[かぶ] OCR対応のメモアプリ「一太郎Pad」(iOS / Android版)が公開。早速Chromebookで使ってみた。

[かぶ] OCR対応のメモアプリ「一太郎Pad」(iOS / Android版)が公開。早速Chromebookで使ってみた。

シェアする

スポンサーリンク

私はMS-DOS時代からのATOK&一太郎ユーザーです。と書くとなんか本格的に執筆に使ってたり、プロ仕様だったり、使いこなしているかのように聞こえますが、単純に日本語入力システムとしてなんとなくそのままATOKをこの20年以上使い続けてしまった、というだけです。なので、正直私の場合猫に小判状態です。

ただ、ATOK、やっぱり安心感があるんです。スマホ(Android)もATOKだしWindowsもATOKです。なので、欲を言えばChromebookでもATOKが使えれば非常に嬉しいです。一太郎の方は‥そもそもWordも一太郎もろくに使ってこなかったし今も使っていないのですが、最近電子書籍を出すようになって、そのときだけはかなりお世話になっています。

さて、前置きが長くなりましたが、本日2020年2月7日、ジャストシステム社は、一太郎の最新版「一太郎2020」の発売に合わせて

新たにスマートフォン&タブレット用アプリとして「一太郎Pad」というメモツールを公開しました。

こちら昨年12月の記事ですが、なんか読んだような覚えもなくはないですが、ほぼ忘れていました。それが今日、

こんなツイートを見かけまして、思わず反応してしまったわけです。やっぱりATOK&一太郎ユーザーですから。

そしてAndroidアプリということは、Chromebookでも使えるかもしれない。もしかして昔出て、後半はほとんどサポートも放置されていたATOK PadやTweet ATOKのように、強制的にATOKが使えるような素晴らしいアプリなのではないか、と。

前述の記事で追記訂正があったのですが、

「初出時、「一太郎Pad」にATOKの文字入力機能を搭載しているという記述がありましたが、これは誤りです。読者の皆様にご迷惑をかけたことをお詫びし、記述を訂正いたします。

なお、一太郎PadではiPhone/Androidで設定した文字入力エンジンと併用するメモアプリとなっており、ATOK for iOS/Androidを別途インストールして使うこともできます。」

とのことで、ATOKは非搭載のようです。まぁ無料アプリですしね。最近の一太郎買うと付いてくるメモアプリみたいなものでしょうか。その点では少しアテが外れましたが、考えてみたらATOK下手に強制的に動かされてもChromebookだと却って使いづらいかもしれません。

で、早速我が家のChromebookに入れてみました。

上記画像はGoogle Pixel Slateに入れたときの起動画面なのですが、一太郎の一のロゴがまた一太郎です(よくわからない説明)。で、今回少し話題になったこともあって、Chromebookユーザーがそれぞれ自分の環境で試してみたようなのですが、インストールできるモデルが結構限られている様子。

現時点で「インストールできた」という報告があったのは主に教育市場向けモデルに多いインカメラだけでなくアウトカメラも搭載したタイプのモデル(Acer Spin 11やLenovo 500eなど)とデタッチャブル、タブレット単体で使えるモデル(Pixel SlateやChromebook Tab 10やCT100PAなど)のようです。予想としてはこのアプリの一つの売りでもある「OCR機能としてのカメラ」が必要なため、アウトカメラの有無でインストールの不可否を判定しているのではないか、と勝手に予想。

ひとまず起動して使ってみて気づいた点としては、

  • ウィンドウサイズは可変
    最大化も出来るし、自由に移動、ウィンドウサイズの変更も可能。タブレット時は最大化。
  • 改行が「Enter」ではなく「Shift+Enter」。
    Enterだとカーソルがどこかに消える。ただ、Enterでも改行できた、という報告もあり。
  • 日本語入力システムはChromebookに準拠なのでChrome日本語入力
    タブレットモード時のソフトウェアキーボードも同じ。
  • エディタとしては必要最低限なので、あくまでメモツール
    ただ、スマホやタブレットで使うとまた印象は変わるかも。
  • カメラを使ったOCR機能は結構優秀。
    気軽に使えるので、気軽に取り込んでPC版一太郎への橋渡し役として使うのにも良いかも。

まだ使い込んでいるわけではないのですが、それなりに面白いツールかな、と思いました。実際Twitterで軽く検索してみた限りではスマホやタブレットで使っている人の反応は総じて悪くない(むしろ好印象が多い)様子。ただ、Android版はOCR機能を使おうとしてカメラを起動するとエラーが出て終了する、というような報告も出ているので、このあたりは今後のアップデートに期待か。どうも従来からiOS版ベースに開発されているような印象がJustsystemsのこの手のアプリには見られるので、この辺気になるところではあります。

設定ボタンはあるのですが、現時点では設定できる項目が一つもありません。まぁメモパッドだと思えば仕方ない部分もありますが、冒頭の発表が12月、公開が2月です。それ以前から開発していたわけですし、もう少しカスタマイズが出来る状態で出してほしかったかな、という気もします。

で、結構評価が高いのがこのカメラを用いたOCR機能

タカシマヤ銘菓百選のチラシを試しにスキャンしてみました。

試しに今回、新宿タカシマヤの地下1階、銘菓百選コーナーのチラシ(今月分)をスキャンしてみました。毎月結構上品で一般的な市販の和菓子に比べてより一段階上の素敵な和菓子を予約販売等しているのが魅力です。我が家も毎月結構お世話になっています。

Pixel Slateのカメラが起動、撮影された中から、読み込ませる箇所を選択します。

上記写真の選択部分がそのまま文字として取り込まれます。
右上の画像マークをクリックすると読み込んだ写真を見ることができます。

ちょっと掲載画像が見づらいですが、思ったよりも優秀にスキャンできています。これだけ出来れば、あとは細かい部分を多少手直ししつつ、整形加工して、その上でPC版の一太郎(ただし連携できるのは最新版の2020のみ)で作業の続きが出来そうです。これは面白い。

また、PCとの連携自体は一太郎2020のみですが、既に試された方によると、

結構使い方によっては色々と楽しめそうな気がしています。

あと、改行についてもこんなリプライを頂きました。

早速ジャストシステムにもメールを投げてくださったようなので感謝。こうしたフィードバックがしっかり反映されてアップデートがマメに行われていくと、なかなか面白いアプリになるのではないか、と思います。

現時点ではまだリリース当初。また基本的には最新版「一太郎2020」の補助的なアプリのような立ち位置かもしれませんが、今後の展開に期待しています。放置状態だけはないように願いたいですね。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の5冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

「100人いれば100通りのChromebookとの付き合い方がある。それぞれの365日がある。いろいろな人の、いろいろな形の、いろいろな365日を眺めてみたい。」

そんな想いから2018年後半から季刊ペースで出しているのがこちらです。この本は「実際にChromebookを使っている(もしくは興味を持っている)ユーザーたちで作り上げる会報誌」です。

毎回事前に寄稿者やアンケートの回答を募り、それらをまとめて作っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。