[かぶ] Chromebookは「仮の入れ物」。中には何かが入っているようで入っていない、そんな不思議な感覚が私を惹きつけています。

[かぶ] Chromebookは「仮の入れ物」。中には何かが入っているようで入っていない、そんな不思議な感覚が私を惹きつけています。

スポンサーリンク

また変なスピリチュアル系の話になるのか、と警戒された方もいるかもしれませんが、この感覚、私は2年前に初めてChromebookを使い始めて5日目に書いた文章でも同じようなことを書いています。

Chromebookを使い始めて5日目。どうやら今の私の用途とスタイルにはピッタリの、絶妙な存在のようです。本当に素晴らしい。もう聞き飽きましたか?ごめんなさい。でも、もう何度でも書いてしまいます。 ...

このChromebook、散々色々文章を打って、アプリも入れて、環境も自分に合うようにカスタマイズしました。この5日間。けれど、多少の違いはありますが、簡単に言えば、これらの設定やファイル、作った文章から加工した画像。

何一つこのC720というコンピュータの中には入っていないんです。

全てクラウドに保管されている。私のGoogleのアカウントと紐付けされて。

いくらファイルを作成しようが、どれだけ画像やアプリをダウンロードしてこようが、どれだけ長い期間使っていようが、

この中には何も入っていないんです。

いつまで経っても中身は全く変わりません。いくら使おうが、いつも変わらないんです。身軽なんです。

正確に言えば、Chromebookの内部ストレージにはシステム部分含め、一時的な作業ファイルその他諸々記録されていますし、また意識して保存しておこうと思えば保存することは可能です。けれど、基本的にはクラウド上のGoogleドライブに記録されています。

私のThinkPad 13 Chromebookを「ファイル」で開いたところ。私は外部ストレージとして32GBのSDメモリを付けていますが、付けなければ保存は内部ストレージの「ダウンロード」か「Googleドライブ」内になります。

クラウドストレージサービスには、Microsoftの提供するOneドライブ、Appleの提供するiCloudはじめ、定番のDropboxやこのChromebookでも使われているGoogleのGoogleドライブなど幅広く、またChromeOSに限らずスマホからWindows、MacBookまで相互に同期させながら使うことが出来ます。けれど、私にとって、これほどクラウドストレージ内のファイルがPCの内部ストレージと同じ感覚で意識せずに使えるものはほとんどありません。

これ、むしろ従来型のファイラーなどを使ってきた方にとっては頭のなかで構造が理解できる分、そこまで自然さは感じないかもしれませんが、それ程PC自体の知識はない(PC自体は昔から使っているものの)私の妻や、実家の両親にとっては、このファイル管理システムは何も考えなくて良い分、非常に楽だと思います。なぜなら、

ユーザーがファイルにアクセスできる部分はこれだけしかなく、その大半は「Googleドライブ」です。

クラウド上の「Googleドライブ」以外は「ダウンロード(内部ストレージ)」しかないからです。恐らく本人はこのChromebookにファイルを保存しているつもりで使っていると思います。

なぜならクラウドと本体ストレージのどちらにも余計なアクションが必要ないからです。

「ダウンロード」フォルダも「Googleドライブ」内に指定すると、ほぼストレージ自体を意識しない使い方になります。

これはもちろん各社クラウドストレージサービスでも、PC本体内に同期フォルダを作成し、そこのファイルをやり取りすることで(バックグラウンドで)クラウドと知らない間に同期してくれるようにはなっています。

ただ、何かワンアクション間に入っているような、どこかクラウドとの間に一つ小さな扉があって、そこを越えなければならないような、わずかな手間と面倒さがあるんですね。気持ちの上で。

所有という概念が変わっていく。

今手元のChromebookという機械の中で、確かに何かを作り出しているような気がしながら、実際は手元にはない。この不思議な感覚というのは、今までの感覚も大きく変えてくれる気がしています。

私のような少し古くなってきた人間にとっては、実体のあるなしに関わらず、モノというものは所有し、自分の手元で保存、管理しているものでした。家に溢れかえるモノ自体そうですし、また音楽や映像といったデータも、自分の作成している文章も、あくまで自分の端末なりストレージの中で所有し、保存し、その管理を意識して行う必要がありました。(例えば何か起こった時のためのバックアップなど)

けれど、このChromebookには自分で何か保存する、所有する、と感じられる部分が少ないのです。それは表現を変えれば、以前から書いているような「Chromebookは仮の入れ物」ということになるのですが、そうした所有する、という概念自体が変わっていくような気がしています。

いくら使っても中身が重くならない入れ物。それはGoogleアカウントを鍵とした、単なるそこに繋がるためのコネクターのようなもので、中には何かが入っているようで入っていない。その不思議な感覚が、私を惹きつけてやまない魅力なのかもしれません。

ここ最近Chromebookについて続けて書いてきています。このブログでは過去79回(この文章が80回目)色々な形でこの興味深いChromeOSというものについて触れてきていますが、最近は書くたびにあ...

#もちろん厳密なことを言えば、中には色々とデータは入っています。ただ、ユーザーにそれを感じさせない、という意味で「入っているようで入っていない」とここでは表現しました。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。