[革小物] 私も2つ愛用中の国立商店製「レザー x パラフィン帆布ポーチ」が僅かに入荷。元々生産数が毎回限られているので、押さえるなら今かも。

[革小物] 私も2つ愛用中の国立商店製「レザー x パラフィン帆布ポーチ」が僅かに入荷。元々生産数が毎回限られているので、押さえるなら今かも。

シェアする

スポンサーリンク

ちょうど昨日、レザースリーブなど革製品でいつもお世話になっている国立商店がこんなツイートをしていたので、ちょっと久しぶりにこの製品について書いてみたいと思います。

昨日の内に文章にしてしまえば良かったのですが、各種小量数だけ、とのツイート通り、既に「ブラック(ボックスカーフ) x ブラック(帆布」「ブリティッシュグリーン(ブライドルレザー) x ブラック(帆布)」を除いてすべて在庫切れになっています。在庫切れのモノが気になる方はそれぞれの「入荷メール登録する」を登録しておくのが良いかと思います。結構あっさり無くなるので。元々が

スリーブケースなどの大きな面積が必要な革を取ったあとに残る小さな革を組み合わせて作っています。
革の風合いを手にしてみて欲しい – そんな理由からリーズナブルにご提供する製品です。

こういうコンセプトの商品なので、生産数自体が少ない、というのもあるかもしれませんね。今ちょうど「職人が作るレザースリーブ 16インチMacBook Pro用」が発売、生産されている最中なので、その関係で革が少し出たのかもしれません。

ちなみに私はこの製品の出始めに1つ購入、とても気に入り、その後追加で別色でもう1つ追加購入しています。今も旅行時だけでなく日常でも愛用していますので、ちょっと折角なので現在の状態をご紹介しようと思います。

革製品は光の当たり具合や明るさで表情が変わるので写真に撮るのが難しいのですが、

とりあえず愛用している内の1つ。もう一つは結構宿泊を伴う旅行などの際の充電器等を入れっぱなしにしているので、もう少し中に変化のあるこちらを挙げてみました。

革といっても最近はPUレザー(合成皮革)の中にも革と質感が非常に似ているだけでなく、むしろ個体差がないので綺麗に見えることもあって、そちらが革だと思ってしまっている方も多い気がしています(靴屋で働いていたときも革ベルト、革靴でよく言われた)。

また、最近は本革、といっても非常に安いものもあるので(安いには安いなりの理由があるのですが)結構この価格(3,000円〜4,000円)でも「高い!」と思われる方も多いみたいですね。レザースリーブなんて製造の工程や革の質感を考えるとあの価格で作れるのは非常にありがたいことなのですが。と、しっかり脱線してしまいましたので(革のことになると口うるさくなる)戻ります。

こちらのポーチは普段使いということもあって、結構中身が変わるのですが、現在こんなモノが入っています。Chromebook TabletとAmazon Fire HD 8用のアクセサリー中心に入っています。

私、普段はChromebook1台(最近はDell Latitude 5400 Chromebook Enterprise)とFire HD 8タブレットをメインで持ち歩くのですが、時々Chromebook Tablet(CT100PA)も一緒に持ち歩くことがあるので。で、Chromebookに関しては特に別途持ち歩く必要があるものってほとんどないんです。

ここで挙げたノートパソコンスタンド「フォルダブル」(このポーチには入らないので入れてない)と、先程の写真にも右下に写っている「モニタリングアラーム TRENE」くらいです。マウスはChromebook Tablet用、モバイルバッテリーが写っていますが、これはスマホの充電用で、Chromebookって普通に半日使っててもまだ充分にバッテリー余裕があるくらいなので、基本充電系のモノは持ち歩いていません。この辺、本体の重量がそこそこあっても、荷物全体としてはそこまで重くならずに済んでいる良さかもしれません。

私、外でChromebook使う際には公衆Wi-Fiが繋がっているところが多いですし、Wi-Fiの調子が悪くてもLatitude自体がLTE対応なので、モバイルルーターもChromebook用というよりFire HD 8用です。結構出先で本読んでるつもりが思わずストア覗きたくなってしまうこともあるので。

電池はPixelbook Pen用です。このペン、AESペンなので単6電池が必要なのですが、そこまでペンを常に使うわけではないので、結構使おうと思った時に限って電池切れてるときが多いんです。で、単6、意外と出先で入手が難しいことが多いので、常に持ち歩くようにしています。

あとは右に写っている白いケース。ワイヤレスイヤホンです。ここ最近ワイヤレスイヤホンは幾つか購入しておりまして、それぞれに別々のスマホやタブレット、Chromebookなどに繋いでいるのですが、このSudio TOLVがFire HD 8タブレット用。出先でFireタブレット上のAmazonミュージックから音楽を流しながらKindle書籍を読む、ということを時々するので、入れてます。

これらをすべて入れた状態でポーチを上から見てみるとこんな具合です。

結構凸凹にならず綺麗に収まりまして、取り出しも特に不便はありません。このポーチ、基本的に中に小さなポケットが1つあるだけのシンプルなものなので、この限られた空間の中に何をどう組み合わせて入れるか、って結構楽しい悩みだったりします。

で、何となく全体の重さを計ってみたら(ここまで挙げた中身含めて)567gでした。おお、これだけで0.5kgにもなるのか。

手触りも良好です。革に関しては、アジだ経年変化だなんだと言われますが、結局は可愛い我が子と同じで他人から見ればただ汚いだけ(我が子が汚い訳ではない)かもしれません。ただ、本人にとっては、この少しずつ変化していく様子が、やはり愛着を増すんでしょうね。これからも長く愛用していきたいと思っています。また機会があれば、もう一つの方も取り上げてみようかな、と思います。

ということで、この国立商店の「レザー x パラフィン帆布ポーチ」、もし気になったら在庫がある内に押さえておきましょう。こういうのはじっくり悩んで、とか待って、というものではありません。だって国立商店も言っていますが「革の風合いを手にしてみて欲しい – そんな理由からリーズナブルにご提供する製品」なんですから。日々気軽に愛用して、革の良さを感じて欲しい。革好きとして、そんなことを思っています。

私もこの機会に追加購入しようかな‥今、2つともブラウンヌメ革なので、ちょうどまだ在庫がある「ブラック(ボックスカーフ) x ブラック(帆布)」も試してみたいんですよね。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の5冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

「100人いれば100通りのChromebookとの付き合い方がある。それぞれの365日がある。いろいろな人の、いろいろな形の、いろいろな365日を眺めてみたい。」

そんな想いから2018年後半から季刊ペースで出しているのがこちらです。この本は「実際にChromebookを使っている(もしくは興味を持っている)ユーザーたちで作り上げる会報誌」です。

毎回事前に寄稿者やアンケートの回答を募り、それらをまとめて作っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。