[かぶ] ひらくPCバッグnanoってASUS Chromebook Flip C101PA持ちには最適じゃないかとふと思った。

[かぶ] ひらくPCバッグnanoってASUS Chromebook Flip C101PA持ちには最適じゃないかとふと思った。

スポンサーリンク

まだ購入していないので、写真はSUPERCLASSICのサイトからお借りしました。

追記:2017年12月15日 18:00 更新

一昨日夜に注文しまして、本日届きましたので、早速最初のレビューを上げました。

結論から言えば、 押し込めば入ります。ただ、出し入れはちょっと窮屈です。 ということで、先日より気になっていたスーパーコンシューマーの「ひらくPCバッグnano」を購入しました。一般的な開...

C101PAに関してはギリギリ入るけれど、ちょっと出し入れは窮屈でした。それ以外の使い勝手に関しては非常に満足しています。興味のある方は合わせてご覧いただけますと嬉しいです。

以下、本文に戻ります。

-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.

本日から発売ということで早速ネット上では話題になっている、ひらくPCバッグnano。恐らく以前からこのシリーズを愛用されていた方、特にラップトップPCよりも最近はiPad Proなどを持ち歩くことが多くなってきた方には待望の商品ではないか、と思います。


ちなみに私はMacユーザーではありませんが、今年の夏頃から夫婦お揃いでひらくPCバッグminiを愛用しています。

ひらくPCバッグmini

今日は妻とお出かけ中ですが、持ってきたのは妻とお揃いのひらくPCバッグmini

ひらくPCバックはあまり入れすぎると流石に肩と腰が辛いので、最近はラップトップPCを持ち歩く際にはリュックが多くなってきたのですが、それでもChromebookとあと少し、くらいの荷物が少ないときにはやはり非常に便利です。

Google Pixelbook

今日は妻といつものカフェでお茶しながら(妻は読書中)、Pixelbookからこの文章を書いています。

最近このバッグ(mini)で持ち歩くのはGoogle PixelbookASUS Chromebook Flip C101PAです。ただ、他の荷物と組み合わせたときのトータルの重さではC101PAだとかなり楽。これくらいなら結構気軽に持ち歩けます。やはりC101PAの約900gという軽さは大きいですね。

「ありがとう、ASUS!」 これには2つの想いが込められています。 一つはASUS JAPANのChromebook担当の方へ。 「投げ売り在庫処分する程に寂しかった日本の個人向け市場に...

で、ふと思ったんです。C101PAの時って、Pixelbookの時以上に持ち歩くものが軽く出来ます(なります)。だとしたら、今回のnanoって最適なんじゃないか、と。

ASUS Chromebook Flip C101PAは、前モデルC100PAの頃からネット上でも最適な鞄探しというのを結構目にしてきました。まぁあまりそういうことを考えずに適当に普段使っている鞄に放り込めば良い、という意見もあると思いますが、気に入ってしまうと、つい最適な鞄なども探したくなってしまうものです。

今回のひらくPCバッグnanoは確かに伸びるポケットを引き出せば13インチPCも入れることは出来るのですが、普段使いの状態でも10.5インチのiPad Proがぴったり収納出来るそうです。となれば、10.1インチのC101PAなら問題なさそうですし、スマホ用のモバイルバッテリーや、先日から気になっているLTE対応USBドングル、PIX-MT100辺りを中のポケットに入れて一緒に持ち歩くのにも良いかなぁ、と。

まだ購入しておりませんので、画像は株式会社ピクセラの商品ページからお借りしました。 → 多くのChromebookユーザーにとって、以前から待ち望んでいる機能が一つあります。それが「SIMが使...

ということで、要はかなり気になってます。かなり欲しくなってます。ちょうどC101PAはDecalGirlのSkinを貼ったこともあって、ここ数日更に愛着が増しているところなので、ここは是非欲しい

DecalGirl on C101PA

C101PAとの相性、ホント良いんじゃないか、と思うんだけどなぁ。

妻からも「気になるなら買えば良いのに」と、むしろ「何故そこまで暑く語るくせにまだ買ってない」と先程少し冷ややかな目をされてしまったので、ちょっと買おうかな、と思っております。ただ、先程触れたPIX-MT100もまだ買えてないので‥何か今月出費が続いて少し厳し‥あ、先月はPixelbookとC101PA買ってたか(汗)

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。