[かぶ] CES 2020で発表されたSamsung Galaxy Chromebookについて、かぶ的視点でまとめてみます。

[かぶ] CES 2020で発表されたSamsung Galaxy Chromebookについて、かぶ的視点でまとめてみます。

シェアする

スポンサーリンク

今年のCES 2020では魅力的なChromebookが色々と発表されました。既に各所で記事になっていますので、既にご覧になった方も多いでしょうし、とっくに情報収集を終え、あとは購入検討に移られている方もいるのではないでしょうか。

ということで、当ブログでは改めてそれぞれのモデルについて眺めつつ、私なりの視点でまとめてみたいと思います。

今回は日本でもお馴染み、Samsung Galaxy Chromebookです。

Samsung Galaxy Chromebook

ここ最近Chromebookでは大人しかったことから、一部の心無い方々からは「Googleに散々難題吹っかけられて、騙されて、キレてChromebookからは撤退した」とか言われていましたが、Samsung自体は前回国内でも非常に話題になったChromebook Plus / Pro以降もPlus V2、V2 LTE、そして昨年はSamsung Chromebook 4 / 4+など、派手さはないものの堅実なモデルを北米市場では販売し続けています。

要はSamsungにとってChromebook自体が北米事業部独自の企画のため、北米等以外の展開を考えていない(世界展開を考えていない)だけで、そのため国内のガジェット系メディアでも余程話題性のあるモデルでもない限り取り上げられることがなかった=国内でSamsungのChromebookのその後の展開を興味ある人間以外は知らなかった、というだけです。

ちなみに結構誤解されがちなのですが、本国韓国に行ってもChromebookは売ってません。これ、Chromebookあるあるなのですが、台湾メーカーが多いので台湾に行けば日本で売ってないChromebookが買えるのではないか、と思われがちですが、笑顔で「ありません」と言われます。第一もし韓国で展開されればキーボードはハングルだし、台湾なら繁体字になるわけで、日本で使うにはなかなか手強い気もしますが。

ということで少々脱線しましたが、スペックから。メディアによって既に細かい部分まで載せているところもあるようですが、一応Samsungのプレスリリース(参照:Elevate the Google Experience with Samsung’s First-Ever Galaxy Chromebook – Samsung US Newsroom)を元に書いています。

Finish / Color Fiesta Red, Mercury Gray
Processor Intel® 10th generation Core™ Processor
Memory Up to 16GB (LPDDR3)
Display 13.3” 4K AMOLED Display (3840×2160), Touch Screen
Storage Up to 1TB SSD
Interfaces USB-C (2) | 3.5pi HP/Mic | UFS/MicroSD Combo
Keyboard Backlit / Fingerprint sensor
Wireless Connectivity Wi-Fi 6 (Gig+), 802.11 ax 2×2
Bluetooth V5.0
Weight and Dimensions 302.6 x 203.2 x 9.9mm / 1.04kg
Pen Built-In Pen

Fiesta Red!良いですねぇ。今回の中でも特に注目度が高かったのは、この赤のインパクトも大きかったのではないかと思います。発売は「Q1 2020」、価格は$999.99からですが、この価格だと最下位構成になると思うので、どの辺りに落ち着いてくるかは今後に注目です。

以下、製品仕様について少し細かく見ていきます(面倒な方は飛ばして次にお進みください)。

まずはFinish / Color。前述のFiesta Redばかりが取り上げられがちですが、今回Mercury Grayも同時に展開されます。ただ、プレスリリースやプレスキット眺めてみても、Fiesta Redの画像しかないので、その点はちょっとGray、可哀想です。

Samsung Galaxy Chromebook

公式の動画見る限りだとMercury Grayもなかなか落ち着いた感じの大人の雰囲気もあって、良い感じだと思うんですけどね。

CPUはIntelの第10世代Coreプロセッサーとだけ表記があります。前回取り上げたASUS Chromebook Flip C436FAが14nmプロセス製造のモデル(開発コードネーム:Comet Lake)だったこともあり、またChromebook自体従来から基本的には似たようなハードウェアプラットフォームやスペック構成で固めつつ、そこに多少メーカー毎のスパイスが加わる、といった感じなので、恐らく10nmプロセス製造のIce Lakeではない、と思っています(Displayが4K AMOLEDなので、グラフィック性能に振ったIce Lake、というのも一瞬考えたんですけどね)。

尚、ここで「似たようなハードウェアプラットフォームやスペック構成」と書いたのは、同じく発表されたASUS Chromebook Flip C436FAと指紋センサーの位置(右上電源ボタン)や底面の給排気口、インターフェイスなどの構成がほぼ同じだからなんですね。液晶サイズや対応するペン(Galaxy Chromebookは恐らくEMRペン、C436FAはUSIペン)の違いはあっても、そこは大きな違いはないのかな、と思います(OS側での対応が複雑になりますし)。

ということで、各メディアの紹介動画等を眺めていると結構目立つ底面の広めの給排気口を見る限りでは、Galaxy ChromebookもC436FA同様、Comet Lake-U、ただ、i3〜i7までで4種類ある中でどれを採用してくるのかは分かりません(各種メディアだとi5と触れられていますが)。

個人的に多少気になるのは、この本体の厚さ(9.9mm)にYではなくUのCPUを載せ、4K AMOLED Displayで4K表示させて使った時の発熱です。他OSに比べるとそこまで激しい負荷をかけるわけでもないのですが、私が普段、第8世代Whiskey LakeのCore i7-8665Uを載せたDell Latitude 5400 Chromebook Enterpriseで4K液晶に外部出力させて使う際には底面がほんのり暖かくなりますし、Pixel SlateなどのY品番のモデルで出力した時にはそれなりに暖かくなるので、この辺りちょっとだけ興味があります。

ただ、実際最近ではPixelbook Goでも4K液晶モデルが出ましたし、この辺りの負荷と発熱(排熱)については最近のモデルでは問題ないのかな、という気もしてはいます。

指紋センサーについてはC436FAと同じ。現時点ではG Suiteアカウントでは使えず、また使える場面も起動時のサインインは不可で、あくまでスリープからの復帰時のロック解除に限られます。

今回話題の2モデルが立て続けに対応となりましたし、この機会にOSのアップデートなどで改善されると嬉しいのですが。

そして個人的に結構気になっているのがKeyboardです。

もちろん厚みがあれば必ず打ち心地が良い、という訳ではないのですが、今回のモデル、天板側(液晶側)と合わせても9.9mmです。その薄さを魅力と感じる方も多いようですが、本体側の厚みを考えると、個人的にどの程度のキータッチになるのか気になるところです。

ChromebookでもPixelbookシリーズなど、薄くてもキーボードの評価の高いモデルはあるので、ここはSamsungの腕の見せ所ですね。

日本での発売はほぼなし。Samsungは販売店も限られていて、北米メキシコ以外はサポートしないので、その点に注意。

今回、Twitterなどを眺めていても、やはりこのモデルのインパクトは大きかったようで、様々な反応を目にすることが出来ます。

「Chromebookの理想形」「これならChromebookでなければ良かったのに」「絶対買う」

ただ、実際には日本での発売に関しては前述の通り、日本法人が余程力を持っていて北米事業所(米国法人)の専売モデルを強引に持ってくるくらいの気概がない限り、日本発売は難しいと思います。HPに関しては以前から上からは「日本でも出さないの?」と言われながらも、コスト面やリスクを考えて日本法人側が出さない、と判断していただけなので、昨年のような突如発売とその後の個人市場向けの積極的なプッシュといった嬉しい誤算もありましたが、Samsungは‥。その点は残念です。

また、同様に現時点ではサポートも北米及びメキシコに限られています(メキシコが今回含まれているかは不明)。当然技適マークの外側へのコピーの印字、といったサービスはありませんし、何か遭っても日本法人的にはサポートのしようもないと思います。また、米国Amazonで発売されたとしても、運良くAmazon自身が発売、日本直送可になれば初期不良などの対応はしてもらえますが、直送不可で転送サービスを間に挟む場合には、多少面倒にもなります。BestBuy専売とかなると余計に面倒(転送も不可)ですしね。

ということで、その辺りも含めて「それでも試してみたい!」という人向けの製品になってくるので、この後発売までの期間でどの程度冷静になってしまうかが気になります。「日本で発売してくれれば必ず買ったのに」という「もし〇〇だったら買った」パターンの声が溢れそうな気もします。

ということで、前回同様、私は買うか、という話で締めたいと思いますが、現時点では一応買う方向で考えています。文中にあまり暑さ(暑苦しさ)が感じられない割に、前回のC436FAのときの様子見と違って買う方向で考えているのは、単純に入手の困難さが私の心を煽るから、という部分が大きいのかもしれません。ただ、C436FA同様、自分の用途と手持ちのChromebookの構成を考えると完全に被るので、今のところは「買う方向で」。ただ、発売したら気持ちを抑えきれずに祭りに参加してしまう気がしています。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の5冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

「100人いれば100通りのChromebookとの付き合い方がある。それぞれの365日がある。いろいろな人の、いろいろな形の、いろいろな365日を眺めてみたい。」

そんな想いから2018年後半から季刊ペースで出しているのがこちらです。この本は「実際にChromebookを使っている(もしくは興味を持っている)ユーザーたちで作り上げる会報誌」です。

毎回事前に寄稿者やアンケートの回答を募り、それらをまとめて作っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。

Samsung Galaxy Chromebook

以下、製品仕様について少し細かく見ていきます(面倒な方は飛ばして次にお進みください)。

日本での発売はほぼなし。Samsungは販売店も限られていて、北米メキシコ以外はサポートしないので、その点に注意。

  • Samsung Galaxy Chromebook
  • 以下、製品仕様について少し細かく見ていきます(面倒な方は飛ばして次にお進みください)。
  • 日本での発売はほぼなし。Samsungは販売店も限られていて、北米メキシコ以外はサポートしないので、その点に注意。