[かぶ] 普段シールを一切貼らない私も心揺れた「DecalGirl」のLaptop Skins。

[かぶ] 普段シールを一切貼らない私も心揺れた「DecalGirl」のLaptop Skins。

スポンサーリンク

追記:2017年12月5日 14:00 更新

先月末に注文したC101PA(C100PA)用のSkin(London by Izak)が届きましたので、早速貼ってみました。

使い勝手や気がついたことなどは改めて文章にしたいと思いますが、とりあえず気分がかなり上がったので、先日注文したDecalGirlのSkinを貼ったC101PAを早速持ち出してみました。 ...

個人的にはかなり気に入りまして、早速持ち出して、今この文章を書いています。C100PAとC101PAは日本でも愛用者が多いと思うので、こうした楽しみ方も広がったらいいな、と感じました。

以下、本文です。

-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.

先日書いたこちらの文章の中で、

片膝立てた状態で膝の上に乗せても作業ができるくらいにコンパクトで軽くバランスが良いのがASUS Chromebook Flip C101PAの魅力です。自然と手に取る頻度も増えますし、増えればますます...

私、こんなことを書いたのですが、

本体のデザインって、iPhoneではないですが、素(何も付けない)の状態で最もバランス良くデザインされているものだと個人的には思っています。それを考えると貼ってしまうとその絶妙なデザインバランスが崩れてしまう、と考えてしまうのですが、

舌の根も乾かぬうちに書かせていただきたいと思います。

なにこれどこのChromebook Proですか欲しい。

https://www.decalgirl.com/skins/samsung-chromebook-plus-skins

こういうのってオシャレなMacBookとかMacBookとかMacBookとかしかないものだと思ってました。だってChromebookなんて数多い割にあまり需要なさそう売れなさそうではないですか(とてもChromebookおじさんの発言とは思えない)。

私も思わず色々探しちゃいました。残念ながらChromebookは非常に限られておりまして、日本でも需要がありそうなモデルは

他にも幾つかあるのですが、日本で入手している方の多いモデルとなると、このあたりでしょうか。それぞれに種類がかなりの数ありまして、正直一つに絞りきれません。

DecalGirl ASUS Flip

1ページに4×5種類並ぶのですが、何この80ページって。単純計算で1,600種類です。

例えば上の画像はAsus Flip Chromebook(モデルとしては現行C101PAではなく、表記はC100PA)のリストなのですが、1ページに4×5で20種類並んでいるのですが、それが80ページあります。単純計算で1,600種類です。

元となる画像は各アーティストが作成していて、あとはそれを各モデルの型紙に落とし込んでいく、という形だと思うのですが、よく考えたなぁ、と思います。決して珍しいものではないのですが、Chromebookの専用のSkinがあるところが海外の強みです。

ということで、折角なので私も試しにC100PA用を幾つか買ってみようかなぁ、と考えています。ただ、種類がありすぎて全く決めきれません。あまり派手すぎても飽きそうなので、シンプルで一瞬貼ってあるのかないのか分からないくらい自然だけれど、よく見ると素敵みたいな(面倒な要望だな)Skinがないか探してみたいと思います。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。