[かぶ雑感] 世の中には、私たちの知らない「ハイエンドなChromebookが求められる世界」があり、そんな世界に可能性を感じているメーカーがある(2020.3.24)

[かぶ雑感] 世の中には、私たちの知らない「ハイエンドなChromebookが求められる世界」があり、そんな世界に可能性を感じているメーカーがある(2020.3.24)

シェアする

スポンサーリンク
私、普段Chromebookに関して感じたことはその場でTwitterでツイートしてしまいます。結構長文、何ツイートになることもあって、フォローいただいている方々には少々申し訳ないのですが、その過程である程度自分の中で考えがまとまってきてブログの文章になることもあります。ただ、反対にツイートしてスッキリしちゃって文章にまとめる気力なくなってそのまま消えていってしまうモノも多く、勿体ないなぁ、と思っていました。

そこで、気がついた時にこちらで[かぶ雑感]という形で残しておきたいと思います。普段に比べて細かいスペックやリンクなどは調べずに書いていきたいと思いますので、Twitterされてない方や「ついでだから雑談にも付き合ってやるか」という方はお付き合い頂けたら、と思います。

今回はこれ。

元となったのは、国内外にその名を轟かす世界のHelenTech.netのこちらの記事。

さらに、過去の情報で「Jinlon」にはデュアルファンコントロールに関するコミットが見つかり、「Mushu」と呼ばれるモデルでdGPUを搭載するモデルの開発も進んでいることから、もしかした大型のハイエンドなChromebookである可能性もありそうです。

最上段のファンクションキー(F8)がプライバシースクリーンの切り替えになったり、第10世代CPU、LTE対応、もしかしたらdGPUなど、かなりのハイエンドなモデルが予想されます。実際今年話題のASUS Chromebook Flip C436FASamsung Galaxy ChromebookはIntelの推し進めているProject Athenaの提示するスペックにChromebookでありながらほぼ適合していたり、と従来のイメージとは違った方向のモデルも出てきています。

で、最近話題になり始めたChromebook、まだまだ「安さが魅力」「低スペックでもサクサク」という部分ばかりが強調されてしまっていて、「ハイスペックのChromebookなんて本末転倒」「迷走している」「それだけのお金出すなら〇〇買うでしょ」といった声も訊かれます。

また、そこまでではなくても、新たに興味を持たれた方の中には「Chromebookって安いと思って見に行ったら、別に安くないじゃん。低価格Windows PCと大して変わらない」といったイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

そうした方々にとって、今回のこのJinlonのようなモデルは「意味が分からない」と思うのですが、これらは現時点では

Enterpriseの話

です。そして、冒頭のツイートでも触れたように、

メーカーもおふざけや軽いノリでハイスペックChromebookを開発、販売するわけではありません。
売るからにはそれなりの需要があると読んでのこと(ビジネスですし)でしょうし、また、それだけハイスペックなChromebookが今後求められる(需要がある)ということ

ではないかと思うのです。実際に現時点で既にハイスペックなEnterprise向けChromebookは出ています。DellのLatitude 5300 2-in-1 / 5400 Chromebook Enterpriseです。

私はこちらのスペックを最上位まで上げて(Core i7、32GB RAM、1TB NVMe、LTE搭載)購入し、今愛用しています。実際私の用途では本来Enterpriseで想定している使い方の1割にも満たないかもしれませんが、非常に快適で余裕があり、使い方次第ではかなりの可能性があると感じています。そして、このモデル、実際にそれなりに企業では導入が始まっています

つまり、私たち個人ユーザーが知らない世界では、この種のハイスペックなChromebookが普通に導入が検討されるような世界がある、ということです。私たちの世界観では「仕事には不向き」と思っていても、実際にはむしろChromebookのEnterpriseモデルのほうが使いやすい、便利だ、と考えている世界がある、ということです。

いや、クリエイティブな仕事では使えないって

とクリエイティブなあなたは思うかもしれませんが、世の中はあなたの考えるような類のクリエイティブな仕事だけではありません。あなたにとってそのクリエイティブな用途に最も適したPCが存在するように、広い世の中、別の意味でクリエイティブな用途に最も適したPCとしてEnterprise向けのハイスペックなChromebookが求められていたとしても不思議ではないと思っています。

もちろんだからといって、私たちが無理にハイスペックなChromebookを使う必要はありません。そしてどう使おうと私たちの自由です。

ただ、それだけ今のChromebookは様々な分野で幅広い可能性を持っている、ということだけでも、私はこれから先がますます楽しみなのです。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の5冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

「100人いれば100通りのChromebookとの付き合い方がある。それぞれの365日がある。いろいろな人の、いろいろな形の、いろいろな365日を眺めてみたい。」

そんな想いから2018年後半から季刊ペースで出しているのがこちらです。この本は「実際にChromebookを使っている(もしくは興味を持っている)ユーザーたちで作り上げる会報誌」です。

毎回事前に寄稿者やアンケートの回答を募り、それらをまとめて作っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。