[かぶ] 東京へ戻る新幹線のぞみ車内のThinkPad 13 Chromebook。この数日、大活躍でした。

[かぶ] 東京へ戻る新幹線のぞみ車内のThinkPad 13 Chromebook。この数日、大活躍でした。

スポンサーリンク

名古屋で開催された「ASUS ZenTour 年末年始大感謝祭!」に急遽参加することになり、結果東京へ戻る新幹線は22時前の「のぞみ」に乗りました。車内で広げたThinkPad 13 Chromebook。こだまに比べてテーブルが若干広く、また充電も出来てWi-Fiも使える(遅いけど)のは助かります。ただ、広げたものの、今回の上記イベントでお借りしたスマートフォン、ASUS ZenFone 3(ZE520KL)を充電しながらセットアップしていたら、ほとんど作業できず東京に着いてしまいました。

ASUS JAPANの開催するイベントには昨年夏から毎月のように(今年後半はイベント自体がなかったけれど)参加させていただき、様々なモデルをレンタル、レビューさせていただきました。気がつけばこの夏はCOMPUTEX TAIPEIにもご招待いただき、本当に感謝の一年。今回のモデルも規定回数のレビューをしなければならないのですが、既にこのモデル自体発売前に海外版を入手してLife Style Imageで細かく書いているので、今更同じブログ内で同じことを繰り返し書いても見てくださる方にとって何の役にも立たないと思います。

そこで、こちらのブログでChromebook同様、日々使う中で感じたことをその都度書いていきながら、ある程度まとまったところで前述Life Style Imageに上げていこうかと思っています。既に発売からある程度経っていますし、今更基本的な部分を書いても仕方ないかな、と。

今回の帰省で非常に役立ってくれたThinkPad 13 Chromebook。思った以上に手に馴染み、気になっていたTNパネル、HD(1366×768)の液晶も実用上はあまり不便を感じませんでした。人の慣れって恐ろしい。つい先日までは解像度は広ければ広いほど便利だと思っていたのに。13.3″ならこのくらいでも良いのかもしれないなぁ。

ただ、注文していたIPS FHDのパネルがようやく届きそうなので、届いたら交換してみたいな、とは思っています。

毎日愛用中のThinkPad 13 Chromebook。とてもお気に入りなのだけれど、唯一惜しいな、と思っている点がTNパネルで解像度がHD(1366x768)である、ということです。 実際、...

#届いたものの使えず、現在このパネルを返品するかどうか考えているところです。

ChromebookはGoogleのOSだけあって、同じGoogleのAndroidとの相性が良いのが魅力の一つ。SmartLock for Chromebookを使えば、Chromebookへのログイン時のGoogleアカウントのパスワードの入力が省略(連携させているスマートフォンのスリープを解除してある状態であれば)出来ます。これが地味に便利。

とりあえずこの数日間、昼に夜に、出先にと活躍してくれたThinkPad 13 Chromebookに感謝。これからもよろしく。

ここ最近取り上げているLenovoのThinkPad 13 Chromebookは日本未発売モデルです。 Chromebookの日本市場自体が非常に小さく、実際に日本国内で入手出来るモデ...
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。