[かぶ] 私はあなたのこんなところが好き。Lenovo ThinkPad 13 Chromebookがすこぶる良くて、たまりません。

[かぶ] 私はあなたのこんなところが好き。Lenovo ThinkPad 13 Chromebookがすこぶる良くて、たまりません。

スポンサーリンク

タイトルの前半はちょっと純愛っぽいのに、後半部分にいやらしさがあるのは私の性根に原因があると思われます。

ここ最近、Samsung Chromebook Proのことばかり書いていますが、私の現在のメインPCは変わらずLenovo ThinkPad 13 Chromebookです。しつこいですが、この部分は当分は変わらなそうな気がしています。

もちろん他のモデルもそれぞれに魅力的ですし、スペック的に、また機能面でこのモデルより上のモデルも手元になくはないのですが、それでもやはりThinkPadなんだなぁ、と昨夜改めて思いました。そこで今回も全く論理的でも何でもありませんが、昨夜感じたことを改めて書いてみたいと思います。

キーボードがやっぱりたまらないんです。

赤いトラックポイントがなければThinkPadじゃない、と思う気持ちは分からなくはないのですが(私もトラックポイントキーボードを別途購入して、その良さは少しは分かってきたつもりではいますが)、それだけを理由にChromebookでThinkPadを選ばないのは勿体ないです。トラックポイントがなくても、やっぱりこのキーボードは長文を入力するには、長時間色々と使うには、やはり最適です。

ただ今、もう一つのブログであるLife Style Imageで書き続けている靴の選び方とお手入れに関する200以上の文章をまとめて加筆修正し、KDPで出そうと思っております。優しい絵を描かれる知人の...

ここ最近、「一太郎2017」を使う関係上、ASUS ZenBook 3を使う頻度が増えています。慣れてくるとこのキーボードも悪くありません。慣れってそれくらい素晴らしい。けれど、昨夜、ThinkPadのキーボードを触って改めて感じました。

指が歓喜の舞を舞っているんです、キーボードの上で。

いや、舞うと疲れちゃうので、実際には舞うというよりも、何だろうなぁ、指が落ち着く、というか。余計な力が入らないので、打っていて楽。思考と指とキーボードが一体化している感覚です。これはThinkPadに限らず、高級キーボードを常日頃使っている人には何となく分かっていただける感覚だと思います。

それを助けているのが、十分に速い処理速度を持ったCPU Celeron 3855Uだったり、私の使っているCore i5だったり、8GB RAMだったりもするのですが、とりあえず現行別売りのChromeOS専用のキー配置のキーボードがほとんどない状況においては、標準のキーボードの打ちやすさってやはり大切だと思います。ここは妥協すると勿体ないポイント。そう考えると、やはり現行モデルの中ではThinkPad 13 Chromebookのキーボードは個人的には唯一無二です。

タッチパッドがやっぱりたまらないんです。

トラックポイントはありませんが、ChromebookにはWindowsには勝るとも劣らない使い勝手のタッチパッドがあります。まぁこれはThinkPadに限らず普通にChromebookにはあるんですが。

これがまた、指が歓喜の舞を舞うんです、タッチパッドの上で。

特にChromebookは標準で(ThinkPadに限らず)3本指での「新しいタブで開く」、3本指で左右に滑らせて「左右のタブに切り替える」ことが出来るのが、もうたまりません。これ慣れると、時々Windowsで無意識にやって一瞬固まります(自分が)。

ChromebookはブラウザーベースのOSと言われますが、そうしたこともあって、タッチパッドの様々な動作がしっかりOSに最適化されているんですね。それがとても馴染んでいる。

と、ここまででしたらどのChromebookでも同じなのですが、やっぱりモデル毎にこのタッチパッドの指触りや反応が微妙に違いまして。これも慣れの要素が大きいとは思うのですが、私に取ってはやはりこのThinkPadのタッチパッドの感触が好みなんですね。まさに歓喜の舞

いや、分かりにくいな。えーっと、つまり、何かしようと思ってタッチパッドに触れた時に、思った通りのタイミングでしっかり予想通りの反応をしてくれる、ということですね。これって感覚的な部分も大きいのですが、とても大切なことだと思っています。キーボード同様、タッチパッドも自分の思考と指と一体化してくれる感覚。これ、たまりません。

昨日手元に届いたLenovo ThinkPad 13 Chromebook。既に快適すぎて再びすっかりハマってしまっています。 ただ、この「快適」の理由って、単純なCPU性能など数値で表...

足回りがしっかりしているので、安心して使えるのが魅力です。

何をもって足回りというかは難しいところですが、もう個人的にはChromebookせっかく使うのだったら、やはりキーボードやタッチパッドの使い勝手をまずは重視させて欲しい。この二つの快適さはその後「長く使う気になるかどうか」に無意識に影響してくると思っています。やっぱりキーボードの入力に時々引っかかりがあると、いつの間にか使わなくなってきちゃうと思うんですね。

その上で、もうクドいくらい何度も書いてきましたが、基本的なスペックが十分です。

前回、せっかくChromebookに興味を持ち、「試しに買ってみようかな」と思われている方に水を差すようなことを書きましたが それでは、2017年3月の時点で私が人に薦めるのであれば、ど...

最安モデルでもCeleron 3855Uです。4GB RAMと組み合わせて、基本的には十分に快適。今話題のCore m3積んだASUS C302CASamsung Chromebook Proとこの辺りはそれ程体感差ないと思います(Proはまだ試していませんが、C302CAとは十分に良い勝負。あとはキーボードの相性次第、となるので)。

ということで、今回でもまだその魅力を十分に伝え切れているとは思えていないので、今後も引き続き折に触れてこのモデルの魅力について書いていきたいと思います。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。