[かぶ] Core i5だm3だとなってくると、体感差よりも「指先から伝わる感触が心地よい」みたいな数値に現れにくい部分のほうが大きく影響してくるのだと思っています。

[かぶ] Core i5だm3だとなってくると、体感差よりも「指先から伝わる感触が心地よい」みたいな数値に現れにくい部分のほうが大きく影響してくるのだと思っています。

スポンサーリンク

昨日手元に届いたLenovo ThinkPad 13 Chromebook。既に快適すぎて再びすっかりハマってしまっています。

ようやく到着しました。Core i5、8GB RAMのLenovo ThinkPad 13 Chromebookです。今ではかなり入手自体が難しくなってきていますが、もしまだチャンスがあるのであれば、...

ただ、この「快適」の理由って、単純なCPU性能など数値で表すことの出来る部分だけではないと思っています。ある程度までのスペックがあれば、あとは「スペック表には現れない部分」の良し悪しと自分との相性が大きく影響してくるんだろうな、と思います。

実際、このLenovo ThinkPad 13 Chromebookに載っているCPUは「Intel Core i5-6300U 2.40GHzです。これ、同じ時期に出た同じLenovoのWindows10ラップトップPC(X260やT460s)でも選択可能なCPUです。要はChromebookでなくてもWindowsでも普通に起動は速いし十分に快適に使えるだけの力を持ったCPUなんです。8GB RAMですし、これ、あとストレージ周りだけ変更出来るのであれば、恐らくそのままThinkPad 13(Windowsモデルとしての)としてそのまま使えるくらいのスペックのモデルです(実際には細かい部分の修正はあるでしょうが)。

ここ最近、色々と(Chromebookとしては)上位のモデルを次々試してきました。Core m5のHP Chromebook 13 G1、Core m3のASUS Chromebook Flip C302CA、そして今回のCore i5の前に使っていたCeleron 3855UのLenovo ThinkPad 13 Chromebook

これら4モデル、もちろん細かく見ていけばスペック上は違いますし、目安の一つでもあるOctane 2.0でのスコアもそれなりに差は出ます。

けれど、このあたりになってくると、実際普段のChromebookの使い方としては処理速度だけを考えたら(Androidアプリでもこれからバリバリ平行して使っていかない限り)「快適だね」というだけで違いはほとんどわからないと思います。ThinkPad 13 ChromebookのCeleron 3855UモデルとCore i5モデル、Octane 2.0スコアは倍近く違ってきますが、実際普段の私の用途程度ではほぼ違いが分かりません。

そんなものです。

というのは、前回も書いたことではあるのですが、今回はここから少しだけ話を広げてみると、最低限のスペックを満たしてしまえば、あとの快適さというのは冒頭でも触れたように「スペック表には現れない部分」の良し悪しと自分との相性のほうが大きいのだろうな、と思います。

私であれば、今まで触れてきたChromebookのキーボードの中ではこのLenovo ThinkPad 13 Chromebookのタッチ感が最も好みですし、いつまででも文章を入力していたくなります。このキーボードでなら、多少自分自身のコンディションが悪いときでも、それでもちょっと頑張って文章入力するか、という気になる。指先から伝わる感触が心地よいからです。

CPUに関しては、私は最近であれば3855U以上、ちょうどOctaneスコアで15000前後あたりから快適さが一段階上がるな、と感じているのですが、これも人によると思います。10,000出れば十分に快適で文句がない、という方ももちろんいるでしょうし、そもそも普及価格帯の7000〜8000辺のN3060、N3150辺でも素晴らしい、と思う方もいておかしくありません。感覚なんて本当にそういうものだと思っています。

ただ、そんなときにふと思うのは、もしかしたらそうした快適さはスペック云々以上に、そのサイズ感やキータッチ、タッチパッドの使いやすさや液晶画面のみやすさ、本体の厚み(薄いほうが必ずしも良いとは言い切れない)など様々な要因と自分との相性に依る部分が大きくて、そこには気分的な部分(なんとなく良い、なんとなくこれカッコイイといったものまで)も多分に含まれている気がしています。

そう考えると、なんだかんだとわざわざLife Style Imageではなくこちらのサイトでカテゴリを改めて間もなく50近くも似たような「もうっ、もうっ」な暑い想いを書ける(今回も含め)このLenovo ThinkPad 13 Chromebookというモデルは、私にとって、ChromeOSというOS自体の相性も合わせて、非常に息の合う、相性の良いモデルなのだろうなぁ、と思っています。

もちろんだからといって、万人に合うとは限らないのも面白いところだと思いますが。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。