[かぶ] 続・ThinkPad 13 Chromebook FHD化への道。(2) パネル到着。FHD化に成功しました。

[かぶ] 続・ThinkPad 13 Chromebook FHD化への道。(2) パネル到着。FHD化に成功しました。

スポンサーリンク

既に液晶パネルの換装等に慣れている方から見れば「無駄なところに悩み」「無駄に手間取っている」感があったかもしれませんが、本日、改めてeBayで注文していたFRU番号「01AW153」のFHD IPS液晶パネルが届きました。

今使っているケーブル類がFHDにも対応しているのかどうか、サポートサイト等を日々眺めた限りでは確信が持てなかったので、届いても実際に画面が映るまでは「やっぱりダメだったか。となると、ケーブルはどうすれば良いんだ」と目の前のパネル2枚を眺めながら思いそうで不安だったのですが・・

無事FHD(1920×1080)での表示が出来ました。最大で「2400×1350」までの表示に対応しています((最良)は1920×1080)。

同じ13.3インチのChromebookとしては既にQHD+(3200×1800)まで対応しているIPSのHP Chromebook 13 G1があるので、この解像度に驚きはありませんでしたが、今回のThinkPad 13 Chromebook用の「タッチパネル未対応」のタイプのIPS液晶パネルはAnti-Glareということもあって、光の映り込み(反射)がなく、非常に見やすいです。

クッキリ感はありませんが、かといってTN液晶パネルほど視野角が狭くもなく、色合いもより綺麗。そして今回気にはなっていたもののやはりFHD(1920×1080)は私にとっては13.3インチでも十分実用的だと感じました。これ、見やすいよ。液晶部分が180度開ける分、HP Chromebook 13 G1よりも見やすいです。

ブルーライトカットのために、HP Chromebook 13 G1やASUS C202SA同様、RetinaGuardを購入しようかと考えていたのですが(今回の換装が成功するまでは注文せずにいた)RetinaGuardを使うと表面が若干Glareっぽくなって反射するようになるので、ひとまず今の時点では様子見でいこうと思っています。

HP Chromebook 13 G1、ASUS C202SAの両方で使っているのが液晶保護フィルム。どちらもRetinaGuardというブルーライトをほとんどカットしてくれるというのが売りの製品を使...

それよりもTN液晶の時に比べて視認性が高くなってしまったので、外で作業をしている時に何となく左右の目が気になってしまうようになってしまいました。のぞき見防止フィルターのほうが良いのかもしれないな、と少々考えているところです。

ということで、ほぼ死角のなくなってしまったThinkPad 13 Chromebook。こうなると最上位(Core i5、8GB RAM)にしておけば良かったかな、と思うくらいの相性の良さですが、考えてみるとこのモデルが$200を切っている、という手頃さこそが現状大きな強みかと思います。そこに別途eBayなどでIPS FHD液晶パネルを注文しても$100。$300でこの使い勝手と考えると、十分に他と競合出来る、有力な選択肢になりうるモデルなのではないかなぁ、と改めて思いました。

https://office-kabu.jp/?p=18574

毎日愛用中のThinkPad 13 Chromebook。とてもお気に入りなのだけれど、唯一惜しいな、と思っている点がTNパネルで解像度がHD(1366x768)である、ということです。 実際、...
https://office-kabu.jp/?p=18202

大して参考にはならないかもしれませんが、ここまでの道のりは上記をご参照ください。ひとまず、対応したFRU番号のパネルのみの交換で換装は可能でした。

ここ最近取り上げているLenovoのThinkPad 13 Chromebookは日本未発売モデルです。 Chromebookの日本市場自体が非常に小さく、実際に日本国内で入手出来るモデ...
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。