[かぶ] Black Friday&Cyber Monday再び?Samsung Chromebook Plus V2とAcer Chromebook Spin 13が大幅値下げ中。

[かぶ] Black Friday&Cyber Monday再び?Samsung Chromebook Plus V2とAcer Chromebook Spin 13が大幅値下げ中。

シェアする

スポンサーリンク

2019年のChromebook。CES2019以降の新作の発表も一段落して、次は今月25日からバルセロナで開催されるMWC(モバイルワールドコングレス)2019辺りでまた動きがあるのかな、と思っています。ということで、少しのんびり、Pixel Slateの到着でも待ちながら、ちょっと気になっていたC423NAの入手でも考えようかな、くらいに考えていたところ、米Amazonでさり気なく大幅に価格が下がっているモデルが出ています。のんびり気軽な気持ちで下手に米Amazonなんて覗かなきゃ良かったか。

Samsung Chromebook Plus V2(Celeron、4GB RAM、32GB eMMC版)が$160(32%)オフの$339に。

まずは昨年のBlack Fridayの時期にも$150オフとなり、日本でも購入された方が結構いたSamsung Chromebook Plus V2。私は当時自宅の夫婦共用のWindows PCの環境構築(要は自作)で力尽きておりまして、まったく手が出ない状況でした。発表当初から欲しかったのになぁ、V2‥と嘆いていたら、このブログをお読みいただいている方から「お貸ししますよ」とありがたいご提案をいただき、先日レビューさせていただきました。

そんなV2、その後も小規模な値下げ(それでも$50〜80くらい)は行われていたのですが、今回、Celeron、4GB RAM、32GB eMMCモデルであるK01USのみですが、$160(32%)オフ$339.99となっています。前回のBlack Fridayより更に$10安くなっています。

先日はCore m3を載せたK02USをお借りしました。K02USの印象は前述のレビューの通りではあるのですが、Samsung Chromebook Proが揉まれて成長して帰ってきた、とも言える高いレベルでのバランスの良さが魅力でもありました。それに対して今回価格が下がっているK01USは発表当初に発売されたモデルで、個人的には実用性が高く、道具感の強い印象を持っています。価格とのバランスを考えても非常に良いところを突いてくるな、という部分もあり、個人的に今回も非常に苦しいです(前回触れましたが、最上位Pixel Slateがただいま日本に向かっているところなので、流石にこれ以上は今は厳しい)。

レビューでも書きましたが、どうも私とSamsung Chromebook Plus V2の相性が悪いようでして。逢いたいな、と思いながらなかなか逢えないのが辛くもあります。なぜ今この時期このタイミングで、という自分勝手な想いを抱いています。

Samsungのモデルは基本的に日本国内でのサポートは受けられないもの、と思っていただいたほうが良いと思いますので、その点の割り切りは必要にはなりますが、価格的にも、またモデルの魅力を考えても、前作Plus、Pro以上に勧めやすいモデルになっているかな、と思っています。

Acer Chromebook Spin 13(CP713-1WN-53NF)が$200.99(22%)オフの$699.00。

こちらも昨年末のCyber Mondayセールに続いての大幅値下げ。前回と同じく$200.99(22%)オフ$699.00です。ちなみに前回は$200オフ、1日限りのセールでした。今回はどうでしょうか。

Spin 13に関しては昨年の発表以降、なかなか発売されず、「とりあえずSpin 13待ち」の方を多く生んだのですが、前述のCyber Mondayセールで日本でもちらほらと購入された方を見かけています。レビューはほとんど見かけませんが、実際に購入された方の感想は非常に良好なようですね。ちなみに昨日触れましたが、ようやく最上位モデルがB&Hに入荷したようです。

個人的には元値の$899.99でも十分に価値のあるモデルだと思っているのですが、一度大幅な値下げをされてしまうとどうしてもそのイメージが付いてしまうのは切なくもあるな、と思っています。その点では昨年のBlack FridayやCyber Mondayのある年末まで焦らさずに、もう数カ月前に発売していてほしかった。元々発売前からこのモデルには少し感傷的になっていたくらいですので、個人的には気にはなっているのですが、どうもこのSpin 13に限らず、Acerのハイスペックモデルとは(以前の14 for Workといい)縁がないのが寂しくもあります。

でも良いモデルです。またここまで下がるとは。というか、下げざるを得ないのかな。

海外販売モデルは価格や種類が魅力的ですが、保証に関しては注意しましょう。

ということで今回も海外販売モデルの値下げ情報を書きました。最近は日本発売モデルも充実してきましたが、海外はより多くのメーカーの幅広いモデルがあり、また価格的にも魅力的なことから、検討されている方も多いと思います。

私も今までにそうして20台近く海外モデルを購入してきましたし、これからも惹かれたモデルは購入していくと思います。

そんな私が書いても説得力はないかもしれませんが、むしろだからこそこうした情報を発信するたびに繰り返し伝えたいことがあります。

それは、(技適マークなどの法律的な問題は当然のこととして、それ以外にも)海外発売モデルは基本的には日本国内では保証はないと思った上での割り切りが必要、ということです。

また、現時点でASUS JAPANは国際保証のあるモデルであれば海外モデルであっても修理を受け付けていますが、基本的に「保証の範囲内での修理」という形になります。流石に滅多にないとは思いますが、私が今回遭遇したように、同様の症状で3回修理に出さざるを得なくなった場合でも、国内発売モデルであれば返品や差額での別のモデルとの交換といった選択肢も提案してもらえますが、海外モデルに関しては何回であろうと基本的には「修理」という対応になります。

そこが国内モデルと海外モデルの価格の差でもあると思っています(市場規模の問題など、もちろん様々な要因はありますが)。

その辺りはわかった上で、国内海外の様々なChromebookの魅力や情報に触れて楽しめたらいいな、と思っています。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の4冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

「100人いれば100通りのChromebookとの付き合い方がある。それぞれの365日がある。いろいろな人の、いろいろな形の、いろいろな365日を眺めてみたい。」

そんな想いから2018年後半から季刊ペースで出しているのがこちらです。この本は「実際にChromebookを使っている(もしくは興味を持っている)ユーザーたちで作り上げる会報誌」です。

毎回事前に寄稿者やアンケートの回答を募り、それらをまとめて作っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。

Samsung Chromebook Plus V2(Celeron、4GB RAM、32GB eMMC版)が$160(32%)オフの$339に。

Acer Chromebook Spin 13(CP713-1WN-53NF)が$200.99(22%)オフの$699.00。

海外販売モデルは価格や種類が魅力的ですが、保証に関しては注意しましょう。

  • Samsung Chromebook Plus V2(Celeron、4GB RAM、32GB eMMC版)が$160(32%)オフの$339に。
  • Acer Chromebook Spin 13(CP713-1WN-53NF)が$200.99(22%)オフの$699.00。
  • 海外販売モデルは価格や種類が魅力的ですが、保証に関しては注意しましょう。