[かぶ] Google Pixel Slateが再び値下げに。純正キーボードとPenがセットで499ドルから。日本直送は不可。

[かぶ] Google Pixel Slateが再び値下げに。純正キーボードとPenがセットで499ドルから。日本直送は不可。

シェアする

スポンサーリンク

このブログでも何度も取り上げていますが、一昨年末に発売されたGoogleのデタッチャブルタイプのChromebook、Pixel Slateが再び値下げになっています。従来のキャンペーン同様、純正キーボードカバーとペンがセットで499ドルから。最上位のCore i7モデルでも899ドルと非常に魅力的になっています。

発売直後にPixel Slateの最上位を買い、今も愛用している私なりの視点については先日改めて上記で文章でまとめています。

現在確認できているだけでも(日本直送は不可のため、日本から転送サービス等を使って)購入可能なショップとして、Google Store(本家)、Amazon(米国)、B&H(米国)があります。

まずはGoogle Store

これが購入(発送)できるのであれば、一番無難で安心な選択肢です。Brydge G-Type Keyboardも選択できるようですが、G-Typeは元々日本への直送も可ですし、敢えて転送サービスを使って注文するのであれば、純正キーボードカバーがおすすめです。そのまま使おうとすると多少癖があり好みもあると思いますが、ちょっとした工夫次第で使い勝手が大きく変わるのも純正キーボードカバーの魅力です。

ここまでしなくても、キーボード下に多少の厚みとクッション性のあるモノを敷いてあげるだけでキータッチが劇的に改善されます。

ということで、Google Store、注文自体は可能なのですが、結構人によって注文出来るときと出来ない時がありまして。結構、発送前に突然キャンセルになることもあるんですね。散々待たされた挙げ句にキャンセル食らうと結構凹みます。その間に後述するように結構米Amazonなどでも発売してたりするので、そちらを選んだほうが良かったのではないか、ということも度々。他で扱いがない、Google Store専売の場合には仕方ないんですけどね。

単純にGoogleアカウントが米国のものかそれ以外のものか、だけでは判断してないような気もしています。というのは、私自身、転送先の住所を転送サービスではなく、米国在住の叔父の自宅にしたり、決済方法を変えたり、アカウント自体米国アカウントで注文したり、と色々試してみたのですが、出来るときと出来ない時が結構バラバラなので。その点では結構悩ましいです。

続いてお馴染み米国Amazon

既にスタンダードなCore i5モデルが”Currently unavailable.”となっていますが、多くの方が検討されているであろうm3版($499.00)はまだ残っているようです。Amazonは一応今回販売も発送も「Ships from and sold by Amazon.com.」のprime対象なので、その点で初期不良時等の対応が比較的柔軟なのは魅力です。転送サービスを介して購入した場合でも、日本から返送する際の送料も交渉次第で全額Amazon側が負担してくれる場合もあるので、その安心感は大きいですね。

最後にB&H

こちらはカメラ好きな方には以前からお馴染みのお店の一つですが、日本直送が可の商品も多く、またそうした場合の返品や交換にも比較的柔軟に対応してくれる老舗です。ちなみに今回のPixel Slateは日本直送不可なので、転送サービスを使い必要はありますが。

こちら、上記の商品ページを見る限りではPixel Slate本体だけのように見えるのですが、カートに入れると自動で純正キーボードカバーとペンが一緒に追加されます。

B&Hは私も何度か利用させて頂きました。その内1回は初期不良だったのですが、対応も丁寧で、返金もスムーズに(クレジット決済のキャンセル処理)行ってくれました。

唯一気をつける点としては、こちらのお店はカード決済時に、一旦全額の決済を行った上で、発送時に事前承認小額決済を行う(つまり通常のネットショッピングと逆。時々こういうお店があります。)という点です。「?」と思われた方も多いと思うのですが、よくネットサービスなどでクレジットカードを登録すると、小額の決済が一旦行われて、その後に即返金(キャンセル処理)されているのに気づかれるのではないか、と思います。カードを登録する前に、予め「そのカードが実際に使えるモノで、信頼できるものか」を予め小額決済することで確認した上で、本決済が出来るようにしているんですね。

で、一般的にはこの順番なのですが、時々お店によってB&Hのように、予め決済しておいて、発送時に事前承認小額決済を行うところがあります。これ、普通のカードを使っている場合には問題ないのですが、例えばVISAデビットカードの一部などで「100円未満の小額決済には利用できません」といった但し書きのあるカードがたまにあります。そういうカードの場合、決済はされるのに、事前承認小額決済が100円未満のため下りずに、結果として発送が出来ない→一旦キャンセルしてカードを別のものにする必要がある、ということが発生します。この点、使われる予定のカードについて予め確認しておく必要があります。

そこさえ問題なければ、海外からのChromebook購入においては結構便利なお店です。

さて。

昨年から度々行われてきたPixel Slateの値下げです。その都度「悩みながらも転送サービスがハードル」になって、結局購入に至れなかった方もいるのではないでしょうか(実際そうした相談を幾つか頂きました)。

モデル自体は通信モジュールは技適認証に通っていますので日本での使用は可能ですし、Googleの一昨年のハイエンドChromebook、そして発売当初は非常に話題になったモデルです。相性が合えば非常に使い勝手も良い魅力的なモデルです。

ただ、個人的には、「安いからAndroidタブレット代わりに」とか「安いからとりあえず」的な感覚で購入を決める前に、まずは一度ご自身の用途を見直してみてほしいな、と思っています。

幾ら安かろうが、ハイスペックであろうが、自分がChromebookで考えている用途がそもそもChromebook自身相性が悪いものなのであれば、結局中途半端に感じて、使わなくなってしまいます。発売直後からそうした感覚を抱いて手放した方もチラホラと見かけますし、昨年末のセール以降でも非常に気に入って愛用されている方と、早速手放すことを検討している方で大きく分かれています。

私自身、発売直後に最上位モデルを悩まず選びながらも、一旦手放しています。その後月日を経て、自分の中でのこのモデルでの用途がある程度イメージできたので、改めて最上位モデルを買い直しています(最上位であることを自慢したいのではなく、用途に合うのであれば最上位モデルは非常に魅力的なモデルだ、ということです)。

私は今でも非常に気に入っていますし、Dell Latitude 5400 Chromebook Enterpriseという更にハイスペックなChromebookが手元にある状態でも、また違った立ち位置のモデルとして、日々結構使っています。先日液晶に幾つか小傷が入っていることに気づいてしまい、予め液晶保護フィルムなりを貼っておけば良かった‥と少し凹んでいますが。

この価格自体がこのまま継続、という話もありますが、ということはGoogle自体、このPixel Slateを広めたい、というよりも、このGoogle自身の開発したタブレット型端末の在庫を一掃したい、という思惑もあるのかな、と感じています。

この「幾つかの惜しさ」が本来の魅力を見えなくさせてしまい、その結果低評価に甘んじることになってしまった、ある意味悲劇のモデル、Pixel Slate。個人的にはその魅力に気づいてくれる人が増えてくれるといいな、と願っています。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の5冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

「100人いれば100通りのChromebookとの付き合い方がある。それぞれの365日がある。いろいろな人の、いろいろな形の、いろいろな365日を眺めてみたい。」

そんな想いから2018年後半から季刊ペースで出しているのがこちらです。この本は「実際にChromebookを使っている(もしくは興味を持っている)ユーザーたちで作り上げる会報誌」です。

毎回事前に寄稿者やアンケートの回答を募り、それらをまとめて作っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。