[日用品] iPhone SE(2020)はChromebookユーザーの「アカウントを持ち歩く」感覚に似た気軽さも持ち合わせた魅力的な端末です。

[日用品] iPhone SE(2020)はChromebookユーザーの「アカウントを持ち歩く」感覚に似た気軽さも持ち合わせた魅力的な端末です。

シェアする

スポンサーリンク

2020年4月24日に発売されたAppleのiPhone SEを購入しました。

iPhoneは3GSの頃から毎年機種変し続けて使っていた(元SoftBankユーザー)のですが、第1世代のiPhone SEが発売された頃からAndroidスマホに移りまして、それ以降はずっとAndroidユーザーです。

時々iPhone Xが出た時など一時的にサブで持ったことはあるのですが、都度少し使って手放しています。

そんな私、このブログをお読みの方はお分かりのようにGoogleのChromebook愛用者であり、また現在のメインスマホはPixe 4です。ということで特に不便は感じておりませんでした。

にも関わらず今回購入した理由は以下のようなもの。

  1. Apple Watchが久しぶりに使いたくなった。
  2. iPhone(iOS)版しかない幾つかのアプリをどうしても使える状態にしておきたかった。
  3. ヘルスケア関連がGoogle Fitよりも一元化、細かい部分まで集約できるので。

といったものです。これだけの理由なんですが、ただ、これだけは現行のAndroidスマホではなかなか難しい状況でした。それぞれ簡単に触れると、

  1. は時計好きですし、スマートウォッチの中でも質感、スマホとの連携、親和性が最も高いのは現状ではやはりApple Watchなんですよね。そして、後述するヘルスケアアプリとの連携など、流石にApple内で完結させているだけあって、組み合わせに強い
  2. は本当に2つほどなのですが、ただ結構重宝していて、未だにAndroidアプリで代替で同じ使い勝手を実現できているものがないので。必須ではないのですが、ちょっとやはり手元にあると便利なんです。
  3. に関しては、以前Google Fitとサードパーティー製のスマートリストバンド等とのデータの連携について文章にしたことがありますが、元々Fit、記録出来る項目自体非常に少ない。細かく健康を記録していくことで何か役に立っているのか、というと今のところそこまで自信はないのですが、レコーディング(記録)して日々目にすることで健康への意識が高まるのは確かです。その点ではヘルスケアアプリの方が一日の長があります。

ただ、裏を返せばこれ以外には特に不便を感じている部分は今のAndroidスマホにないどころか、却ってGoogleアカウントとG Suiteアカウントを「仕事用プロファイル」で切替ながら使えたり、と使い勝手としては私の中ではAndroidの方が使いやすいんですね。

更に言えば(iPhoneを愛用されている方には申し訳ないのですが)私の中ではiPhoneのカメラの印象があまり良くない。カメラ性能云々以前に、あのセンスのない高らかに鳴り響くシャッター音が、毎年新モデルが出ているにも関わらず一向に改善されないところが非常に勿体なく感じています。あのシャッター音が改善されない限り、私がiPhoneのカメラをメインで使うことはありません。

無音カメラ使え、とか気にしすぎ、とか言うかもしれませんが、スマホのカメラというのは、元々そのスマホの標準のカメラアプリで撮った時に最も本領を発揮するものだと思っているのです(その上で画像編集アプリ等で編集するのは別の話)。

また、イベントや美術館などで静かな会場で方々から鳴り響くiPhoneのシャッター音って私の中ではネガティブな印象しかないんです。こればかりは好みの問題でもありますし、私との縁が悪かった、と思ってください。

ということで、私の中でのiPhoneの立ち位置は、メインスマホにはなり得ないのだけれど、前述の3つのような事情があり、やはり手元に持っておきたいものなのです。ただ、そんな理由で最近の10万超え、下手すると15万円を超えようかというiPhoneを買うことは出来ませんし、もし買ったとしても自分の中で「宝の持ち腐れ」感が生まれてしまって、勿体なく感じてしまうと思うのです。

実際、実は1ヶ月程前に一度iPhone 11 Proも買っています。ただ、購入初日からそんな感情が渦巻いてしまって、結局使っていて落ち着かなく、1週間弱で手放してしまった、という苦い想い出がありました。

そんな中での突然のiPhone SEの発表。価格も5万円前後。私はカメラは要らないし、指紋認証も、むしろ普段Pixel 4が顔認証のみでマスク時や寝起きの眼鏡かけてない状態だと反応しないのに不便を感じていたこともあり、歓迎です(あと、顔認証に対応していない銀行系アプリも多い)。

それでいてスペックは最新11に近く、ワイヤレス充電Wi-Fi 6(自宅ルーターが対応してないけど)にも対応など文句ありません。eSIMにも対応してくれたので、ここ最近取り上げている楽天モバイルMNOも使えます。当然Apple Watchも使えますし、私にとってはまさに理想のサブ端末でした。

ということで届いて3日程。非常に気持ち良く使えています。この価格なら何も言うことはありません。

カメラが貧弱?私自身元々使わない、というのもありますが、でも元となっているiPhone 8のカメラだって、発売された当初は貧弱どころか「カメラが素晴らしい!」って高評価だったんですよ。単に数年経って、より高性能のカメラが出ただけであって、別に貧弱なわけではない。というか、みんなどれだけ凄い写真日々撮ってるんですか。

現在、物理SIMはdocomo。プランを最低限のものにして、番号だけ残しているような感じです。で、副回線としてeSIMで楽天モバイルMNO(Rakuten UN-LIMIT)を入れて使っています。

ということで、特に真新しいこともないのですが、折角なのでChromebookユーザーの視点から少し書いてみると(少し前にTwitterでも触れたのですが)

普段、Chromebookについて「ChromeOSとはGoogleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまで仮の入れ物の内の一つ」と発信してきた私。

そんな身軽さ、手軽さに魅力を感じている訳ですが、端末に依存しすぎない、あくまで端末本体は一時的に快適に使うための仮の入れ物という感覚を、実は今回(普段愛用しているAndroidスマホ以上に)iPhoneに感じました。

iPhoneは一般的に高い、高くなり過ぎた、と言われています。ただ、日本国内のスマートフォンにおいて、これほどリセールバリューの高い端末は他にありません。1年使っても、そこまで値下がりせずに買い取りして貰えます。ということは、1年毎に買取をしてもらいながら、そのお金を次のモデルへの資金に充てれば、実質毎年そこまで高い金額を払わなくても常に最新のモデルが使える、ということなんですね。ハイスペックのAndroidスマホを1年毎に乗り換えるよりも余程安上がりで済ませられます。

そして、iOS端末であれば、iCloudでバックアップをとり続けることで、新しい端末に乗り換えてもあっさり移行が終わります。実際私も少し前に1週間だけ使った11 ProのデータをそのままSEに移しました。幾つかのアプリは再認証が必要でしたが、それでもAndroidほどメーカー毎のバリエーションに富んでいる訳ではないので、大きな障害や無駄もなく移行が可能です(Androidが移行が出来ないわけではありません)。

ということは、本体は常に自分のApple IDとそれに紐付けられたiCloudにあり、それは使い込んでいくにつれてどんどん自分用にカスタマイズされていく。それを手元にある自分の「今の」iPhoneに一時的に下ろして使っている、という感覚が強い。その点で、iPhone間での乗り換え、切替が非常に楽です。

中にはキャリアの割賦を使ってiPhoneを購入されている方もいると思います。確かに月々の金額は安く上がる(ように思え)ますが、残債がなくなるまでは機種変が難しい。更に買い取り価格も残債があれば一気に下がります。

以前のように様々な優待割引等があった頃ならそれも良かったのかもしれませんが、現時点ではキャリアで購入するメリットは(今回も5千円以上キャリア版の方が高くなっていますし)薄れたのではないか、と思っています。

この考え方は、一度iPhoneを買ったら5年でも6年でも壊れる、サポートがされなくなるまで使う、という方にとっては受け入れられないかもしれません。勿論そういう使い方もありだと思いますが、端末自体を本体、主体と考えるか、それともデータ(とApple IDやiCloud)を主体と考えるか、で気持ちがだいぶ変わってきます。

私自身もChromebookを使い始めるまでは「端末自体を大切に長く使っていく」という意識だったのですが、最近はあくまで仮の箱として、より自分のアカウントとデータを快適に使うためにその都度最適なモデルに乗り換える、という感覚が強くなっています。それを今回は、Androidスマホ以上にiPhoneに感じました。

ということで、今回のiPhone SEは普段Androidスマホを愛用している方にも充分アリな端末ですし、案外Chromebookユーザーとも相性が合う(端末同士の連携、という意味ではなく、使い方の感覚的な部分で)のではないか、と思っています。

勿論Googleドライブだったり、同じGoogleアカウントでの使い分けや連携、といった意味ではAndroidスマホとのほうが相性は良いとは思うんですけどね。ただ、よりアカウントを持ち歩いている感はiPhoneの方が強く感じました。

iPhoneの最新モデルは確かに10万超えはザラです。以前ほど容易には買えなくなってきているのも確かです。ただ、意識次第ではとても気軽に、気楽に使える端末だろうな、と改めて思いました。

そんな感覚を体験できる端末としても、今回のiPhone SEはその入り口として、とても魅力的だと思っています。(この端末を散々使い込んでiOS端末が肌に合えば、いつでも最新のモデルなどに切替が出来ますし)

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の5冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

「100人いれば100通りのChromebookとの付き合い方がある。それぞれの365日がある。いろいろな人の、いろいろな形の、いろいろな365日を眺めてみたい。」

そんな想いから2018年後半から季刊ペースで出しているのがこちらです。この本は「実際にChromebookを使っている(もしくは興味を持っている)ユーザーたちで作り上げる会報誌」です。

毎回事前に寄稿者やアンケートの回答を募り、それらをまとめて作っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。