[かぶ] 本日発売予定のASUS C423NA、Acer Chromebook Tab 10の販売状況(2018年12月14日)

[かぶ] 本日発売予定のASUS C423NA、Acer Chromebook Tab 10の販売状況(2018年12月14日)

シェアする

スポンサーリンク

2018年も残り半月あまりとなった一昨日、昨日、日本エイサー、ASUS JAPANの2社が立て続けにChromebookの国内モデルの発売を発表しました。どちらも本日2018年12月14日の発売予定となっています。

エイサーはこのTab 10以外にもChromebox、今年発売されたLTEモデルC732Lの派生モデル(タッチスクリーン対応、LTEなしx2種類)も合わせて発表しています。またASUS JAPANもC423NA以外に前日、エイサーと同日にChromebox3の発表を行っています。

国内販売モデルが充実してくるのは大変嬉しいことですので、折角なので当日の販売状況が知りたくて、ASUS Store Akasaka及び近くのビックカメラの店頭で展示状況、在庫状況を訊いてきました。

また合わせてネットショップ各店での販売状況についても触れたいと思います。

まずは2社の販路について。ASUSは直販のみ。エイサーは家電量販店、ネットショップ等。

ここ最近、ASUS JAPAN日本エイサーともに商品の展開方法(取扱店舗)が全く異なっています。

ASUS JAPANはC101PA、C213NA、C301CAなどの昨年発売された現行モデルに関しては家電量販店、ネットショップ等でも取扱がありますが、今年発売されたC223NA、及び今回のC423NAに関しては公式オンラインストアである「ASUS Store」及び直営店舗である前述の「ASUS Store Akasaka」のみとなっています。

これに対して日本エイサーは今回はビックカメラグループ(ビック、コジマ、Sofmap等)やヨドバシなどの家電量販店及びそれぞれのネットショップビックカメラ.comなど)、及び楽天市場やYahoo!ショッピングに出店しているネットショップの一部でも取扱があります。

これだけ見ると日本エイサーのモデルの方が入手がしやすいだけでなく、東京に限らず店頭で実物を手に取ってみることが出来る、という点でも魅力的ではあるのですが、実際のところはそこは日本市場のChromebook、なかなかうまいようにはいかないようです。

C423NAはメーカー在庫あり。Store店頭に展示はまだないものの、週明けには入荷、展示予定(ASUS JAPAN)

まずはASUS JAPAN。今回発売されたC423NAですが、現時点でASUS Storeでは在庫あり

注文次第発送されると思いますので(土日は不明)、最短で入手するのであればこちらがベター。

ASUS Store Akasaka店頭には今日の時点では展示、在庫ともにありませんが、現在展示用のモデルも含めて既に発注済みとのことなので、週明け、遅くても来週末くらいには入荷の予定(但し数台程度)とのことです。若干時間はかかりますが、実物を実際に手に取ってから、という方にはこちらがオススメです。

前回C223NAで発売後もしばらく展示モデルがなかったことがあり、その反省を活かして今回は早めに発注をしたそうですが、C223NA同様今回のC423NAもメインは文教法人市場のため、流通もそちらを優先せざるを得ないため(どちらのモデルも非常に人気があるそうです)どうしても店頭に廻ってくる在庫が少なくなってしまうそうです。

ただ、もちろん本日発売ですので予約も可能。入荷次第、受け渡しもしくは発送してくれるそうです(上記写真はようやく展示されたC223NA)。

現時点で全店店頭在庫、展示ともに「なし」、メーカーステータスも「未定」(日本エイサー)

続いて日本エイサー。こちらは上記のように書きましたが、今日はビックカメラで確認しただけですので、コジマ、Sofmap、更にヨドバシ等は分かりません。

ひとまず、ビックカメラグループではネットショップ上では「お取り寄せ」の状況。

ただ、店頭も現在各店「在庫なし」で同じく「お取り寄せ」となっています。

念のためお店の端末で調べて頂いたのですが、今日の時点では全店舗で展示なし、在庫なし。まだメーカーから入荷していない状況で端末上のステータスも「12月14日発売予定」のままのようです。ちなみにメーカー在庫も「未定」とのことでした。一応予約を受けることは出来るものの、「入荷に関してはいつになるかは未定」であることを了承の上、とのことでした。

追記:本日ヨドバシ.comで注文した方によると、やはりヨドバシもまだ在庫は持っていないようで、メーカーに発注を出している状況のようです。

店舗で確認した際も「えっ?Chromebookではなくてタブレットなんですか?」と混乱されていたので、今後入荷してもどこの売り場に並ぶのか、ちょっと気になるところではあります(ちなみに最近はChromebookの問い合わせも非常に多くなってきたそうで、お店に並んでいないので申し訳ありません、と言われていました。店員さんの間でも少しずつChromebookは意識はしてもらえてきているようです)。

続いてネットショップ各店。

といっても楽天市場やYahoo!ショッピングでもビックやコジマのショップなどが主なのですが、一部その他のお店も出品はしています。ただ、価格がバラバラなので、個人的にはやはり家電量販店店頭もしくは家電量販店のネットショップがオススメかな。ポイント10%は大きいです。

あと、毎回触れていますが、今回のChromebook Tab 10に関しては国内正規モデルは型番の末尾が「F14M」です。時々混じって別の型番の海外からの輸入モデル(しかも発送まで4週間以上、とか元々在庫自体持っていない)がありますので、注意しましょう。

大きく動き出すのは週明け以降か。引き続き状況を追いたいと思います。

Acer Chromebook Tab 10は国内販売を心待ちにしていた知人も何名かおりますし、また実際待たれている方も多いでしょう。またASUS C423NAも同じだと思いますし、何より私自身欲しい(Tab 10は既に持っているので)。

ということで、引き続き状況を追っていきたいと思っています。

あとは文中で触れたその他の発表されたモデルについてもどこかでまとめたいと思っています。

なお、エイサーのLTEモデルに関しては、今年の7月にメーカーよりお借りしてレビューしています。基本スペックは(タッチスクリーン対応、非対応を除けば)同じですので、参考にして頂ければ、と思います。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

シェアする

フォローする

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の4冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

「100人いれば100通りのChromebookとの付き合い方がある。それぞれの365日がある。いろいろな人の、いろいろな形の、いろいろな365日を眺めてみたい。」

そんな想いから2018年後半から季刊ペースで出しているのがこちらです。この本は「実際にChromebookを使っている(もしくは興味を持っている)ユーザーたちで作り上げる会報誌」です。

毎回事前に寄稿者やアンケートの回答を募り、それらをまとめて作っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。

まずは2社の販路について。ASUSは直販のみ。エイサーは家電量販店、ネットショップ等。

C423NAはメーカー在庫あり。Store店頭に展示はまだないものの、週明けには入荷、展示予定(ASUS JAPAN)

現時点で全店店頭在庫、展示ともに「なし」、メーカーステータスも「未定」(日本エイサー)

大きく動き出すのは週明け以降か。引き続き状況を追いたいと思います。

  • まずは2社の販路について。ASUSは直販のみ。エイサーは家電量販店、ネットショップ等。
  • C423NAはメーカー在庫あり。Store店頭に展示はまだないものの、週明けには入荷、展示予定(ASUS JAPAN)
  • 現時点で全店店頭在庫、展示ともに「なし」、メーカーステータスも「未定」(日本エイサー)
  • 大きく動き出すのは週明け以降か。引き続き状況を追いたいと思います。