ、またおふぃすかぶ.jpにおいてもその日々を書き続けているのか。 それは単純なスマホなどに対する「趣味」としての感覚とはまた違って、高校生の頃から使ってきたPCというものの未来をChromeOSに感じているからです。使えば使うほど、そのシンプルながらも今後のPCの一つの方向性ともなりうる非常に大きな可能性に満ちたスタイルだと思っています。そこに私はワクワクするのだと思います。 このあたりの話を、先日より私と同じくCore i5版のThinkPad 13

スポンサーリンク

スポンサーリンク