[かぶ] C213NAでEMRペンを使う時に画面が揺れるのが気になるので、二本指グローブを購入しました。

[かぶ] C213NAでEMRペンを使う時に画面が揺れるのが気になるので、二本指グローブを購入しました。

スポンサーリンク

この2週間ほど、ASUS JAPANからお借りしているEMRペン対応のChromebook、C213NA-BW0045をメインで(というよりもe-Taxなどの特殊な状況を除いてほぼ)使っています。

ASUS Chromebook Flip C213NA-BW0045

ここ最近は出かける時も鞄にそのまま放り込んで持ち出しています(写真はペンホルダーを取り付ける前の状態です)

なお、このモデルは一応「法人モデル」となっておりますので、一般家電量販店等では販売がされておりませんが、ASUS公式ショップであるASUS Shop for Businessにおいて10台未満であれば個人でも購入が可能です。最近はASUS初の路面店型カスタマーサポート拠点であるASUS Store Akasakaもオープンしてサポート体制にも力を入れ始めているようですので、もし興味のある方にはこのモデル(C213NA-BW0045)は長く使えるモデルの一つとしてオススメです。

ということで、今回も引き続き、このモデルの魅力の一つであるEMRペンを活用する上で持っておきたい、試してみたいアクセサリーについてご紹介したいと思います。

タッチスクリーン対応且つデジタルペン対応のモデルで悩ましい「手が液晶に触れる」ことで生じる様々なこと。

液晶に手を置いて書くときの悩み

指で画面の拡大、縮小などの操作も出来る場合、液晶に手を付いてしまうと、アプリによってはそれを「指」と認識して勝手に動いてしまいます。

ペンタブレット等でお絵かき、等を普段から行っている方はある程度ご自身の中で対策やコツのようなものが出来ているのだと思うのですが、普段あまりこうしたことに慣れていない私にとって、とにかく困ったのが

字を書く際に液晶に手を付いてしまうと、時々画面が勝手にスクロール、拡大、縮小してしまう。

という症状でした。

ASUS JAPANよりお借りしているChromebook Flip C213NA-BW0045(法人モデル)のレビューの4回目です。前回までのレビューはこちら。 ASUS Chromeb...

アプリケーションによってはいわゆる「パームリジェクション」機能がついているものもありますが、それでも完全ではありませんし、安心して、全く気にせずに書くことに集中出来るか、というと難しいな、と思っています。

タッチスクリーン対応ということもあり、指で触れた時とデジタルペンで触れたときで別々の反応をするように設定されている場合もありますので(例えば「Squid」であれば指で擦れば消しゴムになりますし、画面の拡大や縮小等も指で行います。)タッチスクリーン自体が悪かと言われればそういう訳ではなく、むしろ完全に無効化されてしまったら、それはそれで不便なのだと思います。

ただ、例えば液晶の下のほうまで文章を書いていたら、小指がシェルフ上のアプリのアイコンをタッチしてしまって、勝手にアプリが起動してしまったり、と何が起こるか分からないのは小さなストレスになります。

そんな時に便利(だと思われる)なのが、所謂「二本指のグローブ」です。各社から様々なものが出ているようですが、違いがわからなかったのと、とりあえず早く入手して試したかったので、今回はその中からAmazonでも販売している「Parblo PR-01」という商品を購入してみました。

なんとなく以前スマホ腱鞘炎になりかけた時に親指の保護のために購入したグローブの変形版のような感じですが、

右手親指の痛みに関しては以前から時々不安は感じておりまして、そのたびにスマホの持ち方を変えたり、多少は意識はしておりました。にも関わらず、根本的な改善をしようとせず、結果、今回の松本行きの前日辺りに少...

あそこまで大げさなものではなく、非常に薄い、小指と薬指だけのインナーグローブ(手袋)のような印象です。

Parblo PR-01

ワンサイズだけでしたので、大きさが気になったのですが、私の手ではそこまで違和感はありませんでした。

液晶が皮脂で汚れない。誤反応を気にしなくて良いのは非常に気持ちが良い。

Parblo PR-01

レビューでは完全に遮断するわけではないので、反応してしまうこともある、という意見もあったのですが、今のところ問題は出ていません。

Amazonのレビューを眺めた限りでは、完全に遮断するわけではないので時々誤タップ、誤反応が起きることがある(けれど非常に回数が減った)というものが時々見られたのですが、昨日、今日と使った限りでは今のところ画面上を薬指や小指で触れたり擦ったりしても全く反応していないので、私の環境では問題は出ていません。

何より、そうした誤反応が「起きるのではないか」と気にしながらペンを握っているのは意外と疲れるので、そうしたことを気にせずに書くことに集中できるのは非常に大きいな、と思いました。あとは手が直接液晶に触れないので、液晶が皮脂で汚れにくいこと、更に指での操作が必要になった時には露出している親指〜中指も使える(ペンを握る指は露出しているので違和感がない)というのも使いやすいな、と思いました。

小さく折りたたんでポケットやケースにも一緒に入れられる。洗濯も出来るし価格も600円強。

Parblo PR-01

価格も手頃でかさばらないので、Chromebookでペンを使いたい方は一つは持っていても無駄にならないアクセサリーです。

元々非常に薄いので折りたためて嵩張らず、また(黒で若干目立ちますが)親指〜中指は露出しているのでペンの使い心地の影響も出ず、洗濯も出来てお値段600円強。とりあえずChromebookでペンを試してみたい方は揃えておいて損はないアクセサリーの一つかな、と思います。

唯一気になったのは、このグローブした状態で液晶に手を置くと、ガラスの場合結構滑ります。その滑る感じが良い、という方もいると思いますが、一応「特にフィルム等をしていない状態だと」滑りが良くなる、ということは注意点として触れておきたいと思います。

EMRペン対応のChromebookをお使いの方にはSTAEDTLER Noris digitalもオススメです。

ASUS Chromebook Flip C213NA-BW0045(文教法人モデル)はWacom Feel IT Technologiesに対応したEMR(電磁誘導方式)ペンに対応しています。この辺...
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。