[かぶ] ThinkPad 13 Chromebook到着。これは場合によってはメインに化けるかも。

先日の米Amazonのサイバーマンデーセールの際に偶然見かけて購入したこのThinkPad 13 Chromebook。私の中ではHP Chromebook 13 G1が既にメインPCとして不動の地位を得ているので、今更このモデルを購入する必要もないかなぁ、と考えていたのが正直なところ。

[かぶ] HP Chromebook 13 G1は続々と魅力的なモデルが出ている中では敢えて選ぶ必要はありません。でも好きなんです。
現在愛用中のメインPC、HP Chromebook 13 G1。 前回は主にCPUやRAM容量、画面解像度(3200×1800)といった点からこの一ヶ月半使ってきて感じたことを書いてみました。 実際は一回でまとめる予定でしたが、思っていた以上に長くなってしまったので、今回改めてその他の細かい部分で気付いた点を挙げてみたいと思います。 HP Chromebook 13 G1 – W0T01UT#ABA – Core m5-6Y57 / 8GB RAM とりあえずChromeOS、Chromebookって何?という方も多いと思います。ここを語り始めると長くなりますので、お時間と興味のある方は最近書きました下記の2つの文章をお読み頂けますと嬉しいです。 今回細かい部分を挙げていくHP Chromebook 13 G1はこうした思想を持つ(と個人的には思っている)Chromebookの中の1モデルです。米Amazonで注文し、現在使い始めて1ヶ月半程度が経ちました。 このモデルに多少なりとも興味を持たれた方の参考になれば良いな、と思います。 まずはキーボード。もちろん英語です。ChromeOSの魅力の一つタッチパッドは健在。 OS自体は勿論多言語対応していますし、日本語も選択できますので実用上は全く問題ありませんが、キー配置(表記)が日本語キーボードでなければダメ、という方は現状数少ない国内発売モデルしか選択肢がないのが残念です。HP Chromebook 13 G1は国内発売は今後もなさそうな気がします。 13インチということでキーピッチも19mmですし、打ちづらさはありません。特に不便は感じていません。 タッチパッドは縦55mm、横幅97mmです。Chromebookの隠れた魅力とも言えるのがこのタッチパッド。 2本指で上下になぞればスクロール、素早く左右になぞれば前ページ、次ページへ移動。 3本指で左右になぞれば複数開いているタブ間の移動が可能。 と、意外と便利です。他にも色々使えますが、結構評判が良いようですね。私は今まで基本的にはワイヤレスマウスを使ってきましたが、たまにタッチパッドを使ってみるとやっぱり便利だなぁ、と思います。 Chromebook のタッチパッドを使用する – Chromebook ヘルプ

ただ、ここ最近ThinkPad関連のサイトやブログを眺めていて、Lenovoに変わったとはいえThinkPad好きの世界というのはApple好きの世界と同様に少し濃くて面白そうな印象があったので、手頃な価格で出ていたら手を出してみても良いかなぁ、とも感じていました。

実際、実はここ最近WindowsラップトップPCとしてThinkPad X260あたりを考えていて、ちょっとサイトでいろいろ見積もり金額を出しては、ほしいなぁ、と思っておりました。そんな矢先のサイバーマンデー。$200を切るとあって、液晶パネルがTNで、Full HDではなくHDという点が少々惜しいなぁ、と思いつつも、価格の手頃さにやられて注文。転送サービスを使い、のんびり待っていたのですが、本日到着しました。

早速持ち出してみたところ、これ、かなり良いではないですか。

細かい使い勝手に関しては、近々Life Style Imageのほうでじっくり書きたいと思っていますが、これは思っていた以上に素晴らしい

まずは昔からのコアなThinkPadユーザーからすれば物足りないかもしれないけれど、私としては初めてのThinkPadキーボード。非常に入力がしやすい。これは根強いファンがいるのが分かります。Chromebookとはいえ、キーボード部分に関しては決して手を抜いていないと思います。

タッチパッド。これも表面がさらさらしていて気持ち良い。個人的に好みです。ThinkPadといえばお馴染みの赤いトラックポイントはChromebookにはついていないのだけれど、Chromebookのタッチパッドはこのモデルに限らず使い勝手は非常に良いので十分に実用的です。

個人的に気になっていたHD(1366×768)のTNパネル。これも思っていたほど悪くはない。もちろん選択肢があるなら上のFull HD、IPSパネルを薦めたいけれど、この一番下のモデルが安く手に入るのであればこれはこれで十分かな、と思いました。実際見にくさはないです。

ただ、ThinkPadは分解、パネルやパーツの交換例が数多く出ていて、実際に自分でもパーツを取り寄せて取り換えができるのでIPS液晶を取り寄せて試してみても良いかな、と思っているところです。

Chromebookなのに、というのもおかしな話ではあるのだけれど、ロゴの「i」の赤丸の部分が電源が入っている時は赤く光るのも地味に気に入りました。

これは良いなぁ。プラスチックの筐体、更にいろいろ単純スペック比較だけしてみるとHP Chromebook 13 G1やGoogle Chromebook Pixel、更にAcer Chromebook 14 for Workなどに隠れて影が薄かったけれど考えを改めなければならないな、と思いました。

ちょっと転送サービス必須だったり、日本未発売のため保証が受けられなかったりと不便はあるものの(技適は本体表面にはマークはないものの、通っております(確認済))、入手できるなら現時点ではASUS C202SAと並ぶ、他人に自信を持って薦められる一台だと思います。

ということで、こちらではそれぞれのChromebookとの日々を時々書いていきたいと思っています。

最近円安にかなり動いているけれど、それでも転送サービス込でも25,000円程度。これはかなり有力なモデルだと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク