[かぶ] ASUS Chromebook C423NAはChrome OSの特長と魅力を「素直に楽しめる」14インチスタンダードモデル。[PR]

[かぶ] ASUS Chromebook C423NAはChrome OSの特長と魅力を「素直に楽しめる」14インチスタンダードモデル。[PR]

シェアする

スポンサーリンク

ASUS JAPANよりお借りしているASUS Chromebook C423NA。本日返却予定なのですが、最後に近くのカフェに持ち出してみました。

前回「シンプルさは、却って色々なことを試してみたくなる魅力がある」として、Androidアプリによる動画や画像の編集を試しました。試した、というよりもサブスクリプションも購入しているので、返却後も手元のスマホ及び他のChromebookでも継続して使い続けようと思っているのですが、こんなちょっと意外な使い方が出来るのも最近のChromebookの魅力の一つなのかな、とも感じています。

また、昨日Microsoftが「Visual Studio Online」を発表しました。Visual Studio CodeをWebブラウザーで利用できるようにしたもので、iPadでもコーディングが可能、と話題になっていますが、勿論Chromebookでも可能になると思われます。

GoogleのStadia、また先日G Suiteで触れたようなGoogle Apps ScriptやGoogle Cloud Platformとは元々相性が良いですし、そうしたクラウドを活かした作業環境、開発環境の構築というのも今後より一般的になってくるのではないか、と思っています。

そんな時、C423NAのような、シンプルなクラムシェルタイプのスタンダードChromebookというのは価格的にも、また使い勝手の面でも非常に有力な候補になるのではないか、と感じています。実際、私最近この辺り少しずつ興味を持っていますので、使ってみたいな、と妄想は膨らんでいます。

液晶サイズ14インチ、解像度FHD(1,920×1,080)は長時間の作業との相性も良い。

まさか自分がこんなに早くこんなことを言うようになるとは思いませんでしたが、最近小さい画面の小さい文字が辛くなってきました。どうしても根を詰めて作業に集中してしまうこともあってか、気がつくと液晶に顔を少し近づけてしまうようになったのです。最近は出先でのノートPCでの作業も増えましたし、そんな時使うのはどうしてもモバイルノートPCになります。

12.5インチ前後でFHD以上の解像度、ということも多く、肩も前に丸くなりがちですし、猫背にもなりやすい。頭も前に出やすいので首への負担が大きい。先月辺りから頭痛や若干の吐き気、肩の凝りに苦しむようになったのですが、騙し騙しでいる内にGWに入りいよいよ厳しくなりました。で、そこで気付いたんですね。今挙げたような自分の姿勢に。今更か、という気もしますが、けれど今気付いて良かったのかもしれません。自宅デスクトップPCで液晶を目に近い高さにまで上げていても癖付いてしまっていましたので。気付いて頭と首の位置戻すと途端に楽になるので、気を付けるようにしています。

そんな時に今回初めて使った(13.3インチはありましたが)14インチ液晶+FHD解像度は僅かな差に過ぎないはずなのですがその僅かな差が結構文字の認識や長時間の作業には負担が少ないのです。

FHD解像度が活きるこのサイズは、「Chromeアプリをウィンドウで開いて使う」のにも最適。

また、このくらいの画面サイズになると、やはりFHD解像度が活きてきます。

先日希望者を募った「STAEDTLER Noris digital for Chromebook(EMRペン)共同購入」の希望者の連絡状況等をフォームを見ながらスプレッドシートにまとめているところですが(この辺り前述のApps Scriptが使えれば楽なのですが)特別な事ではないのですがFHDあると左右に並べながら作業が出来ます。

もちろんこれは12.5インチでも高解像度が可能なモデルなら出来るのですが、やはりどうしても若干文字サイズが小さくなりますし、画面が小さいので身体も前のめりになりやすい。今のなるべく意識して姿勢を矯正したい私には14インチはとても助かります。

とともに、上の画面でもお分かりのように、Chromebookは単にChromeブラウザが動く、というだけでなく、

各タブを独立したウィンドウとして開くことが出来ます

ただフル機能版(PC版)のChromeブラウザが動くだけであれば、他OSでもPCであれば可能なのですが、Chromebookが強いのは、Chrome OSであることで、KeepやDocs、Spreadsheetsなどの各Chromeアプリ(Webサービス)が見かけ上普通のアプリのように動かすことが出来るのです。

ちょっと分かりにくいですね。他OSでも「新しいウィンドウ」や「新しいタブ」で開くことは出来ますが、外観はChromeブラウザ上のタブの一つになってしまいます。ブックマーク一覧やURL欄など余計な部分が多い。しかもウィンドウサイズを変えてしまうと、閉じて次に開いた時にはChromeブラウザはそのウィンドウサイズで開いてしまいます。

ところがChromebookの場合には、KeepやDocs、Spreadsheetsなどの各Chromeアプリ、更にアプリではないForms(Googleフォーム)などもショートカットとして登録が出来、それも同様にウィンドウで開くことが出来るのです。

使ったことのない方だと、何となくChromebookってChromeブラウザしか動かないイメージがあると思うのですが、同じChromeブラウザといっても、この独立したウィンドウとして動く、というのは細かい部分ではあるのですが、実際に使ってみると結構使い勝手が変わってきます。

11.6インチ、1,366×768くらいの解像度だとなかなか複数ウィンドウを並べて作業することはないかもしれませんが、FHDくらいになってくるとこれが活きてきます。各アプリ、まったく異なるウィンドウサイズ(アプリ毎にウィンドウサイズを覚えてくれる)で自由に配置して作業が出来る。Chromeアプリをメインで使う方にとっては、他OSでこれらを使うよりもより一層自然で使いやすいのではないか、と思います。

Chromebookの特長と魅力を「素直に楽しめる」14インチスタンダードモデル。

GWの10連休中、鞄に入れて持ち歩いては気軽に開いて使っていましたが、とてもChromebookらしいモデルだと感じています。Chromebookらしい、と感じるものは勿論人によって違うとは思うのですが、以前からChromebookを触ってきた方には、シンプルで気負わず使えてストレスの無いクラウドノートPCという部分に魅力とともに懐かしさを感じるのではないか、と思っています。

でありながら、狭縁ベゼルで14インチ液晶ながら13.3インチに近い大きさに抑えつつ外観もより今にあったものにしてきました。もちろんAndroidアプリにも対応していますので、前回触れたように動画編集や画像編集も可能です。また、冒頭のような「Visual Studio Online」などにも今後期待したいところです。

また、このシンプルさは本来のG SuiteやGoogle Apps Script、Google Cloud Platformなどとも恐らく相性が良い。ちなみに今回の写真の中でバーの右下に見慣れない赤のボタンに気付かれた方もいらっしゃるかと思いますが、これG Suiteで出すことが出来るボタンです。

このブログでは何度も繰り返していますが、このC423NAやC223NAから入って、使っていく中で自分にとって必要なもの、不要なものが明確になってきた時点で、改めてその部分を補うモデルの購入を検討しても良い。その頃にはChrome OSの特長も頭ではなく感覚で分かってきている頃だと思いますので、より自分にあった選択が出来るのではないでしょうか。

そして、ChromeOSとはGoogleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまで仮の入れ物の内の一つです。

複数台の使い分けが非常に気軽に出来るのも魅力。もし新しいモデルに興味を持ったとしても、このC423NAの魅力は褪せることはないのではないか、と感じています。

ASUS Chromebook C423NA Review & CyberLink Power Director (Android)
スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

シェアする

フォローする

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の4冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

「100人いれば100通りのChromebookとの付き合い方がある。それぞれの365日がある。いろいろな人の、いろいろな形の、いろいろな365日を眺めてみたい。」

そんな想いから2018年後半から季刊ペースで出しているのがこちらです。この本は「実際にChromebookを使っている(もしくは興味を持っている)ユーザーたちで作り上げる会報誌」です。

毎回事前に寄稿者やアンケートの回答を募り、それらをまとめて作っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。

液晶サイズ14インチ、解像度FHD(1,920×1,080)は長時間の作業との相性も良い。

FHD解像度が活きるこのサイズは、「Chromeアプリをウィンドウで開いて使う」のにも最適。

Chromebookの特長と魅力を「素直に楽しめる」14インチスタンダードモデル。

  • 液晶サイズ14インチ、解像度FHD(1,920×1,080)は長時間の作業との相性も良い。
  • FHD解像度が活きるこのサイズは、「Chromeアプリをウィンドウで開いて使う」のにも最適。
  • Chromebookの特長と魅力を「素直に楽しめる」14インチスタンダードモデル。