[1304-201607] 梅雨明け後のこの時期の週末に是非試して欲しい、革靴のお手入れの3つのこと。

[1304-201607] 梅雨明け後のこの時期の週末に是非試して欲しい、革靴のお手入れの3つのこと。

スポンサーリンク

ようやく関東も梅雨明けになりました。今年は東京に関してはそれほど激しく雨が降った印象がありませんでしたが、久しぶりに夕立に革靴が濡れたりとそれなりに靴にとっては大変な時期だったかな、と思います。何より靴よりも私自身が気温の変化に体調を崩したりと、靴以上に私自身のお手入れが必要かもしれません。

梅雨明け後のこの時期の週末に是非試して欲しい、革靴のお手入れの3つのこと。

昨年も取り上げましたが、この梅雨時期に革靴もしっかり酷使されていると思います。そこでこれからの暑く、また突然の夕立も多い時期に向けて、この週末にちょっと梅雨明けのお手入れをしてみてほしいな、と思います。今回は3つのポイントを挙げてみました。

雨に濡れて傷み色も落ちてきたコバ周りは思っている以上に目立ちます。

人間、足元を見られる、という言葉のように、足元というのはとても大切です。同様に、革靴にとっての「足元」も、人間同様ついつい忘れられがちですが見栄えにも大きく影響する大切な部分です。
わかりにくい書き始めでしたが、靴にとっての足元、要はコバ周りです。
shoe-wash-care-04a
雨に濡れたまま、また普段からぶつけていたりすると、気が付くとコバ周りの色が禿げてしまっていることが多いのです。これが思った以上に目立ってしまいます。また、特に忘れがちなものが、雨に降られたまま気づかずにいる踵周りです。
shoe-wash-care-05a
革の積み上げタイプの踵の場合には、意外と疎かになりがちです。上の写真は雨ではなく、先日の靴丸洗い直後の状態ですが、踵周りはこれくらい普通に色も剥げてきます。

久しぶりに革靴を水洗い(丸洗い)しました。今回は千葉刑務所謹製靴です。 最近はSNS等を眺めていても大手靴修理のお店などが「革靴の水洗い」をメニューの一つとして勧めていたりしますので、比較的一般的...
通常のコバインキタイプのものを用いても良いのですが、今回はこちらを使ってみました。
shoe-wash-care-07

服などに付かないように気をつけながら、塗りこんで、その後にブラシで伸ばしていきます。乾いたら磨き上げれば完成です。
shoe-wash-care-08
コバ周り(カカト周りも)は普段甲革に使っているクリームではなかなか色が乗りません。簡単なお手入れで見違えるように靴も蘇りますので、この週末に忘れずにチェックしておきましょう。

一般的なコバインキですが、梅雨時は革底よりも合成底の靴の出番も多かったのではないか、と思います。合成底の場合には通常の革用のコバインキだと弾いてしまったりしてきちんと補色が出来ません。合成底用のコバインキを使いましょう。合成底も意外と色は落ちてきます。

革靴がボロボロ?ボロボロなのは革靴じゃなくて靴ひもです。

靴好きでも意外と後回しにしがちなものが、靴紐です。
[kanren postid=”5782″]
勿論普段から脱ぎ履きの際には緩めることは必須ですが、それでも雨に濡れたり日々結んだり緩めたりを繰り返している内に、思った以上にクタクタになっています。
0708-201503_Shoe Lace 04
一瞬、それほどボロボロになっていないような気がする靴紐。普段から触れていても、見慣れてしまって「別に傷んでないよ」と思ってしまいます。
0708-201503_Shoe Lace 01
けれど、実際に替えてみると驚きます。靴紐を外した途端にため息が漏れると思います。「あ、こんなに酷使していたんだ」と。
そして、新しいハリのある靴紐に交換した革靴を見ると、思っていた以上に靴が蘇るのがわかります。靴紐、数百円です。下手なクリームだクリーナーだ、と考えるよりも余程効果が大きいと思います。
梅雨時は特に雨に濡れる機会が多く、紐も傷みやすいので、まとめて買っておくと良いかな、と思います。

紗乃織靴紐など少し高めの靴紐もあります。

先日触れた宮城興業の和創良靴のコレスポンドシューズ。大変気に入っているのですが、そろそろ紐がよれてきていました。なんとなくクターッとして弱々しいな、という気がしていましたので、そろそろ替えたいと考えて...
使い始めは固めで若干ベトつきもあり、また締め具合もポイントで強めになるため好みが出ると思います。高いから良い、というわけでもありませんので、幾つか試してみると良いでしょう。

丸紐と平紐を変えるだけでも靴の印象は大きく変わりますし、フィット感も変わります。

靴紐、ちゃんと結べますか?あれ、単なる飾りじゃないんです。そして、面倒なあまり、あまり好印象を持たれていない靴紐。 多いのが、靴紐を解かずに脱げるように、ユルユルに結んで脱ぎ履きしている人。あまりに勿...
https://office-kabu.jp/shoes/how-to-choose-your-shoes/post-4514

特に靴をたくさん持っている人ほど注意が必要です。日光浴させましょう。

0890-201507_Shoes 03
梅雨時は玄関先の湿度もかなり高く、また革靴自身も外から内から水分を多く含んでカビも生えやすければ傷みやすい状態にもなっています。
そこで、日光浴させましょう。

天日干しです。 目的はカビ対策。写真の2足はこの梅雨時も特にカビ等にはやられていませんが、天日干ししたいのは表面よりもむしろ靴の内側です。 革に直射日光は良くないと言われますが。 確かにあまりに暑い...
革に水、が心配なように、革に日光浴に対しても不安になる方も結構いるのではないか、と思いますが、

革に直射日光は良くないと言われますが。
確かにあまりに暑い日に直射日光に晒し続ければ、人間でも身体に良くないように、革にとっても良くないと思います。また、よく雨の後にやってしまう「乾く前に」いきなり日向に靴を干してしまうこと。これはかなり負担になります。
ただ、思い出してほしいのは、普段私達、炎天下の中、革靴履いて一日歩くこともあるんですよね?あれは革靴がダメになるのでやめましょう、というのは聞いたことがありますか?

多くの方にとってはデメリットよりもメリットのほうが多いと思っています。あとは靴大量に持ってて、普段あまり考えずそのまま箱に入れて保管している方。通気性は悪いわ湿度も埃もてんこ盛りで、酷いことになっている場合もあります。
ようやく天気も良くなってきましたので、週末に2〜3時間(にわか雨に備えて家にいる時にしましょう)、靴を日光浴させてあげてください。

あとはこまめなブラッシングとから拭きです。なるべく靴に触れてあげましょう。

どんなに大切に保管していても、ただ飾っているだけでは靴はどんどん力を失っていきます。なるべく靴は触ってあげましょう。ちょっとの時間でも構いません。履いてあげてください。

数足のローテーションで日々回している方はあまり気にする必要はないと思いますが、気が付くと手元に靴が10足を超えてきた、何足あるか分からない、となった時に悩むのが、履いていない靴の保管方法です。 そも...
そして必要なことは、しつこいとは思いますが、こまめなブラッシングとから拭きです。これだけでもおそらく半日くらい使ってしまうのではないかと思います。
気がつけば来週はクリスマス、それが過ぎればあっという間に大晦日、そして2016年です。この時期はお仕事も忙しく、また掃除や年賀状などそろそろ、と考えられている方も多いのではないでしょうか。あとはクリス...
元気になった靴を眺めていると、またちょっとこの靴を履こうかな、と楽しい気持ちになれると思います。あなたの足元を支え続けてきてくれたその革靴は、これからもまだまだあなたとともに歩んでくれることでしょう。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。