[かぶ] ThinkPad 13 Chromebook用のIPS FHD LED LCD Screenを購入。

[かぶ] ThinkPad 13 Chromebook用のIPS FHD LED LCD Screenを購入。

スポンサーリンク

今回購入したLenovo ThinkPad 13 Chromebookの液晶はTNパネルでHD(1366×768)なのだけれど、ちょっと試してみたいな、と思っていたのでeBayにてIPS FHD LED LCD Screenを落札。現在到着待ちです。使えない可能性も充分にあるのだけれど、元々自作PC好きの血が騒いだというか何というか。

Lenovoの場合にはサポートサイトでマニュアルを(英語ながら)公開していて、それがまた楽しいな、と思うのです。

前回、技適認証について調べる際に少しだけ取り上げましたが、Lenovoのサポートサイトは地味に便利です。 Lenovo サポート といっても、ThinkPad 13 Chromeb...

わが家のChromebookではHP Chromebook 13 G1はちょっと怖くて分解できません。保証も折角日本でも対応してくれるということなので、なるべく余計なことはしたくないのもあります。

ASUSのC202SAは元々学校向けなので何かあった時に修理等がしやすいように設計されていて、パーツも入手しやすく、また分解の手順も動画等でアップされていて分かりやすい。こちらも興味はあるものの、今はほぼ妻が毎日のように使っているので、あまりそうしたことはしたくないな、という気持ちもあります。

となるとやはりThinkPad 13 Chromebookになるのです。嬉しいですね。こういうの大好き。ただ、モデルとしては使い勝手が絶妙なので、今日も持ち歩く予定です。その使い勝手として、唯一惜しいのが個人的にはTN液晶、HDという部分だけなので、これが解消されれば全く不満はありません。普段使いの最強モデル。

eBayを探すと、こうした保守パーツが色々あって、気になるモノも出てきます。

最上位モデルCore i5のMother Boardなんて気になりますが、そもそも価格が高い。まして今月初めに一度他ショッピングサイトで本体自体が$399でセールにかかっていた時に買い逃したりしているので、余計にこの値段では厳しいです。ただ、見ていて楽しくなります。

通信モジュール部分も不具合が出た時にはこうして取り替えるのかな、と。この辺り可能なものと不可能なものもあるでしょうし、他モデルに取り付けた場合には日本においては技適の問題が再燃してくると思うので難しいところ。

スピーカー部分なんてものもあって、これ外箱しか写っていないのがおしいなぁ、と。中どんな風になっているのか見てみたい気もします。

ひとまずいつ届くのか分からないけれど、年内に届いて欲しいなぁ、と思いつつ、届いたら報告したいと思います。

以前、2016年に発売されたハイスペックのChromebookを3つ取り上げました。 その時に最も惹かれたモデルがAcerのChromebook 14 for Workだったのですが、1...
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。