[かぶ] Chromebook用としてLTE対応USBドングル ピクセラ PIX-MT100が気になる。

[かぶ] Chromebook用としてLTE対応USBドングル ピクセラ PIX-MT100が気になる。

スポンサーリンク

まだ購入しておりませんので、画像は株式会社ピクセラの商品ページからお借りしました。
http://www.pixela.co.jp/products/network/pix_mt100/

多くのChromebookユーザーにとって、以前から待ち望んでいる機能が一つあります。それが「SIMが使えること」。ネットメインの端末でありながらWi-Fi環境にないと常時接続が出来ないというもどかしさを感じている方も結構いるのではないでしょうか。Chromebookは通信速度自体、実際それ程速い必要もなければ、通信量自体も実際にはそれ程多くはありません。MVNOのSIMでも十分実用的、バックグラウンドでの通信も少ないため、SIM利用にも適した端末だと個人的には思っています。

以前はSIMスロット内蔵モデルも発売されていたことがあるChromebookですが、ここ数年はさっぱりそうした気配もありません。理由は分かりませんが、SIM内蔵モデムを搭載することで価格が上がる、OSの設定が色々と難しくなる、常時接続を考えるとバッテリーの持ちに不安が出てくる、など何かしら事情があるのでしょう。

まぁ、SIM使えることで今より価格が1万上がっただけでも、おそらく「Chromebookは安さが魅力」とばかりに「2万円以下なら買う」「SIMが使えてCore m積んでFHD IPSの液晶載せて1万円台だったら買う」という意見が出てくるのではないか、と思います。普及への道のりは案外遠いかもしれません。

ということで、現時点では私たちは外で使用する際にはスマホのテザリングやモバイルルーター、公衆Wi-Fi等を利用することになります。

せっかく身軽で手軽で気軽なChromebookなので、ネット接続も手軽に出来ると嬉しい。

SIMスロット内蔵を望む声の多くは、この「手軽さ」にあるのではないか、と思っています。端末単体で開けばネットに繋がって、すぐに使える。スマホ的な使い勝手ですね。これ、考えてみればスマホでテザリングしても、モバイルルーターを使っても、それ程煩雑な手順があるわけではないのですが、Chromebook自体の使い勝手がシンプルなだけに、ほんの僅かな手順が意外と面倒だと感じてしまうのかもしれません。

また、テザリングするスマホやモバイルルーター側のバッテリーの持ちも気にしなければならない、というのもなんとなく身軽さ手軽さ気軽さを損ねてしまっているのかな、とも感じます。とはいえ、当面はまだまだSIMスロット内蔵は遠いのかな、とも思います。そんな中、私も先日より気になっているのが、今回取り上げる「LTE対応USBドングル」です。

要はChromebookのUSB端子にこれ挿せば中に入れてあるSIMで通信してくれる、という代物です。給電自体はPC本体から行うので、電池等もなく、また外観も至ってシンプル。購入後最初にWi-Fi接続した際にSIMのAPN設定等を済ませてしまえば、あとは挿して約15秒程度で繋がるそうです。これがどこから15秒なのか分かりませんが、挿してからChromebookの電源入れてサインインすればちょうど頃良いタイミングで既に繋がって‥いればいいなぁ、などと考えているのですが、実際どんなものでしょうか。

LTE対応USBドングル PIX-MT100 | 株式会社ピクセラ

コンセントに繋げばWi-Fiルーター的に、PCに挿せばUSB接続で直接接続も可。

本体にバッテリーがなく、コンセントやモバイルバッテリーに繋げばWi-Fiルーター的にも使えますし、PCに繋げばWi-Fiルーター兼PCのLTEモデム的に使えるというのがスッキリしていながら必要な部分はほぼ満たしてくれていて魅力的かな、と。

敢えて欲を言えば、個人的にはChromebookで使う予定しかないので、

こんなしっかりした大きさでなくて良い

というくらいでしょうか。もう何なら挿しっぱなしで持ち歩きたいくらいです。でもこの大きさだと挿しっぱなしで鞄に入れたら端子か本体がダメージ受けそうで怖くて出来ません。

あとはやはり価格的に気軽に出せる、というわけにもいかないのが厳しいかな。仕方ないんですけどね。実売1万3千円強は欲しいと思いながらも「あとで買う」リストにしばらく残っているパターンです(実際私自身この商品見つけてから既に数ヶ月経ってます)。

ここ1週間ほど、外出時にはASUS Chromebook Flip C101PAを持ち歩くことが多くなっていまして、この機動力の高さを活かすには、Wi-Fi環境もなるべく手軽(身軽)にしたいな、という気持ちが強くなっております。Google PixelbookLenovo ThinkPad 13 Chromebookではそこまで身軽さ手軽さを強く意識したことがないのは、なんとなくこの2つはしっかり腰を据えて向き合いたい、という気持ちが強くなるからかもしれません。ということで、なんとなくLTE対応USBドングルみたいなものはC101PAにこそ似合いそう(まぁUSB-AなのでPixelbookには元々挿さらないのですが)。

ちょうど今、手元にデータ通信SIMが少々余っておりまして、これ解約するより折角なので活かしたいな、と。毎月繰り越していてもったいない気もしているので。ということで、ちょっと試しに購入してみようかな、などと考えております。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。