[かぶ] LAMYの定番Al-star(アルスター)にEMRペンが登場。現在独Amazonから入手可能。日本直送も可。

[かぶ] LAMYの定番Al-star(アルスター)にEMRペンが登場。現在独Amazonから入手可能。日本直送も可。

シェアする

スポンサーリンク

文房具好きにはお馴染みドイツの筆記具メーカーLAMY。様々な魅力的な特別カラーモデルなども展開し、日本に直営店もありますし、一般でも幅広く販売していることから愛用している方も多いことでしょう。そんなLAMYが定番の一つ、Al-starでワコム特許のEMR(電磁共鳴)テクノロジーを採用したスタイラスペンを発売しました。

EMRといえばChromebookでも最近対応モデルが増えてきまして、実際に(知らずに)使われている方も意外と多いかもしれません。

NEW: Digital Writing with LAMY AL-star black EMR

筆記具メーカーが作るEMRペンとしては、STAEDTLERが既に発売しているNoris digitalがお馴染みです。最近になって米国の教育現場で大きなシェアを持つChromebook用に敢えて「for Chromebook」と付けたモデルを発売しました。文章作成時点(2019年11月28日)で米Amazonでも1本から日本直送可で購入が可能です。

筆記具メーカーによるこれらのEMRペン(デジタルペン)は従来培ってきた筆記具メーカーとしての強み(定番として完成されたデザイン性や書きやすさ)をそのままデジタルペンでも活かせるということもあり、個人的にも非常に気になっています。また、EMRペンはワコムのタブレットなどで従来使われてきているだけに、液晶パネル側の対応もどんどん進歩してきていると思っています(EMRペン対応には液晶パネル側もEMRに対応していなければならないため)。Chromebookにおけるデジタルペンにおいても主流は現時点では圧倒的にEMRです。これは他方式(AESや最近話題のUSI)と比べて中にバッテリーを積む必要がないため、教育現場においての管理のしやすさ、というのもあるのかな、と思っています。使おうと思ったら充電切れ、電池切れ、というのは悲しいですし、電池が入ればどうしても基本的に若干太く、重くならざるを得ません。

ということで、今回発売されたAl-star、非常に気になっていたのですが、探してみてもまだ国内どころか米国などでも発売されていないようなんですね。で、LAMY公式のOnline Shopもヨーロッパの一部の国でしか取り扱いがありません。そこで、本国ドイツのAmazonを探してみたところ、

€49.90で販売しておりまして、更に日本直送可になっています。ということで、先日早速注文してしまいました

EU圏外のためVAT還付により、本体価格が€38.38に。更に国際郵便での送料が€7.5ということで、合わせて€45.88。こちらを上記のように外貨決済に強いソニー銀行のVISAデビットでユーロ建てで購入したので、日本円で5,518円でした。

ソニー銀行のSonyBank WALLETはクレジットカード決済よりもレート的にも為替手数料的にも安く上がることが多いので、海外旅行に行かれる方、また海外(米Amazonなど)からの購入をよくされる方は1枚持っておくと便利です。

ということで、到着は来月中旬くらい?になりそうですが、届きましたらまたご報告したいと思います。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の5冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

「100人いれば100通りのChromebookとの付き合い方がある。それぞれの365日がある。いろいろな人の、いろいろな形の、いろいろな365日を眺めてみたい。」

そんな想いから2018年後半から季刊ペースで出しているのがこちらです。この本は「実際にChromebookを使っている(もしくは興味を持っている)ユーザーたちで作り上げる会報誌」です。

毎回事前に寄稿者やアンケートの回答を募り、それらをまとめて作っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。