[かぶ] 自宅ではHP Chromebook 13 G1、持ち歩きはLenovo ThinkPad 13 Chromebook。

[かぶ] 自宅ではHP Chromebook 13 G1、持ち歩きはLenovo ThinkPad 13 Chromebook。

スポンサーリンク

贅沢な環境ではあるのですが、幾つかのパターンを試してみた結果、これが一番しっくりきそうなので、当面はこれでいこうと思います。自宅でのメインはHP Chromebook 13 G1、持ち歩きはLenovo ThinkPad 13 Chromebookです。そう考えるに至った理由はスペック面などに挙げることも出来るのですが、ここではシンプルな理由を挙げてみたいと思います。それが、JOBSONノートパソコンスタンドの使い勝手。

ラップトップPCを外でもよく使うようになってから、本体後部を少し持ち上げて角度をつけることで、結果として液晶画面の高さが少し上がる(+底面が持ち上がるので、ファン用の穴が開いているモデルの場合には若干...

もう一つがJust Mobile Lazy Couchとの相性です。

ラップトップPCをよく持ち歩くようになってから重宝しているのが、僅か25g、高さ20mm、直径40mm程度の丸い塊。 重ねあわせて厚さ40mm。モバイルバッテリーやケーブルなどをまとめて...

JOBSONノートパソコンスタンドはモデルによっては置いた時に滑ってしまうことも。

まずはJOBSONノートパソコンスタンドの使い勝手。

当初はLenovo ThinkPad 13 Chromebookに貼り付けていたのですが、これが意外とクセモノでして、出先のカフェ等のテーブルによっては滑ってしまって安定しないのです。

スタンドの足部分自体にすべり止めが付いていないこともあるのですが、角度をつけることで前面に本来付いている上のようなゴム足が直接テーブル面に触れなくなってしまいます。 ThinkPadは足の位置の関係かこれが顕著でして。仕方なく出先で滑るテーブルの場合には前面に折りたたんだオシボリ等を敷いて滑り止めにしなければなりませんでした。

ところがHP Chromebookの場合にはこの影響を受けないようで、

前面の滑り止め部分の配置がバランスが良いのか、スタンドを立てた状態でもしっかりと前面で動かないように留まってくれます。

このJOBSONのスタンドは角度がなかなか良好で、また貼りっぱなしに出来るので嵩張らず、一度使うと手放せないのですが、出先で滑ってしまうのであれば却って使い勝手が悪くなってしまいます。そこでひとまずこれは相性の良いHP Chromebook 13 G1で使うことにしました。

Just Mobile Lazy Couchとの相性も良くないThinkPad 13 Chromebook。

さらに踏んだり蹴ったりですが、自宅で使う際に非常に便利なJust Mobile Lazy Couch。ThinkPad 13 Chromebookはこちらとの相性も良くないのです。

前底面に角度が着いてしまっているため、このJust Mobile Lazy Couchの上に置いた時、前面の滑り止め部分できちんと留まってくれません。置いた状態で少し不安定になってしまうので、使うと却ってストレスが溜まりそうです。

それに対して、HP Chromebook 13 G1は相性良好で、先ほどのJOBSONノートパソコンスタンドを貼った状態でも何ら影響を受けることなく安定して使うことが出来ます。となれば、自宅でも使う際には角度がしっかりつけられるHP Chromebook 13 G1になります。

では外での使用もHP Chromebook 13 G1のほうが良さそうですが。

ここまで書いてみると、出先でもJOBSONノートパソコンスタンドを貼ることで手軽に角度も着けられて滑ることもないHP Chromebook 13 G1が有力なような気がしますが、そこはなかなか簡単にいかないものでして。

その一番の理由が使える外部ストレージです。ThinkPad 13 ChromebookはSDメモリ、HP Chromebook 13 G1はMicroSDメモリです。この違いが意外と多いな、と感じました。

ある程度の厚みと大きさで、しっかり挿さってくれて、どんどん使えそうな安心感があるのがThinkPad 13 ChromebookのSDメモリスロットです。ほぼはみ出しませんし、挿しっぱなしで持ち歩いても安心そうです。

反面、HP Chromebook 13 G1は薄くて良いのですが、MicroSDメモリがいまいち頼りない印象です。はみ出し具合も、ちょっとした拍子に折れたり抜けたりしてしまいそうで少し不安が残ります。

また、今使っているデジカメがSDメモリということもあり、ThinkPad 13 Chromebookであれば、撮影をした後にそのままSDメモリを抜いて挿すだけで中の写真が読み込め、編集が出来ます。最近はSDメモリを常用していますので、デジカメもこのメモリを共用させているのですが、これが便利でした。

いつでもどこでも気軽に取り出せて仕事からブログ更新まで行える、今ではすっかり私に日常に欠かせないツール。それがLenovo ThinkPad 13 Chromebookです。これ、スペックがどうとか、...

その他にも、外で使う際の液晶面と目の距離と画面解像度のバランスを考えると、ThinkPad 13 ChromebookのFHD(1920×1080)くらいがバランスが良いかな、と思っています。HP Chromebook 13 G1の高解像度は自宅のこたつ机くらいの距離感のほうがより有効に使えます。

そしてバッテリーの持ち時間。これはLenovo ThinkPad 13 Chromebookのほうが安定感と安心感があります。半日使ってもバッテリー切れを気にする必要もなさそうですし、USB端子からスマートフォンなどに充電することも可能です。

本体の耐久性と(今まで一度もありませんが)落下、紛失などの際にもお財布的に痛くないのはThinkPad 13 Chromebookのほうです。価格差が4〜5倍あるので。ただ、愛着という面では分解、液晶交換等もしたThinkPadも非常に強いのでどちらにせよ大きく凹みますが。

現在手元には3台のChromebookがありますが、外に持ち出しているのはほぼLenovo ThinkPad 13 Chromebookです。ASUS C202SAは妻が愛用中ですし、HP Chrom...

あとは単純にThinkPad純正アクセサリー類が充実しているので、外に持ち歩くバッグ等との相性が良いこともあるかな、と思います。

ただいま愛用中のThinkPad プロフェッショナル・トップロードケース。本命で考えていたThinkPad プロフェッショナル スリム トップロードケース 14インチ用は今月20日以降の到着のようなの...

ということで、自宅ではハイスペックのCore m5、8GB RAMと最大3200×1800という高解像度を活かしたHP Chromebook 13 G1を、また出先ではタフでもあり、細かい部分の使い勝手が心地よいLenovo ThinkPad 13 Chromebookで使い分けていきたいと思っています。

ASUS C202SAは完全に妻の日々の愛用Chromebookになっていますし、この後Samsung Chromebook Plusが届く予定なので、そうなるとまた状況は変わってきそうですが、それはその時にまた悩んでみたいと思います。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。