[かぶ] 今年頂いたご支援とその後についてご報告します(ブログ)。

[かぶ] 今年頂いたご支援とその後についてご報告します(ブログ)。

シェアする

スポンサーリンク

2018年に頂いたブログ「おふぃすかぶ.jp」に対してのご支援をご報告したいと思います。

今年の5月末に公開しました、「おふぃすかぶ.jpのサポーターになりませんか?」。

人によってはあまり良い印象を持たない方もいらっしゃるかと思いますが、今年の5月から始めさせて頂きました。そしてこの半年、多くの感想やメッセージとともに、様々なご支援を頂きました。もちろんそれらはここでご報告するような形に残るものだけではありません。様々な人との出逢いや交流、繋がりが出来たのも今年の大きな宝物でした。本当にありがとうございます。

前回まで2回に渡って、2018年に頂いたご支援についてご報告させて頂きました。

今回はブログ経由、前述の「おふぃすかぶ.jpのサポーターになりませんか?」から頂いたご支援についてご報告させて頂きます。

Amazonほしい物リストより

Amazonほしい物リストより7名の方が送って下さいました(ごめんなさい、最初の3名は日付が残っていなかったため、こちらでご報告した日にしています)。

2018.04.06 Amazon
ギフト券
ソト(@t_soto)様 1,000円
2018.05.28 Amazon
ギフト券
Dr.Kaeru(@Dr_Kaeru)様 1,000円
2018.05.28 Amazon
ギフト券
タケイマコト(@pcefancom)様 1,000円
2018.06.02 Amazon
ギフト券
としさん(@toshi3_12)様 2,000円
2018.07.06 Amazon
ギフト券
&-(&-‘s Blog)様 1,000円
2018.07.08 Amazon
ギフト券
GEEQ(@GEEQ910)様 1,000円
2018.08.13 Amazon
ギフト券
あーねすと(@eeernest)様 1,000円
8,000円

まずは支援というよりも、誕生日後の月末に突然届いた一通の手紙。ソト(@t_soto)さんから頂いたさり気ない贈り物からすべては始まります。

その後ソトさんには電子書籍の表紙をお願いしたり、何度か直接お会いしたり、と今年は色々とお世話になりました。

その後、大阪オフ会でもお会いすることになるDr.Kaeru(@Dr_Kaeru)さん(会報誌発行の際にもご支援頂きました)や、

先日待望のビデオハングアウトでお話しすることが叶ったタケイマコト(@pcefancom)さんからも頂きました。

ここまでで頂いたギフト券で、2015年刊行の日本におけるChromebookガイドの決定版。goodegg0843(@goodegg0843)さんの「Chromebook徹底活用ガイド」の購入に充てさせて頂きました。

その後、としさん(@toshi3_12)、

そして&-(&-‘s Blog)さんからも頂きました。お二人から頂いたAmazonギフト券で、「外でChromebookを使う際に役立つのではないか」と、キングジムのモニタリングアラーム「TRENE(トレネ)」の購入の際の一部に充てさせて頂きました。

その後にGEEQ(@GEEQ910)さん、あーねすと(@eeernest)さんからも頂いております。ありがとうございます。

実はこちらに関しては、何に充てさせて頂こうか悩んだまま、まだ使えずにおります。折角頂いたからには、何かブログに還元できるものに充てたい、と思っているのですが、なかなか「これだ!」というものに出逢えずにおります。ただ、使わせて頂いた時には改めてこちらでお礼とともにご紹介させて頂きます。

ありがとうございます。

ビットコインで投げ銭について。

最近になって読まれた方は「何それ?」と思われたかもしれませんが、当時こうした場合の方法を模索していた中で「ビットコイン(BTC)で投げ銭」というものを思いつきました。というか、見つけました。

こちらでお二人、お知らせ直後に投げ銭をして下さった方がいらっしゃいます。

GoUrl.io BitCoin Donation

お一人目がSM様。お名前を出して良いのか分かりませんので、今回もイニシャルとさせて頂きます。

GoUrl.io BitCoin Donation

もうお一人がいづも(@lilycandid)さんです。

ありがとうございます。お二人合わせて0.00059645 Bitcoinを頂いたことになるのですが、その後の仮想通貨の流れの中で、どうこれを活かしていこうか悩んだまま今日に至ります。

と書くとまるで意味がなかったかのように捉えられてしまうと申し訳ないのですが、私の中ではとても嬉しい贈り物であることに変わりはありません。ビットコインの投げ銭って簡単なように見えて、きっと多くの方にとってはちょっと面倒で、何となく訳が分からなく、少しハードルが高い行為だと思うんですね。それでも「投げ銭するよ」「応援するよ」と思って下さった。その気持ちがとても嬉しいのです。

仮想通貨、特にビットコインも今後どうなっていくか分かりませんが、引き続き投げ銭の仕組みは残しておきたいと思っています。

どこかで誰かがこのブログのことを考え、想っていてくれている、ということがとても嬉しい。

綺麗事のように聞こえるかもしれませんが、本当に正直な気持ちです。元々この「サポーターになってくれませんか?」ということも、「これでたくさんもらってウハウハ」とか考えていたわけでは一切なく、本当に前半の
誕生日後の月末に突然届いたソト(@t_soto)さんからのさり気ない贈り物がきっかけです。

お金を頂く、というのは本当に凄いことで、簡単に捉えてはいけないことだと思っています。こんな私のようなどこの誰とも分からないようなカブトムシの不惑のおじさんに「応援するよ」と声をかけてくれる。それはとても貴重で、本当にありがたいことだと思っています。だからこそ、このブログもこれからも長く続けていきたいし、貴重な時間の一部を費やして頂く以上、「楽しい」でも「役に立つ」でも「鬱陶しい」でも良いので、何かしら感じてもらえて、持ち帰れるものがあれば、と思っています。

だから、もちろん今回ご報告したような何かしらの「形の残る」モノでご支援頂いていなくても、その後ろには更に多くの「いつも見ています」「いつも読んでます」「楽しみにしています」と言って支えて下さる方々がいることを常に感じています。

本当にありがとうございます。

2019年も、今年以上により精力的にブログやSNS、更にネット以外でも活動していけたら、と思っています。そして、そんな動きの中の何かが、あなたにとっても「ちょっと折角だから付き合うか」と思ってもらえるようなものであることを願っています。

これからもよろしくお願いします。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

シェアする

フォローする

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の4冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

「100人いれば100通りのChromebookとの付き合い方がある。それぞれの365日がある。いろいろな人の、いろいろな形の、いろいろな365日を眺めてみたい。」

そんな想いから2018年後半から季刊ペースで出しているのがこちらです。この本は「実際にChromebookを使っている(もしくは興味を持っている)ユーザーたちで作り上げる会報誌」です。

毎回事前に寄稿者やアンケートの回答を募り、それらをまとめて作っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。

2018年に頂いたブログ「おふぃすかぶ.jp」に対してのご支援をご報告したいと思います。

Amazonほしい物リストより

ビットコインで投げ銭について。

どこかで誰かがこのブログのことを考え、想っていてくれている、ということがとても嬉しい。

  • 2018年に頂いたブログ「おふぃすかぶ.jp」に対してのご支援をご報告したいと思います。
  • Amazonほしい物リストより
  • ビットコインで投げ銭について。
  • どこかで誰かがこのブログのことを考え、想っていてくれている、ということがとても嬉しい。