[0890-201507] 梅雨の合間の晴れた日に私がする革靴の簡単なケア。天日干しはカビ予防にもオススメです。

[0890-201507] 梅雨の合間の晴れた日に私がする革靴の簡単なケア。天日干しはカビ予防にもオススメです。

スポンサーリンク

天日干しです。
0890-201507_Shoes 01
目的はカビ対策。写真の2足はこの梅雨時も特にカビ等にはやられていませんが、天日干ししたいのは表面よりもむしろ靴の内側です。

革に直射日光は良くないと言われますが。

確かにあまりに暑い日に直射日光に晒し続ければ、人間でも身体に良くないように、革にとっても良くないと思います。また、よく雨の後にやってしまう「乾く前に」いきなり日向に靴を干してしまうこと。これはかなり負担になります。
ただ、思い出してほしいのは、普段私達、炎天下の中、革靴履いて一日歩くこともあるんですよね?あれは革靴がダメになるのでやめましょう、というのは聞いたことがありますか?

冒頭でも触れましたが、目的はむしろ靴の内側。

0890-201507_Shoes 03
これ、以前あるメーカーの方に教えていただいたことなんです。晴れた日に靴をハンガーか何かにかけて、内側にも風と日が入るようにして短時間でも良いので干しておくと、カビ対策にも良い、と。
あ、もっとストレートだったかな。この時期カビが気になるなら、晴れた日に干しちゃえばいいんですよ。くらいだったかも。
外側は普段歩いていても日光に晒されていますので、それ程でもないのですが、靴底であったり、靴の内側は日光が当たらないですよね?特に内側は外にいる時は足が入っていて、更に暑ければ汗まで大量に含んだ状態ですし。

本気でやるなら靴紐も解いて徹底的にやるのが一番ですが。

面倒だったので、今回は軽く。それでも紫外線というのは凄いものです。
天日干しの殺菌効果| 比べる×調べる | エフシージー総合研究所

細菌数を減少させる大きな要因は太陽光に含まれる紫外線です。太陽の高度が最も高くなる12時前後が紫外線量も最も多く、日が傾くとともに紫外線量も少なくなっていきます。天日干しをする時間帯は10時~14時の4時間がお勧めです。

悪いことばかりではないんですね。特に日陰よりも日向のほうが殺菌効果は強いようです。

天日干しはカビにも有効です。靴、バッグなどの革製品や布団といったカビが生えやすい物は週に1回程度、天日干しをすることでカビの発生を予防することができます。

書こうと思っていた結論が既にこちらで書かれていました。

天日干しの時間や加減は自分で考えて行いましょう。天日干し後のケアもオススメです。

この時期、カビ対策のために、除湿や乾燥剤、防カビ剤までついつい考えてしまいますが、最も手頃で効果の強い方法がもっと身近にあったんですね。お日様はやっぱり素晴らしいです。
0890-201507_Shoes 02
もちろん、日光浴もしすぎると人間なら火傷するくらいですから適度が一番ですが、革は人間の皮膚と違って自分で水分や油分を生み出せません。もし気になるようであれば、日光浴後にせっかくなので軽くお手入れしてあげましょう。
私の最近のお気に入りがこちら。


なんか画像が出ないのが残念ですが、少しお値段はしますが、使っていて気持ちの良いクリームです。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。