[かぶ雑感] みんな、どんな場所でどんな風に使っているんだろう?あなたのChromebookが見てみたい(2020.1.15)。

[かぶ雑感] みんな、どんな場所でどんな風に使っているんだろう?あなたのChromebookが見てみたい(2020.1.15)。

シェアする

私、普段Chromebookに関して感じたことはその場でTwitterでツイートしてしまいます。結構長文、何ツイートになることもあって、フォローいただいている方々には少々申し訳ないのですが、その過程である程度自分の中で考えがまとまってきてブログの文章になることもあります。ただ、反対にツイートしてスッキリしちゃって文章にまとめる気力なくなってそのまま消えていってしまうモノも多く、勿体ないなぁ、と思っていました。

そこで、気がついた時にこちらで[かぶ雑感]という形で残しておきたいと思います。普段に比べて細かいスペックやリンクなどは調べずに書いていきたいと思いますので、Twitterされてない方や「ついでだから雑談にも付き合ってやるか」という方はお付き合い頂けたら、と思います。

今回はこれ。

昨年は大物のChromebookを揃えてしまったこと、更に用途別にも揃ったこともあり、年明けのCESでの新作モデルの発表も比較的冷静に眺めておりました。で、最近はむしろChromebook周りの環境構築に意識が向いています。要は、

いま手元にあるChromebookを如何に気持ちよく、楽しく使えるか

ということです。

国内において入手出来るChromebook情報はほとんどがハードウェア的な話に偏っていて、ソフトウェアや技術的な話がほとんどないのが、Chromebookがメジャーになれない原因の1つ、と言う方もいらっしゃいます。私は別にハードウェア偏重のつもりはなく、単に自分が楽しいことを書いてるだけです。なので、是非みなさんもそれぞれにソフトウェアが好きな方、技術的な話が好きな方がどんどん発信して、偏らずに満遍なく情報が目に入る国内のChromebook情報にしてほしいな、と思うのですが、意外とハードウェアの話でも、Chromebookと一緒に使っているアクセサリーや作業環境、といった話ってほとんど出てこないな、とふと思いました。

Chromebookはシンプルで手軽で安いのが魅力なのに、色々買い揃えたら本末転倒

と思われるかもしれませんが、そんなあなたでも持ち歩く際にどんな鞄に入れてるか、とか、どんな机で使ってるか、その机の上でどんなモノに囲まれているか、といったことは人それぞれに違うと思うんです。そして、そこにその人らしさというか、それぞれのChromebookとの付き合い方があると思っています。

鞄の中身や本棚を見れば、その人のことが何となく伝わってくるように、その人の作業環境を見れば、その人の好みが分かると思います。

もちろん何も気にせず、何も足さず、Chromebookのみをいつでもどこでも使っている、という方もいらっしゃるでしょう。でも、それだって、その人らしさみたいなものだし、もしかしたらさり気なく天板に何か貼ってるかもしれません。むしろ貼りまくってるかもしれない。そういうのって眺めてると楽しくないですか?

私、昨年末にこのブログでも幾つかそんな感じの文章を書きました。

いやぁ、かなり時間かけて書いたのですが、悲しいほどに反応ありませんでした。Chromebookに興味ある方って、あまりこういう話題、興味ないのかもしれませんね。ちなみに、これだって私の普段使いの一面ですし、私の場合はChromebookに限らず、Windows PCでも、天板にはステッカー等は一切貼りません。それも私らしさ、と言えるかもしれません。

あなたはどんな風に使っていますか?直接Chromebookと関係ないとしても、どんな場所でどんな風に使ってるのかな?

そんな話も盛り上がるようになったら良いな、と思っています。

ちなみに、以前SlackのChromebookのワークスペースでそんなチャンネルを作ったのですが、ほとんど投稿はありませんでした。でもめげずにこれからも発信していきたいと思います。また、今回答を募集しているChromebook会報誌Day 4のアンケートでも気軽に写真とコメントをアップロード出来るようになっていますので、是非あなたも一緒に楽しめたら良いな、と思ってます。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。