[かぶ] 今日はお気に入りのカフェの一つで仕事諸々。こんな時にもThinkPad 13 Chromebookが使いやすい。

[かぶ] 今日はお気に入りのカフェの一つで仕事諸々。こんな時にもThinkPad 13 Chromebookが使いやすい。

スポンサーリンク

ここ一週間ほど動きっぱなしだったため、今日は溜まっていた疲れが一気に出たのか、少し風邪の初期症状が出始めています。とはいえ何もしないわけにもいかないので、幾つかある自分の中でのお気に入りのカフェの一つで仕事諸々。持ってきたのはここ最近のお気に入りThinkPad 13 Chromebook。

どこでも気軽に取り出せる安心感が大きいです。これは本体自体の厚さや表面の仕上げ等々、こうした移動作業も考えて作られているからなのかな、と勝手に想像。13インチという大きさも今日のカフェのテーブル席であればスペース的には問題ありません。底面には先日取り上げたJust Mobile Lazy Couchを敷いています。たった20mmという厚みが視認性と操作性に大きく影響するから不思議です。

ラップトップPCをよく持ち歩くようになってから重宝しているのが、僅か25g、高さ20mm、直径40mm程度の丸い塊。 重ねあわせて厚さ40mm。モバイルバッテリーやケーブルなどをまとめて...

私はラップトップPCには基本的には外付けのマウスが必須なのですが、ここ最近Chromebookを外で使う中で慣れてきたのもあるのですが、タッチパッドでもある程度いけるようになりました。今日も意外とタッチパッドだけでの乗りきれるかも(持ってきてはいるのですが)

通信環境は今まではスマホや別途持ち歩いているiPadをテザリング兼用にしたりしていたのですが、やはりメインのスマホのバッテリーを気にしなければならないのは何かと困るので、最近はMR05LNを愛用しています。

定価は高いものの、最近はAmazonで度々セールにかかっているのでだいぶ入手しやすくなりましたね。デュアルSIMでも行けるのですが、とりあえず国内ではdocomoのSIMが月20GBで契約しているのでよほど困らない限りこれで乗り切れそうです。

鞄もここ最近はcôte&cielのIsarのSを日常使い、旅行や海外ではMを愛用していたのですが、今日は気分を変えてこちらのバッグ。

実家の母が最近アメリカで暮らす娘夫婦に会いに行った際にお土産として買ってきてくれたCOACHのバッグ。サイズ、重さと持ちやすさ、更にポケットのバランスも絶妙で、あまりいろいろ入れると流石に重いものの、今日のようなChromebook+α程度の持ち物の時には本当に重宝します。

ThinkPadだと素材感(価格相応)はあるものの、純正のプロフェッショナル スリム トップロードケースなども惹かれてはいるのだけれど、質感と色と合わせやすさ、使いやすさを冷静に考えれば明らかにこのCOACHのバッグだとは思っています。

ThinkPad プロフェッショナル スリム トップロードケース 14インチ用 | 4X40H75820 | Lenovo | (JP)

それでもメーカー自身がこうした純正アクセサリーを充実させてくれるのは嬉しいことで、この辺りThinkPadマジックにかかってしまったのかな、という気もしています。宗教か

ThinkPadといえば未だに大人の翼のイメージな私ですが、実際に今まで使ったことはありませんでした。 実際に手元に届いてみると、何とも言えず愛着が沸くのです。本体自体の魅力も勿論あるの...

大げさな印象もなく、ドヤリング感も薄く、外でも快適なキーボードで文章が打てるThinkPad 13 Chromebookは、案外このまま本当に普段使いのメインとなってしまいそうな気がしています。

以前、2016年に発売されたハイスペックのChromebookを3つ取り上げました。 その時に最も惹かれたモデルがAcerのChromebook 14 for Workだったのですが、1...
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。