[かぶ] 今日はThinkPad 13。このモデルにはAndroidアプリを全く入れてないけど、普通にブログ更新快適です。

[かぶ] 今日はThinkPad 13。このモデルにはAndroidアプリを全く入れてないけど、普通にブログ更新快適です。

スポンサーリンク

前回こんなことを書きましたが、

昨夜、ソトブログのTSUMORI, Soto(@t_soto)さんが書かれた文章を読んでいる内にふと思い出したことがありまして。 Chromebook作業日誌 #001――某月某日。スピーカーと...

早速今日はLenovo ThinkPad 13 Chromebookを持ち出しています。ちょっと久しぶり。というのも、最近はGoogle Pixelbookを意識的に持ち出していたからです。で、どちらのほうが良い悪いではなくて、やっぱりLenovo ThinkPad 13 Chromebook、良いんですよ。と、改めてその魅力について書こうと思っていたのですが、とりあえずその前にちょっとこのブログの更新の仕方について書いてみようと思いました。

私、このブログの更新ではChromebookでAndroidアプリ全く使ってません。

Lenovo ThinkPad 13 Chromebook

今日はLenovo ThinkPad 13 Chromebook。
このモデルにはAndroidアプリを全く入れていません。

Chromebookは画像の編集や加工が苦手、とよく言われます。そのためにAndroidアプリで何かないか、と色々探されている方も多いと思うのですが、

私、このブログの更新においてはChromebookでAndroidアプリ、全く使っておりません

それどころか今日持ち出したLenovo ThinkPad 13 Chromebookには、Androidアプリに対応していながらGoogleプレイストア自体削除しています。むしろそのほうが楽。

前回触れたのですが、私も幾つかブログ並行させてまして、コンデジ(RICOH GR2)を買ったことから少し色気出してレビューなどでは使っているのですが、余計な手間が増えるので意外と時間もかかるだけでなく、ブログ更新をするのに気合が必要になってきてしまったんですね。少し重い腰になってしまったのです。それで、以前の更新の仕方に戻してみたら、これがまた楽でして。

  1. スマホで写真撮影。
  2. 気が向いたらスマホ上で画像を少し編集加工(ほとんどやらない)。
  3. スマホから画像をGoogleフォトにアップロード。
  4. ChromebookでGoogleフォトを開いて画像をダウンロード。その際にファイル名も変更。
  5. 気が向いたらリサイズ。これもChromeOS標準のファイラーを使う。
  6. ChromebookでWordPressからブログ更新。

順番に書くとなんか面倒そうに見えますが、要は「スマホで撮ってChromebookで更新」してるだけなんですね。これだと画像編集のために別途Windows、とかリモートデスクトップ使って母艦で作業、みたいなことを考えなくても良い。出先でもスマホとChromebookだけあれば出来ます。

この手順に慣れてしまっていたので、今もChromebookで画像の編集加工ってリネームとリサイズしかやらないんです(私がやれない、とも言う)。

「リネームやリサイズって1個1個やるの?20個や30個やるなんて苦痛じゃない?」

と思われるかもしれません。でも意外と簡単なんです。むしろ私にとっては頑張って何かのWebサービス使ったり、最近であればAndroidアプリに対応し始めたから、とこれらを使おうとすると、却って時間がかかってしまう。

例えばリネームであれば、「ファイル」アプリ(「shift + alt + m」)開いて

「ctrl + enter」→「ctrl + v」で共通のファイル名貼り付け→「enter」で確定、「十字キー」で次のファイルへ

という流れ覚えてしまうと10個や20個程度であればアッサリ終わってしまうんです。だってその間左手は「ctrl」と「v」しか触ってませんし。左「ctrl」ってChromebookだと非常に便利で、日本語入力の切り替えも「ctrl + space」です。ほぼ指を動かさずに済みます。リサイズも同様。標準の「ファイル」アプリで意外と簡単に(ちょっとした加工も含めて)出来ます。

私のChromebookの画面

リサイズも画像編集画面と「ファイル」を両方開いて行うと、サクサクと終わります。

Chromebookにおける画像の編集加工については以前からChromeアプリやWebサービスを如何に活用してその欠点を補うか、といったことが話題になってきました。また、Androidアプリに対応したことで、これから「Chromebookで使える必須の画像加工アプリ」みたいなものも出て来るかもしれません。でも、私が今までそうした文章を書いてこなかったのは、

  • 使わなくても何の不便も感じていなかった。
  • 感じていなかったので使ったこともない。

からです。なので、話題にしようがなかったんですね。何もネタにならないから。

誰もがアプリやWebサービスが不要とは言いません。でもスマホとChromebookだけで意外と色々出来ると思います。

このやり方、他にもされている方がいらっしゃいまして、例えば先日Chromebookオフ会でお会いした力こそパワーうぃる(@will09292359)さんも、

ということで、似たような(リサイズとリネームは分かりませんが)スマホで撮影、スマホで加工までされているようです。

このやり方の楽なことは、場所を選ばないこと。また「スマホ→Chromebook」という流れだけなので、シンプルで何も考えなくて良いところ。ブログ書くのに腰が重くなりにくいことです。

Androidアプリ対応になって、色々と便利になりました。でも、別にすべてChromebookだけで完結させる必要はなくて、スマホで出来ることならスマホでやれば良いのかな、と、思っています。元々スマホ前提で作られたアプリの場合、スマホで操作したほうが使いやすいことも多々あると思うんです。

あと、私がChromebookにおいてあまりAndroidアプリを使っていない(Lenovo ThinkPad 13 ChromebookではPlayストア自体削除している)理由としては他にもあるのですが、(今回は使った画像少なめですが、元々は使う気で今回10枚以上画像アップロードしていました)、とりあえず敢えて特別なことしなくても気軽に手軽に使えるよということを、今回はブログ更新を例にちょっと書いてみました。うん、これでも2800字。やっぱり長いな、もう少し削れるように頑張ろう。

ちょっと見かけて、面白いな、と思ったツイート。これからChromebookがどういう方向に進んでいくのかは私も興味を持っています。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。