[かぶ] HP Chromebook x360 12bが発売開始。ネット上の入手報告を眺めながら、このモデルについて改めて考えてみたいと思います。

[かぶ] HP Chromebook x360 12bが発売開始。ネット上の入手報告を眺めながら、このモデルについて改めて考えてみたいと思います。

シェアする

スポンサーリンク

HPの新作Chromebook、x360 12bについては、このブログでも以前「私が今月、国内販売モデルで何を買うかと言われたらこれ」と書いた、非常に気になっているモデルです。

HPの本家オンラインストアでは64,800円(税別)〜ということもあって、価格的に競合するモデルも多いことから難しいモデルではあったのですが、今月末までビックカメラ.comiconでは20%の高額ポイント還元+パソコン買い替え応援5,000ポイントの対象モデルとなっているだけでなく、価格も税込54,700円ということもあり、54,700円+10,940ポイント+5,000ポイントで実質38,760円と非常に魅力的な価格設定になっています。

これ、店舗でも買い替え応援5,000ポイントは対象だと思っていたのですが、どうやらビックカメラ.comicon限定のようですね。とりあえず今月いっぱいはネットでの購入をオススメしたいと思います。

発売が10月下旬以降とのことでしたので、いつ発売されるかなぁ、と毎日楽しみに追っていたのですが、昨日から予約されていた方の到着報告がTwitter上に上がり始めまして、非常に興味深く読ませて頂きました。羨ましい。現在、店頭在庫はなく、取り寄せになるようです。今月初めにChromebookコーナーが出来てから実物を何度か触り、気になっていた私としては早く購入したいのですが、立て続けに大物Chromebookの決済が控えていて動けません。

Twitterでの反応を眺めてみると、気に入られている方から、店頭で触ってみて購入には至らなかった方、購入したけれどワクワク感を感じられず30分で売却を決めた方まで様々です。そこでそれらを眺めながら、改めてこのモデルについて見てみたいと思います。

Twitter上におけるHP Chromebook x360 12bへの様々な反応。

すべてを貼り付けていくと単なるTwitterまとめになってしまうので、その中で特に気になったものを取り上げつつ、私自身の(ツイートに対してではなく、このモデルに対しての)印象を加えていきたいと思います。

入手初日から積極的に自分なりの使い方、カスタマイズをされた、まい@うずらとひじきさん。

昨日もっとも輝いていたと思われるまい@うずらとひじき@mai_1028)さん。昨日は動画も交えながらいろいろなことを試されていて、それだけで雰囲気がかなり伝わってくるものとなっています。気になる方はアカウントをチェック。

個人的に良いなぁ、と思ったのが、早速自分なりに外装をカスタマイズされているところ。以前はC101PAなどでDecalGirlのSkinなどで楽しめるモデルが結構あったのですが、最近は少し寂しいのが残念です。

dbrandも初代Pixelbookはあったのに、Pixel Slateはスルーだったしなぁ。まぁこういう専用Skinsがなくてもお気に入りのステッカーなどで自分好みにカスタマイズするのも楽しみの一つですね。あと、アクセサリー類を色々揃えてみたり。

「こんな風に使ってみよう(使ってみたい)」といった想像が膨らむ時って楽しいですよね。同じChromebookでもそういうものが具体的に浮かぶモデルと、手にしたときにはなかなか浮かばないモデルがあるな、と最近感じています。かといって、浮かばないモデルがイコール相性が合わないとは限らないところも難しいな、と思います。

HPの各モデルの持つ「重量感」と「ベゼル」に着目された、メヒテさん。

購入はされていないものの、HPの国内販売のChromebookを触られたことのある方なら頷かれる部分も多いツイートをされていたのが、メヒテ@mehitenakagami)さん。

HPがここ最近出しているのは白い天板が印象的なモデルです。x2、x360 12b、x360 14ですね。非常に美しくてパリッとした白さが気持ち良いのですが、汚れや傷が付きそうな印象とは裏腹に(12bを除いて)白い天板には傷や汚れが付きにくい処理(コーティング等)が施されていたり、質量自体は1.4kg前後(14は1.5kg超え)と結構ずっしりとした作りになっています。

もちろん重さは必ずしもマイナスな点ばかりではなく、剛性や厚みが増すことで、歪みやたわみが抑えられますし、キータッチが大きく変化しますし、日常の道具として使う上では安心感にも繋がります。ただ、今回の12bも12インチ、約3:2(1,366×912)のIPSタッチディスプレイモデル、と考えると重さ約1.35kgは外観の持つ印象からすると、そのズッシリ詰まってる感は意外かもしれません。

この辺り、C101PAからの買い替えなどをイメージされている方からすると、少し残念な部分かもしれません。もちろん使い勝手というのは単純な数値から導き出される重さだけでなく、重量バランスや、少し雑に扱ってもビクともしなさそう、といった安心感のような部分も大きく影響するので難しいのですが、単純に1.35kgは12インチとしては人によっては悩ましいでしょう。

上下、特に下ベゼルの厚さに関してもなまじ液晶が約3:2(1,366×912)になり、横が短く正方形に近くなったことで、実際のサイズ以上によりコンパクトな印象を与えているだけに、上下は削れなかったのか、という印象も確かにあります。

ただ、以前ASUSの14インチモデルであるC434TAとC423NAをレビューした時に少し触れたのですが、下ベゼルも薄くなると(この2モデルではC434TAが上下ベゼルとも薄く、細くなっています)液晶の位置が少し下がる(下になる)ので、同じ14インチのC423NAと比べても少し画面が下にある不思議な感覚になります。ちょっと首の負担が増すんですね。意外と上下ベゼルは単純にロゴが云々以前に使い勝手に結構影響するので悩ましいところです。(ラップトップPCだと敢えて本体下にスタンド等を貼り付けたり敷いたりして液晶の位置を数センチ上げて使っている方を見かけると思います)

そういった例もあるんですね。ちょっとこの辺りは実際に使ってみて、試してみたいところでもあります。

その他のネット上での反応。

到着ツイートが幾つかあったのですが、すべて追いきれず。そこでここでは今見つけたツイートを幾つかご紹介したいと思います。

ネットで買おうとしても店舗で買おうとしても「取り寄せ」になってしまうのは人気があるからなのか、単に売れ行きを甘く見積もっていただけなのか。とりあえずなかなか人気のようです。

3:2の液晶モデルって貴重ですよね。今回の12bが良い形で今後の各メーカーのラインナップに影響を与えてくれると嬉しいな、と思います。今回のモデルも決して高解像度の特殊なモデルというわけでは(USIスタイラスペン対応とはいえ)ないんですよね。通常のWXGA(1,366×768)から縦に144伸ばした(簡単なわけではないとは思いますが)だけなのですが、印象がガラリと変わりますし、使い勝手も用途も縦に広くなるだけでだいぶ変化が出てくる気がしているのです。その点で今後に期待。

先程のメヒテさん同様、奥行きはやはり気になっている方は結構いらっしゃるかもしれませんね。左右ベゼルが細いだけに余計にこの辺り目立ってしまうのもあるのかな、と思いました。C101PA自体は10.1インチ、約900gと重さの上でも12bとはだいぶ違ってはくるのですが、興味を持たれた方の印象としては似たような用途を想定している方が多いかもしれません。フットプリントの大きさ(コンパクトさ)で、実際私もこのモデルを店頭で触ったときには「あ、これ気軽に持ち歩く1台として良さそう」と思いましたので。

うまく説明出来ない「んー…」となってしまう何かが、心が乗り切らない原因になることもある。

先日ちょっと12bの話題に絡めてこんなツイートをしました。

今回購入、到着後すぐに手放そうと思われた方もいらっしゃるようですし、中には「買ってみたけどイマイチだった」といった方も当然いると思います。誰にでもピタッとハマるモデルというのはなかなかありません。実際私も20台以上Chromebookを購入してきましたが、中にはいつの間にか使用頻度が減ってしまったモデルや、ようやく入手できたのに、実際に触ってみたらなかなか気持ちが上がらない、といったモデルもありました

ただ、かといってそのモデルがダメなわけじゃなくて、たまたまその時の自分の精神状態だったり、その時求めているものだったり、また全く別の要因が絡んでいたりするだけだったりします。また、そうした感覚ってずっと同じわけではなくて、少し時が経ってみると、ある時突然ピタッと自分の中でピタッとハマって、突然メインに躍り出たりすることもあります。

だから難しいし、そんなところが面白くもあるのですが、今回のHP Chromebook x360 12bに対しても、実は私の中で発表時点から1点、少しだけ不安な要素がありました。それが、

先程から何度か触れている天板のパリッとした白さなんです。これ、以前まだ日本直送が不可で転送も出来なかった時期に米国在住の妹に代理購入してもらって入手したHPのChromebook、x2のときに感じたことなんですね。なんというか、

きれいなので、皮脂汚れや傷が付いたら嫌だな、と思って、思わず扱いに気を遣ってしまう

ということなんです。この扱いに気を遣う、って意外と手強くて、気軽に使えないので、なんとなく億劫になってしまって、その内使用頻度が減ってしまうんです。そうしたら、同じように感じられていた方がいらしたようで、

今回はメーカーの方に確認した時にx2やx360 14では加工(コーティング)が施されているけれど、x360 12bは特に行っていません、と言われた気がするんですね。ただ、x2のようにタブレットとして天板をペタペタ触ったり、単体で使ったり、脱着を頻繁に行うわけではないと思うので、その辺り大丈夫な気もするのですが、今回それが最初に頭をよぎりました。

ただ、その辺を含めても今回のモデルは、それでも気軽に使えそうな気がしてしまうのです。一番は実際に店頭で実物に触れることが出来たのが大きいですね。細かい操作をした訳ではありませんが、キーボードに指を置いて画面を見た時に、なんか色々と自分の中でこれを使っている場面が想像できたのが大きいのだと思います。

ただ、それは勿論誰でも同じだとは思いません。反対にこのモデルに触れた時に何も心が動かない、むしろ困惑してしまったり、ワクワクがまったく感じられない方がいらしても、それはおかしなことではなく、普通のことだと思うからです。

だから、正直な気持ちとしては、やはり一度は店頭で触れてみて欲しい。写真や動画では伝わりにくい質感や大きさだけでなく、実際に指を置いて画面を見た時のフィーリングも大切にして欲しいな、と思うからです。

ただ、個人的にはこうしてまだ購入できていないにも関わらず、改めて文章にしてしまうわけですから、やはり今回は結構心動いているのだと思います。

ビックカメラ.comiconにおける20%ポイント還元と5,000ポイントのパソコン買い替え応援プレゼントは文章作成時点では今月10月末までとなっています(20%ポイント還元は実店舗でも行われています)。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の4冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

「100人いれば100通りのChromebookとの付き合い方がある。それぞれの365日がある。いろいろな人の、いろいろな形の、いろいろな365日を眺めてみたい。」

そんな想いから2018年後半から季刊ペースで出しているのがこちらです。この本は「実際にChromebookを使っている(もしくは興味を持っている)ユーザーたちで作り上げる会報誌」です。

毎回事前に寄稿者やアンケートの回答を募り、それらをまとめて作っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。

Twitter上におけるHP Chromebook x360 12bへの様々な反応。

入手初日から積極的に自分なりの使い方、カスタマイズをされた、まい@うずらとひじきさん。

HPの各モデルの持つ「重量感」と「ベゼル」に着目された、メヒテさん。

その他のネット上での反応。

うまく説明出来ない「んー…」となってしまう何かが、心が乗り切らない原因になることもある。

  • Twitter上におけるHP Chromebook x360 12bへの様々な反応。
  • 入手初日から積極的に自分なりの使い方、カスタマイズをされた、まい@うずらとひじきさん。
  • HPの各モデルの持つ「重量感」と「ベゼル」に着目された、メヒテさん。
  • その他のネット上での反応。
  • うまく説明出来ない「んー…」となってしまう何かが、心が乗り切らない原因になることもある。